本文へスキップ

屋井教授PROFESSOR YAI

     

屋井先生のプロフィール

屋井 鉄雄教授    Professor Tetsuo YAI
【専門分野】
国土・都市計画,環境交通工学

【現職】
東京工業大学 副学長
      環境・社会理工学院     教授

【略歴】
昭和32年(1957)生まれ,東京都練馬区出身.
昭和55年(1980),東京工業大学工学部土木工学科卒業.
昭和60年(1985),東京工業大学大学院土木工学専攻博士課程修了.
昭和60年(1985),京都大学工学部土木工学科助手,
昭和61年(1986),東京工業大学工学部土木工学科助手,
平成2年(1990),東京工業大学工学部土木工学科助教授,
平成9年(1997)12月,東京工業大学工学部土木工学科教授,
平成15年(2003)4月,東京工業大学大学院総合理工学研究科人間環境システム専攻教授
平成28年(2016)4月,東京工業大学環境・社会理工学院教授
平成28年 (2016) 4月,東京工業大学総合理工学研究科長
                     (土木環境工学系都市・環境学コース)
平成29年 (2017) 4月,東京工業大学副学長(産学官連携担当)

この間, 1994-1995年 マサチューセッツ工科大学 客員准教授
      2002年 ヘルシンキ工科大学客員教授
      2009年 フィリピン大学ディリマン校客員教授

【研究業績】

屋井教授研究業績リスト(2014年5月現在 PDF 313KB)

【著書】
「リージョナル・ジェットが日本の航空を変える」(共著・成山堂書店,2011
「交通社会資本制度」(共著・土木学会、2010.)
「環状道路の時代」(共著・日経BP社,2006),
「国土の未来」(共著・日本経済新聞社,2005),
「新体系土木工学60交通計画」(共著・技報堂出版),
「空港整備と環境づくりーミュンヘン新空港の歩み」 (共著・鹿島出版会),
「やさしい非集計」(共著・交通工学研究会),
「現代の航空輸送」(共著・勁草書房),
「社会資本の未来」(共編著・日本経済新聞社) ,
「欧米の道づくりとパブリック・インボルブメント〜海外事例に学ぶ道づくりの合意形成〜」(合意形成手法に関する研究会/編集,ぎょうせい/出版),
他.

【近年の社会貢献・地域貢献】
宮古市復興推進総合アドバイザー
相模原市都市計画審議会委員
千葉県都市計画審議会委員
東京都都市計画審議会委員
目黒区都市計画審議会委員
環境省中央環境審議会専門委員
国土交通省交通政策審議会委員
など

【学協会関係】
アジア交通学会(EASTS)会長
アジア交通学会(EASTS-Japan)理事
航空政策研究会理事
計画交通研究会副会長
土木学会土木計画学研究委員会委員長
など.

E-mail: tyai(at)enveng.titech.ac.jp   (at)の部分を@にかえてください.


屋井研究室の研究実績

2012年

寺田惇郎,平田輝満,清水吾妻介,屋井鉄雄:市街地における航空機騒音への受容意識の分析,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.68(土木計画学研究・論文集第29巻), 2012.
鈴木美緒,吉田長裕,山中英生,金利昭,屋井鉄雄:わが国の地方自治体における自転車走行空間整備政策の動向,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.68 No.5(土木計画額研究・論文集第29巻),2012.
山本俊行,木方千春,鈴木美緒:自転車交通事故に対する賠償保険に関する分析,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.68,No.5(土木計画学研究・論文集第29巻),2012.
本橋純一,鈴木美緒,屋井鉄雄:都市交通システムの持続可能性と市民の役割に関するゲーム理論的考察,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.68,No.5(土木計画学研究・論文集第29巻),2012.
Phun Veng Kheang,Terumitsu Hirata,Tetsui Yai,Junro Terada:Aircraft Noise Sensitivity Analysis for Urban Airport:An Application of Prospect Theory based on Headphone Experiment,The 16th Air Transport Research Society world conference,2012.
平田輝満,清水吾妻介:混雑空港の航空機騒音負担のあり方と羽田空港における都心上空飛行ルートの活用方策に関する研究,第50回飛行機シンポジウム,CD‐ROM,2012.
平田輝満:監視能力の向上による平行滑走路の容量拡大と遅延軽減効果の推計に関する研究,第50回飛行機シンポジウム,CD‐ROM,2012.
平田輝満,清水吾妻介:混雑空港の騒音負担のあり方と都心上空飛行ルートの活用可能性に関する一考察,第46回土木計画学研究発表会,CD‐ROM,2012.
岡田紫恵奈,鈴木美緒,屋井鉄雄:歩道を有する道路の自転車事故分析,第45回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2012.
鈴木美緒,宮之上慶,趙子雨,屋井鉄雄:車道上の危険箇所における空き店舗発生要因に関する研究,第46回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2012.
山田凌,鈴木美緒,屋井鉄雄:地方小都市の中心市街地における空き店舗発生要因に関する研究,第46回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2012.
Mio SUZUKI,Tetsuo YAI:A Study of Bicycle Facilities Designs And Managements Contributed To Safety In The Metropolitan Area In Germany And Japan",Velo-City Global in Vancouver,2012.

Mio SUZUKI,Kei MIYANOUE,and Tetsuo YAI:A Study about Factors of Side Crash between Bicycle from Sidewalk with Vehicle, The 5th International Conference on Traffic and Transport Psychology,2012.


2011年

平田輝満,清水吾妻介,屋井鉄雄:羽田空港拡張後の新規滑走路整備による容量拡大方策と騒音影響に関する研究,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.67,No.5(土木計画学研究・論文集第28巻),pp.1011-1022,2011.
宮之上慶,鈴木美緒,高川剛,屋井鉄雄:無信号交差点における自転車と自動車の出会い頭事故のDS分析,第31回交通工学研究発表会,CD-ROM,2011.
屋井鉄雄,鈴木美緒:米国における自転車政策の展開とわが国での計画制度の方向性に関する研究,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.67,No.5(土木計画学研究・論文集第28巻),pp.155-167,2011.
鈴木温,泊尚志,屋井鉄雄:英国と米国カリフォルニア州の交通計画体系における都市交通と気候変動の考慮,運輸政策研究,Vol.14,No.1,2011.
平田輝満,屋井鉄雄,三村大地:羽田空港到着機に対する出発時刻制御の実態分析,第49回飛行機シンポジウム,CD‐ROM,2011.
平田輝満:羽田空港における方面別滑走路制約と遅延分析,第44回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2011.
平田輝満,屋井鉄雄:空中待機時間から見た羽田空港到着機に対する出発制御有効性分析,第44回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2011.
寺田惇郎,平田輝満,清水吾妻介,屋井鉄雄:市街地における航空機騒音への受容意識の分析,第44回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2011.
鈴木美緒,吉田長裕,山中英生,金利昭,屋井鉄雄:わが国の地方自治体における自転車政策の動向,第43回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2011.
本橋純一,屋井鉄雄:都市交通システムの持続可能性と市民の役割に関するゲーム理論的考察,第44回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2011.
泊尚志,屋井鉄雄:関心の体系化に基づくPIの理論的枠組み,第44回土木計画学研究発表会・講演集,CD‐ROM,2011.
Mio SUZUKI,Kei MIYANOUE,Tsuyoshi TAKAGAWA,and Tetsuo YAI:Bicycle Collision Analysis Using Vehicle Driving Simulator Movic-T4,3rd International Conference on Road Safety and Simulation,2011.



2010年

 泊 尚志,藤井 拓朗,矢嶋 宏光,屋井 鉄雄:ガイドラインの運用に伴うPI の形骸化と運用時の留意事項の構造化,土木学会論文集D 部門,Vol. 66, No. 2,pp.217-231,,2010.
 清水吾妻介,平田輝満,屋井鉄雄:空域からみた東京湾内新規独立滑走路整備の可能性に関する検討,土木計画学研究・論文集,Vol.27,pp.851-862,2010.
 鈴木美緒,屋井鉄雄:欧州の大都市における自転車走行空間の設計基準とその運用に関する研究,土木計画学研究・論文集,Vol.27,pp.811-822,2010.
 増田智志,鈴木美緒,高川剛,屋井鉄雄:エコドライブの実践効果に関するシミュレーション研究,土木計画学研究・論文集,Vol.27,pp.605-611,2010.
 平田輝満,清水吾妻介,屋井鉄雄:羽田空港再拡張後の新規滑走路整備による容量拡大方策と騒音影響に関する検討,第41回土木計画学研究発表会,CD-ROM,2010.
 三村大地,平田輝満,清水吾妻介,屋井鉄雄:羽田空港到着機を対象とした出発制御の実態に関する基礎的分析,土木計画学研究・講演集,Vol.41,CD-ROM,2010.
 渡邉竜太,鈴木美緒,屋井鉄雄:自動車ドライバーの視認行動に着目した自転車と自動車の出会い頭事故に関する研究,土木計画学研究・講演集,Vol.42,CD-ROM,2010.
 Terumitsu HIRATA, Azumanosuke SHIMIZU, Tetsuo YAI: Capacity Estimation Model for Multiple Crossing Runways and the Impact of Sequencing Change -Case study of Haneda Airport with 4th Runway-, 14th Air Transport Research Society (ATRS) conference, CD-ROM,2010.
 屋井鉄雄:羽田空港再拡張の意義,土木学会誌,Vol.95,No.8,pp.54-55,2010.
 屋井鉄雄:地球環境と地域計画づくり,高速道路と自動車,Vol. 53,No. 10,pp.5-8,2010.
 屋井鉄雄:自転車をブームで終わらせないという夢,新都市平成22 年1 月号,pp.5-6,2010.
 屋井鉄雄:地球温暖化対策と政策継続性,建設マネジメント技術, 2010 年3 月号,pp.5,2010.

 屋井鉄雄:新しい自転車利用の姿−これからの公共交通手段として−,国民生活,pp.13-16,2010.
 屋井鉄雄:東アジアを見据えた我が国のネットワークの今後,土木学会5 月号,pp.16-19,2010.


2009年

 屋井鉄雄,平田輝満,高田潤一郎:ターミナルレーダー管制シミュレータの開発と管制指示方法に関する基礎的分析,土木学会論文集D部門,Vol.65, No.2,pp.88-100,2009.
 屋井鉄雄,平田輝満,林和史:VR実験データを活用した多重衝突事故の発生メカニズムに関するモデル分析,土木学会論文集D部門,Vol. 65, No. 3, pp.360-372, 2009.
 清水吾妻介,屋井鉄雄,平田輝満:航空管制に関する研究レビューと今後の研究課題,第39回土木計画学研究発表会,CD-ROM,2009.
 平田輝満,屋井鉄雄,清水吾妻介:羽田空港再拡張後の滑走路容量とATMパフォーマンスの影響,第47回飛行機シンポジウム,CD-ROM,2009.
 平田輝満,清水吾妻介,屋井鉄雄:羽田空港再拡張後を対象とした滑走路容量算定方法と容量拡大方策に関する研究,第40回土木計画学研究発表会,CD-ROM,2009.
 寺田惇郎,辻大樹,渡邉雅弘,屋井鉄雄:交通シミュレーションを用いた信号無停止支援システムの有効性分析,第40回土木計画学研究発表会・講演集,CD-ROM,2009.
 増田智志,屋井鉄雄,高川剛:エコドライブの実践効果に関するシミュレーション研究,第40回土木計画学研究発表会・講演集,CD-ROM,2009.
 清水吾妻介,平田輝満,屋井鉄雄:空域からみた東京湾内新規滑走路整備の可能性に関する検討,第40回土木計画学研究発表会,CD-ROM,2009.
 鈴木美緒,屋井鉄雄:自転車走行空間の設計と交差点での安全性に関する研究,土木計画学研究・講演集,Vol.40,CD-ROM,2009.
 鈴木美緒,屋井鉄雄:欧州の大都市における自転車走行空間の設計基準とその運用に関する研究,土木計画学研究・講演集,Vol.39,CD-ROM,2009.
 屋井鉄雄,鈴木美緒:わが国の自転車政策と走行空間に関する計画制度の方向性,土木計画学研究・講演集,Vol.39,CD-ROM,2009.
 元岡宙樹,屋井鉄雄:東南アジアにおける自転車タクシーの今日的役割に関する研究,第39回土木計画学研究発表会・講演集,CD-ROM,2009.
 坂井孝典,屋井鉄雄:計画確定行為における合理性確保に関する研究,土木学会論文集D部門, Vol.65, No.2, pp.111-128, 2009.
 鈴木美緒,屋井鉄雄:欧米における走行空間設計基準とその方針,土木学会ワンデイセミナーNo.53,2009.
 屋井鉄雄:地域航空会社の小型機は地方の空港を救うか、エコノミスト、12 月15 日号、pp. 44-46,2009.
 屋井鉄雄:自転車走行空間の現状と今後の展開,アーバンアドバンス,No.49,pp.17-23, 2009.


2008年

 屋井鉄雄,平田輝満,山田直樹:飛行場管制からみた空港容量拡大方法に関する研究,土木学会論文集D部門,Vol.64,No.1,pp.122-133,2008.
 鈴木美緒,屋井鉄雄:自転車配慮型道路の幅員構成が自動車走行特性に及ぼす影響に関する研究,土木計画学研究・論文集,No.25,No.2,pp.479-486,2008.
 単 春艶,屋井鉄雄:天津都市快速道路におけるパブリック・インボルブメント実施現状の評価,都市計画論文集,Vol.43-3,pp.265-270,2008.
 鈴木温,矢嶋宏光,岩佐賢治,屋井鉄雄:イングランドにおける新たな地域空間戦略(Regional Spatial Strategy)の意義と課題,土木計画学論文集,Vol.25,2008.
 鈴木温,矢嶋宏光,岩佐賢治,屋井鉄雄:フランスの計画体系における計画間調整の仕組みと意義,都市計画論文集,No.43-3,2008.
 坂井孝典,屋井鉄雄:計画確定行為における合理性確保に関する研究,土木計画学研究・講演集,Vol.37,CD-ROM,2008.
 藤井拓朗,泊 尚志,矢嶋宏光,屋井鉄雄:ガイドライン策定がもたらすPIの形骸化に関する研究,土木計画学研究・講演集,Vol.37,CD-ROM,2008.
 鈴木美緒,屋井鉄雄:自転車走行空間に関する近年の研究動向−欧米を中心に−,土木計画学研究・講演集,Vol.37,CD-ROM,2008.
 三輪英生,屋井鉄雄:日本と中国間のビジネス旅客流動の実態分析,土木計画学研究・講演集,Vol.37,CD-ROM,2008.
 三浦崇嗣,屋井鉄雄,増田智志,鈴木美緒:覚醒水準評価による運転中の居眠り防止の研究,土木計画学研究・講演集,Vol.38,CD-ROM,2008.
 Monyrath KOV, Tetsuo YAI: THE TRAFFIC CHARACTERISTICS OF MOTORCYCLE DOMINATED URBAN STREET, The 6th Regional Symposium on Infrastructure Development, 2008.
 Monyrath KOV, Daisuke FUKUDA, Tetsuo YAI: FREQUENCY OPTIMIZATION OF BUS NETWORK IN URBAN MIXED TRAFFIC, The 6th Regional Symposium on Infrastructure Development, 2008.
 鈴木美緒:自転車レーンか,ただの線か−ドイツとフランスの自転車走行空間からわかること−,交通工学,Vol.43,No.2,pp.43-48,2008.
 鈴木美緒:自転車交通のビジョンと走行空間整備施策‐米国の事例‐,道路,No.2008-11,pp.28-31,2008.



2007年

 屋井鉄雄:わが国の交通計画の制度体系化の方向(New Framework of Transport Planning Institutions in Japan),土木計画学研究・講演集,Vol.35,CD-ROM(Paper No.271),2007.
 屋井鉄雄:交通行政のコミュニケーションとパブリックインボルブメント,交通工学,Vol.42,No.2,pp.1-2,2007.
 大塚裕子・丸元聡子・岩佐賢治・鈴木温・矢嶋宏光・奥村学・屋井鉄雄:市民参画型道路計画における対話支援−対話型アンケートシステムの実装に向けて−,交通工学,Vol.42,No.2,pp.47-57,2007.
 屋井鉄雄:歩行者や車と共存できる自転車専用道路ネットワークづくりを[巻頭インタビュー],道路,Vol.801,pp.4-9,2007.
 屋井鉄雄:道路計画体系の制度再設計のタイミング,高速道路と自動車,Vol.50,No.10,pp.5-8,2007.
 廻洋子・屋井鉄雄・山内弘隆・鈴木久泰:これからの空港に期待するもの〜整備から活用へ〜[座談会],国土交通,No.81(Sep.2007),pp.10-15,2007.
 屋井鉄雄:地域ニーズに合った社会資本整備への模索−PI[パブリック・インボルブメント]導入手引き−,東日本保証広報誌EAST TIMES,No.162,pp.4-6,2007.
 屋井鉄雄:環状道路が担うべき役割と課題,土木学会誌,Vol.92,No.4,pp.12-13,2007.
 Terumitsu HIRATA, Tetsuo YAI and Tsuyoshi TAKAGAWA:Development of Driving Simulation System MOVIC-T4 and its Validation using Field Driving Data,Tsinghua Science and Technology,Vol.12,No.2, pp.141-150,2007.
 Terumitsu HIRATA, Kunihiro YAMAGUCHI, Tetsuo YAI:VR Analysis of Multi-Vehicle Accidents in Underground Urban Expressway,Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.6,2007.
 Tetsuo YAI, Terumitsu HIRATA, Daisuke FUKUDA:Road Transport Simulation Studies in Tokyo Tech YAI Laboratory,Essays on Transportation Engineering in Honour of Professor MAtti Pursula on his Sixtieth Birthday. Helsinki University of Technology Transportation Engineering Publication 110,pp.381-392,2007.
 高田潤一郎,屋井鉄雄,平田輝満:ターミナルレーダ管制シミュレータの開発と管制指示方法に関する基礎的分析,土木計画学研究・講演集,Vol.36,CD-ROM(Paper No.250),2007.
 林和史,平田輝満,屋井鉄雄:VR走行実験データを活用した多重衝突事故発生時の運転挙動に関するモデル分析,土木計画学研究・講演集,Vol36,CD-ROM,2007.
 増田智志,林和史,平田輝満,屋井鉄雄:地下道路における覚醒水準と運転挙動,土木計画学研究・講演集,Vol.36,CD-ROM(Paper No.151),2007.
 泊尚志,屋井鉄雄:交通計画におけるPIの設計をめぐる問題点に関する一考察,土木計画学研究・講演集,Vol.35,CD-ROM(Paper No.275),2007.
 鈴木美緒,屋井鉄雄:自転車走行空間を考慮した大都市部における車道空間の利用法に関する研究,土木計画学研究・講演集,Vol.35,CD-ROM(Paper No.307),2007.
 瀬川進太,屋井鉄雄:地域特性に着目したアメリカの州長期交通計画の考察,土木計画学研究・講演集,Vol.35,CD-ROM(Paper No.325),2007.
 Kali Prasad Nepal, Daisuke FUKUDA, and Tetsuo YAI:Incorporating Differences in Marginal Utilities of Time Across Activities in a Time Allocation Model,The 7th International Conference of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,CD-ROM,2007.
 Xiaoyun ZHUANG, Daisuke FUKUDA, and Tetsuo YAI:Analyzing Inter-regional Travel Mode Choice Behavior with Multi Nested Generalized Extreme Value Model,The 7th International Conference of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,CD-ROM,2007.
 Pradtha UDAYASEN, Daisuke FUKUDA, and Tetsuo YAI:Stated Preference Analysis of Air Travelers' Multiple-airport Choice Behavior in Tokyo Metropolitan Area,The 7th International Conference of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,2007.
 Chunyan SHAN, Tetsuo YAI, and Takanori SAKAI:Evaluation of Road Planning Process: Case Study of Yokohama North-west Corridor,The 7th International Conference of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,2007.
 三村大地,アマノヤスアキダニエル,屋井鉄雄:多摩田園都市の住環境に対する市民意識,土木計画学研究・講演集,Vol.36,CD-ROM(Paper No.104),2007.
 Chunyan SHAN and Tetsuo YAI:Transpotation Planning Procedure Stipulated in the Regulations on City Planning in China,Proceedings of Infrastructure Planning (JSCE),Vol.36,CD-ROM(Paper No.232),2007.
 Mio SUZUKI and Tetsuo YAI:Fundamental Analysis of the Possibility of Bicycle Lanes with White-Line Separations on Driveways in the Metropolitan Area in Japan,Velo-City 2007,CD-ROM,2007.
 Chunyan SHAN, Tetsuo YAI and Takanori SAKAI:CITIZENS’ EVALUATION OF ROAD PLANNING PROCESS:?CASE STUDY OF YOKOHAMA NORTH-WEST CORRIDOR,Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.7,pp.283-298,2007.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI:INCORPORATING DIFFERENCES IN MARGINAL UTILITIES OF TIME ACROSS ACTIVITIES IN A TIME ALLOCATION MODEL,Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.7,pp.499-514,2007.
 XiaoYun ZHUANG, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI:ANALYZING INTER-REGIONAL TRAVEL MODE CHOICE BEHAVIOR WITH MULTI NESTED GENERALIZED EXTREME VALUE MODEL,Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.7,pp.686-699,2007.
 Pratha UDAYASEN, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI:STATED PREFERENCE ANALYSIS OF AIR TRAVELERS’ MULTIPLE-AIRPORT CHOICE BEHAVIOR IN TOKYO METROPOLITAN AREA,Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,Vol.7,pp.3028-3043,2007.
 福田大輔・庭田美穂・屋井鉄雄:疑問方表現自由回答データーを用いた社会資本整備に対する市民の関心の抽出方法に関する基礎的研究,土木計画学研究・論文集,Vol.24,No.1,pp.139-148,2007.
 福田大輔・松村隆・屋井鉄雄:時間・費用制約下におけるシニア夫婦世帯の活動時間配分モデルに関する基礎的研究,土木計画学研究・論文集,Vol.24,No.3,pp.557-566,2007.
 屋井鉄雄・福田大輔・平田輝満:東京工業大学 国土・都市計画,環境交通工学研究室におけるITS研究への取り組み,ITS‐Japan News,No.147,2007.

 Terumitsu HIRATA, Tetsuo YAI, Tsuyoshi TAKAGAWA: DEVELOPMENT OF THE DRIVING SIMULATION SYSTEM MOVIC-T4 AND ITS VALIDATION USING FIELD DRIVING DATA; Tsinghua Science and Technology, 2007.


2006年


 屋井鉄雄,福田大輔,根橋和也:交通需要予測不信を巡る市民意識の分析,土木学会論文集D,Vol.62,No.1,2006.
 屋井鉄雄:手続き妥当性概念を用いた市民参画型計画プロセスの理論的枠組み,土木学会論文集D,Vol.62,No.4,pp.621-637,2006.
 屋井鉄雄: 道路ルネッサンス推進のための道路法改正に期待する; 道路行政セミナー,<196>, pp.1-3, 2006.
 屋井鉄雄,明石正人,高田潤一郎,石崎博之,鈴木崇正,根市政明,林和史,土屋貴佳,吉田育央: 米国の都市圏交通計画の現行制度; 東京工業大学計画系研究室大学院ゼミレポート, 2005.
 屋井鉄雄: 東アジアにおける競争優位と日本の空港政策; ていくおふ, <114>, pp.2-9, 2006.
 屋井鉄雄,鈴木美緒: 鉄道駅周辺道路における自転車走行空間の安全性に関する基礎的研究; 新道路研究会成果報告会, pp.1-21, 2006.
 屋井鉄雄【全国地域航空システム推進協議会専門委員として】: スペインの地域航空会社「エア・ノストラム」社調査; 平成17年度地域航空研究調査報告書, 2006.
 平松健志,平田輝満,屋井鉄雄: 空港容量算定シミュレーションの開発と容量拡大効果に関する研究; 運輸政策研究,[33],pp.25〜P37,2006.
 屋井鉄雄,平田輝満: 第80回運輸政策コロキウム「空港管制とエアラインの行動から見た空港容量拡大に関する研究」: 運輸政策研究,[34],P57〜63,2006.
 Tetsuo Yai, Terumitsu Hirata,Daisuke Fukuda: ROAD TRANSPORT SIMULATION STUDIES IN TOKYO TECH YAI LABORATORY; Festschrift for Matti Pursula, Helsinki University of Technology, The Laboratory of Transporation Engineering, 2006.
 鈴木美緒,屋井鉄雄: 幅員と分離方法に着目した自転車の車道上走行空間の安全性に関する研究, 土木計画学研究・講演集, Vol.33,CD-ROM, 2006.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Diagnosis of Value of Time: Value of Time as A Resource, Value of Saving Time, Value of Extending Time and Value of Activity Time; 土木計画学研究・講演集, Vol.33, paper no.184 (CD-ROM), 2006.
 庭田美穂, 福田大輔, 屋井鉄雄: 自由回答の疑問型表現に着目した市民の関心の抽出方法に関する基礎的研究; 土木計画学研究・講演集, Vol.33, paper no.320 (CD-ROM), 2006.
 平田輝満,山田直樹,屋井鉄雄: 空港管制からみた空港容量拡大方法に関する基礎的研究; 土木計画学研究・講演集, Vol.34, CD-ROM, 2006.
 坂井孝典,単春艶,屋井鉄雄: 計画地近傍の住民による道路計画プロセスの事後評価の可能性; 土木計画学研究・講演集, Vol.34, CD-ROM, 2006.
 山口晋弘,平田輝満,屋井鉄雄: 都市内地下道路における多重衝突事故の発生メカニズムに関するVR研究: 土木計画学研究・講演集,Vol.34, CD-ROM, 2006.
 平田輝満,山田直樹,屋井鉄雄: 混雑空港の容量拡大に伴うエアラインの機材購入・スロット使用行動に関する分析; 土木計画学研究・講演集, Vol.34, CD-ROM, 2006.
 福田大輔, 松村隆, 屋井鉄雄: 時間・費用制約下におけるシニア夫婦世帯の時間配分モデルに関する研究; 土木計画学研究・講演集, Vol.34, paper no.180, (CD-ROM), 2006.
 平田輝満,馬原崇史,屋井鉄雄: MOVIC-T4を活用した都市内地下道路の走行安全性に関する基礎的研究; 土木計画学研究・論文集, <23>, [4], pp.797-804, 2006.
 屋井鉄雄,福田大輔,根橋和也: 交通需要予測不信を巡る市民意識の分析; 土木学会論文集, <62>, [1], 131-144, 2006.
 屋井鉄雄,平田輝満,高川剛: 仮想型可動運転席MOVIC‐T4を活用した都市内地下道路における走行安全性の分析, 研究結果報告書集―交通安全等・高齢者福祉―, <10>, P33〜36, 2006.
 Terumitsu Hirata, Kunihiro Yamaguchi, Tetsuo Yai: VR ANALYSIS OF MULTI-VEHICLE ACCIDENTS IN UNDERGROUND URBAN EXPRESSWAY, 5th Regional Symposium on Infrastructure Development in Civil Engineering, 2006.
 鳥居広顕, 福田大輔, 屋井鉄雄: マイクロシミュレーションを活用した震災後道路ネットワークの容量分析; 第26回交通工学研究発表会論文報告集, pp.245-248, 2006.
 Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Nonparametric Specification of the Deterministic Component of the Utility Function in a Travel Mode Choice Model; The 11th International Conference on Travel Behaviour Research, Kyoto, Japan, August 16-19, 2006.
 鈴木美緒,屋井鉄雄: 大都市部における自転車の車道上走行空間の安全性に関する研究, 都市計画学会論文集, <41>,[2],CD-ROM,2006.
 Terumitsu HIRATA, Tetsuo YAI and Takashi MAHARA: Traffic Safety Analysis in an Underground Urban Expressway using Driving Simulation System MOVIC-T4; Transportation Research Board Annual Meeting, CD-ROM, 2006.

 屋井鉄雄:『これからの航空・空港政策を考える視点』〜小型機の活用、空港運用の効率化、競争化の空港計画論を中心に〜,航政研シリーズ,No.469,pp.1-47,2006.


2005年

 福田大輔, 渡部数樹, ネパルカリプレサッド, 屋井鉄雄: 平日の時間利用評価が休日の時間配分及び活動時間価値形成に及ぼす影響; 土木計画学研究・論文集, 421-430, 2005.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Microeconomic Models of Intra-household Activity Time Allocations; Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,<6> 1637-1650, 2005.
 福田大輔, 山後宏樹, 屋井鉄雄: ノンパラメトリック効用関数を用いた非集計行動モデルの統計的検証:交通手段選択を例に; 土木計画学研究・講演集, paper no.333 (CD-ROM), 2005.
 泊尚志, 屋井鉄雄, 福田大輔: 都市鉄道の地震防災対策を巡る市民意識の分析; 土木計画学研究・講演集, paper no.35 (CD-ROM), 2005.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: From Individual Behavior to Household Behavior: Proportional Activity Time Allocation Model from SP and RP Data Sources; Proceedings of the 7th International Summer Symposium of JSCE, 215-218, 2005.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Modeling Intra-household Activity Time Allocation from Group Decision Making Process; 土木計画学研究・講演集,paper no.112 (CD-ROM), 2005.
 屋井鉄雄,福田大輔,伊藤徳子,鳥居広顕: マイクロシミュレーションによる広域細密ネットワーク解析の実用限界に関する研究; 2004年度新道路研究会成果報告集(財団法人国土技術研究センター)、2005.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Incorporating Latent Constructs in Time Allocation Modelling: Application to Value of Activity Time Estimation, Progress in Activity-Based Analysis [Timmermans, H.J.P. (Ed.)], Pergamon, 285-308, 2005.
 Terumitsu HIRATA and Tetsuo YAI: An analysis of driver's awareness level and support system while driving in long urban expressway tunnel, Proceedings of the 84th Transportation Research Board Annual Meeting, CD-ROM, 2005.
 Terumitsu HIRATA, Tetsuo YAI and Tsuyoshi TAKAGAWA: Development and Calibration of a Versatile Driving Simulation System "MOVIC-T4" for Underground Urban Expressway Traffic Safety Analysis, Proceedings of the 84th Transportation Research Board Annual Meeting, CD-ROM, 2005.
 平田輝満, 馬原崇史, 屋井鉄雄: MOVIC-T4を活用した都市内地下道路の走行安全性分析, 土木計画学研究・講演集, Vol.31, CD-ROM, 2005.
 屋井鉄雄(共著):国土の未来−アジアに時代における国土整備プラン−,日本経済新聞社,2005.
 屋井鉄雄:地域の時代に道路交通計画が目指すべき方向,高速道路と自動車,第48巻,7号,pp7-11,2005.
 屋井鉄雄:地域の時代に道路交通計画が目指すべき方向性,高速道路と自動車,Vol.48,No.7,2005.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Incorporating Latent Constructs in Time Allocation Modelling: Application to Value of Activity Time Estimation, In Timmermans, H.J.P. (Ed.) Progress in Activity-Based Analysis, pp.285-308, Pergamon, Amsterdam, 2005.
 Terumitsu HIRATA and Tetsuo YAI: An analysis of driver's awareness level and support system while driving in long urban expressway tunnel,Transportation Research Board Annual Meeting, CD-ROM, 2005.
 Terumitsu HIRATA, Tetsuo YAI and Tsuyoshi TAKAGAWA: Development and Calibration of a Versatile Driving Simulation System "MOVIC-T4" for Underground Urban Expressway Traffic Safety Analysis,Transportation Research Board Annual Meeting, CD-ROM, 2005.
 杉山武彦,屋井鉄雄(監修):関東交通プラン2015−人とまちにやさしい交通の体系−,関東運輸局企画振興部(編集),財)運輸振興協会(発行),2005.
 屋井鉄雄,室町泰徳,藤井聡,福田大輔: 講義「インフラストラクチャーの計画と設計」における創造性育成教育; 東工大土木系専攻・学科だより,18-30, 2005.



2004年


 福田大輔, 渡邊健, 屋井鉄雄: 利用者間の相互依存性を考慮したETC車載器普及モデル, 土木計画学研究・論文集, Vol. 21, No.2, pp.463-472, 2004.
 平田輝満,飯島雄一,屋井鉄雄: 都市内地下道路における運転者の意識水準低下に関する分析, 土木計画学研究・論文集, Vol. 21, No.4,pp.915-923, 2004.
 屋井鉄雄:社会資本の更新と育てるという視点について,pp.75-78,設計工学シンポジウム講演論文集,日本学術会議,2004.
 平田輝満, 山口晋弘, 屋井鉄雄, 高川剛: ドライビングシミュレーションシステムMovic-T4の開発とパフォーマンス評価, 第24回交通工学研究発表会論文報告集, pp.17-21, 2004.
 白濱好文, 屋井鉄雄, 福田大輔, 神田学:マイクロシミュレーションを活用した交通と大気環境の広域評価システム,土木学会論文集, No.772/IV-65, 115-130,2004.
 Daisuke FUKUDA, Narumol OPACHAVALIT and Tetsuo YAI: Use of Stated Choice Analysis to Determine ETC In-Vehicle Transmitter Purchasing Behavior, 土木学会論文集, No.772/IV-65, 227-238,2004.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: A Combined Time Allocation Model of Utility Maximization and Discrete Choice Model of Marginal Extension Activity Choice with the Focus on Individuals' Needs Preferences, Proceedings of the 10th World Conference on Transport Research, CD-ROM, 2004.
 Hilario Sean PALMIANO, Shimpei UEDA, Tetsuo YAI and Daisuke FUKUDA: Analysis of Delay Caused by Midblock Jeepney Stops Using Simulation, Transportation Research Record, No.1884, pp.65-74, 2004.
 屋井鉄雄,伊草英明:道路工事看板に掲載する行政メッセージの国際比較(特集路上工事の交通マネジメント), 交通工学, Vol. 39, No. 4, pp. 54-60, 2004.
 屋井鉄雄,福田大輔,渡部数樹: 平日と休日の関係に着目した余暇活動評価に関する研究, 新道路研究会成果報告会資料,財団法人国土技術研究センター, pp.99-111, 2004.
 Kali Prasad NEPAL, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Incorporating Latent Constructs in Time Allocation Modelling Framework with Empirical Focus on the Estimation of Activity Time Value, Conference on Progress in Activity-Based Analysis, Compendium of Papers of CD-ROM, 2004.
 成川和也,屋井鉄雄,高田和幸,阿野貴史,沖本憲司,大井輝夫:仁川国際空港におけるトランジット旅客の流動特性に関する分析,土木計画学研究・講演集, Vol.29, CD-ROM, 2004.
 屋井鉄雄:首都圏空港整備への道筋と国民的議論への期待(特集 動き始める首都圏空港整備), 土木学会誌6月号, Vol.89, pp.31-34, 2004.
 屋井鉄雄:わが国の社会資本を思う前に考えること,建設業界,第53巻,第1号,pp.46-47,2004.
 屋井鉄雄:利用者の声を活かしたみちづくり,道路,Vol.756,平成16年2月号,pp.42-45,2004.

 屋井鉄雄:社会資本整備の合意形成に向けて,土木学会誌編集委員会・編,合意形成論:総論賛成・各論反対のジレンマ,pp.163-171,2004.
 清水哲夫,屋井鉄雄,三室徹: AHSへの対応行動を考慮した都市高速道路合流部の運用評価システムの開発とその適用,土木学会論文集,No.758/IV-63,11-21,2004.
 平松健志,屋井鉄雄,橋本安男,涌井一清:中国の将来状況を考慮した日中間のリージョナルジェット就航可能性に関する分析,第30回土木計画学研究発表会・講演集,2004.

 平田輝満,山口晋弘,屋井鉄雄,高川剛:小型可動式ドライビングシミュレーションシステムMOVIC-T4の開発,第30回土木計画学研究発表会・講演集,2004.
 荒木学,屋井鉄雄,平田輝満:バイオフィードバックによる居眠り運転防止方法の評価,第30回土木計画学研究発表会・講演集,2004
 渡部数樹,福田大輔,ネパルカリプレサッド,屋井鉄雄:平日と休日の関係に着目した余暇活動時間価値の推計,第30回土木計画学研究発表会・講演集,2004.
 田崎伸一郎,屋井鉄雄,伊藤徳子,福田大輔:EVALUATION OF ITS-RELATED POLICIES IN WIDE-AREA TRANSPORTATION NETWORKS USING MICROSCOPIC TRAFFIC SIMULATION,第30回土木計画学研究発表会・講演集,2004.
 Yoshifumi SHIRAHAMA, Testuo YAI, Daisuke FUKUDA and Shin TAZAKI: Integrated Modelling System of Traffic and Air Quality for Wide Area Network Using Microscopic Simulation, Proceedings of the 83rd Transportation Research Board Annual Meeting, CD-ROM, 2004.

 Hilario Sean PALMIANO, Shimpei UEDA, Tetsuo YAI and Daisuke FUKUDA: Analysis of Delay Caused by Midblock Jeepney Stops Using Simulation, Proceedings of the 83rd Transportation Research Board Annual Meeting, CD-ROM, 2004.



2003年


 屋井鉄雄:最近の計画づくりにおけるPRの役割,日本パブリックリレーションズ協会報, Vol.104, p.6, 2003.
 Karl Vergel,Tetsuo Yai and Seiji Iwakura, Micro-Scale Analysis of the Transportation Environment in Metro Manila, Selected Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM, 2003.

 Irwan PRASETYO, Shingo TAMURA and Tetsuo YAI: Travel Time Saving Benefit Based on Commuter's Perception (Jakarta, Indonesia), Selected Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM, 2003.
 Irwan PRASETYO, Daisuke FUKUDA, Hirosato YOSHINO and Tetsuo YAI: Analysis of Travel Time Saving Benefit by Understanding Individual Needs and Value of Activity Time: Case Study of Tokyo and Jakarta, Transportation Research Record, No.1854, pp.12-21, 2003.
 根橋和也,屋井鉄雄,福田大輔:交通需要予測の不確実性に対する住民意識の分析,土木計画学研究・講演集, Vol.28,2003.(CD-ROM)
 福田大輔,渡邉健,屋井鉄雄:利用者間の相互依存性に着目したETC車載器普及モデル,土木計画学研究・講演集, Vol.28,2003.(CD-ROM)
 平田輝満,飯島雄一,屋井鉄雄:都市内地下道路における意識水準低下に関する分析,土木計画学研究・講演集, Vol.28,2003.(CD-ROM)
 平松健志,橋本安男,屋井鉄雄:地方国際航空線におけるリージョナル・ジェット就航可能性の分析,土木計画学研究・講演集, Vol.28,2003.(CD-ROM)
 Terumitsu HIRATA and Tetsuo YAI: Driver's Consciousness Level and Support System While Driving in Long Urban Expressway Tunnel, 10th World Congress and Exhibition on Intelligent Transport Systems and Services, 2003.
 上田新平, Hilario Sean PALMIANO, 福田大輔, 屋井鉄雄: ジプニーストップ付近の道路交通流シミュレーションシステムの開発, 第23回交通工学研究発表会論文報告集,pp.173-176, 2003.
 Terumitsu HIRATA, Tetsuo YAI and Yuichi IIJIMA: Traffic Safety Analysis in Underground Urban Expressway Using a Driving Simulator, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.5, 2003.
 Takeshi HIRAMATSU and Tetsuo YAI: Analysis of International Air Passenger Demand for Regional Jet Service in Northeast Asia, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.5, 2003.
 Hilario Sean PALMIANO, Shimpei UEDA, Tetsuo YAI and Daisuke FUKUDA: Development of a Simulation System for Jeepney Stop Vicinity Located in Front of a Shopping Center, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.5, 2003.
 屋井鉄雄, 福田大輔: 東京工業大学大学院総合理工学研究科人間環境システム専攻屋井研究室(研究室紹介), 交通工学, Vol.38, No.4, pp.68-69, 2003.
 福田大輔, 吉野広郷, 屋井鉄雄, イルワン・プラセティヨ: 休日のアクティビティに着目した活動時間価値の推定方法に関する研究, 土木学会論文集, No.737/IV-60, pp.211-221, 2003.
 屋井鉄雄, 権寧仁, 金範昊, 大井輝夫: 仁川国際空港におけるトランジット旅客流動調査報告書, 東京工業大学大学院理工学研究科土木工学専攻屋井研究室, 2003.
 屋井鉄雄:これからの交通需要予測(特集 交通需要予測),土木学会誌 7月号,Vol.88,pp.37-40,2003.
 平田輝満,飯島雄一,屋井鉄雄:都市内地下道路における高齢者の覚低走行に関する分析,東工大土木工学科研究報告,No.67,pp.9-23,2003.
 屋井鉄雄, 福田大輔, 根橋和也: 需要予測における予測の幅提示の方法と課題, 新道路研究会成果報告会資料, 財団法人国土技術研究センター, pp.59-104, 2003.
 白濱好文, 屋井鉄雄, 神田学, 福田大輔: マイクロシミュレーションを活用した交通と大気環境の広域評価システム, 土木計画学研究・講演集, No.27, CD-ROM, 2003.
 屋井鉄雄, 橋本安男, 平松健志: コミュータ航空による国際航空路線の可能性について, 全国地域航空システム推進協議会平成14年度研究調査報告書, pp.1-103, 2003.
 屋井鉄雄, 福田大輔: 首都高速道路の料金体系に関する調査研究(その4)報告書, (財)首都高速道路協会, 2002.
 Irwan PRASETYO, Tetsuo YAI and Daisuke FUKUDA: Travel Time Saving Benefit by Understanding Individual Needs and Value of Activity Time, The Fourth Regional Symposium on Infrastructure Development (RSID4) in Civil Engineering, Bangkok, Thailand, April 3-5, 2003.
 Narumol OPACHAVALIT, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Conjoint Analysis for Individuals' Purchasing Behavior of ETC In-Vehicle Transmitters, The Fourth Regional Symposium on Infrastructure Development (RSID4) in Civil Engineering, Bangkok, Thailand, April 3-5, 2003.
 Irwan PRASETYO, Hirosato YOSHINO, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Analysis of Travel Time Saving Benefit by Understanding Individual Needs and Value of Activity Time (Case Study: Tokyo and Jakarta), The 82nd Transportation Research Board Annual Meeting , Washington D.C., 2003 (The Paper is included in Compendium of Papers CD-ROM).
 Narumol OPACHAVALIT, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI: Conjoint Analysis for Individuals' Purchasing Behavior of ETC In-Vehicle Transmitters, The 82nd Transportation Research Board Annual Meeting , Washington D.C., 2003 (The Paper is included in Compendium of Papers CD-ROM).
 Teruo Ooi, Young-in Kwon, Bum-Ho Kim and Tetsuo YAI:Survey of Characteristics of Transit Passengers at Incheon International Airport, The 82nd Transportation Research Board Annual Meeting, Washington D.C., 2003 (The Paper is included in Compendium of Papers(CD-ROM).
 Kazuyuki Takada, Tetsuo YAI and Teruo Ooi: Analysis of Flight Choice Behavior Using International Passenger Survey Data Collected at Incheon and Narita International Airports, The 82nd Transportation Research Board Annual Meeting , Washington D.C., 2003 (The Paper is not included in Compendium of Papers CD-ROM).


2002年


 Narumol OPACHAVALIT, Daisuke FUKUDA, Tetsuo YAI: Conjoint Analysis for Individuals' Purchasing Behavior of ETC In-Vehicle Transmitters,Technical Report,Department of Civil Engineering Tokyo Institute of Technology,No.66,pp.41-54,2002.
 平田輝満,屋井鉄雄: 都市内高速道路ドライビングシミュレータの開発と心理的負担からみた適用性,東工大土木工学科研究報告,No.66,pp.19-28,2002.
 屋井鉄雄,神田学,兵藤哲朗,和久井博,白水靖郎,山田敏之,毛利雄一,森尾淳,福田大輔,白濱好文,妹尾泰史,馬原崇史:交通・大気環境の統合分析システムの開発,土木計画ワンデイセミナー シリーズ30 「効率・環境改善に向けたITS −現状と課題−」, 土木学会土木計画学研究委員会,pp.61-79,2002
 Irwan PRASETYO, Hirosato YOSHINO, Daisuke FUKUDA and Tetsuo YAI:Time Allocation Modeling using Combined Utility Maximization and Activity Choice Approach for Weekend Travel in Tokyo,New Development in Psychometrics: Proceedings of the International Meeting of the Psychometric Society (IMPS 2001), Springer-Tokyo, 2002.
 吉野広郷,屋井鉄雄,福田大輔,イルワン プラセティヨ: 休日のアクティビティに着目した時間価値推定方法に関する研究,土木計画学研究・講演集, Vol.26,2002.
 齋藤輝彦,屋井鉄雄: 首都圏を中心とする国内航空市場における機材変遷と小型機導入可能性に関する研究,土木計画学研究・講演集, Vol.26,2002.
 清水哲夫,飯島雄一,屋井鉄雄:高速道路合流部における走行支援情報提供に関する一考察;土木計画学研究・論文集,Vol.19,No.4,pp.839-846, 2002.
 後藤亮,白濱好文,屋井鉄雄:広域ネットワークを対象とした交通・環境ミクロシミュレーション;第22回交通工学研究発表会論文報告集,pp.129-132, 2002.
 荒木学,屋井鉄雄:電話による会話が運転に与える影響の分析;第22回交通工学研究発表会論文報告集,pp.1-4, 2002.
 平田輝満,屋井鉄雄:心理的負担からみた都市内高速道路ドライビングシミュレータの適用性;土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,[4] ,2002.
 荒木学,屋井鉄雄:電話による会話が運転に与える影響の分析;土木学会第57回年次学術講演会講演概要集,[4] ,2002.
 屋井鉄雄,神田学,土井健司,兵藤哲朗,岩倉成志,福田大輔,和久井博,白濱好文,妹尾泰史:マイクロシミュレーションを活用した交通・大気環境の統合分析システム,新道路研究会成果報告会資料, 財団法人国土技術研究センター,pp.67-97,2002.
 大井輝夫,屋井鉄雄,権寧仁,Kim BUM-HO:仁川国際空港におけるトランジット旅客流動に関する研究,土木計画学研究・講演集,Vol.25,CD-ROM,2002.
 岩倉成志,屋井鉄雄,平田輝満,白濱好文:メトロマニラにおける沿道SPMの観測と交通シミュレーション,土木計画学研究・講演集,Vol.25,CD-ROM,2002.
 Tetsuo YAI, Karl VERGEL, Seiji IWAKURA and Manabu KANDA: Simulation of Environmental Rehabilitation in Highly Polluted Areas, In Tatsuo OMACHI and Emerlinda R. ROMAN (Eds.) "METRO MANILA: In Search of a Sustainable Future", University of the Philippine Press, Manila, Philippines, 2002.
 屋井鉄雄:途上国の交通とODA「これからの国際貢献のありかたを考える」;交通工学,Vol.37,No.4, pp.1-2, 2002.
 屋井鉄雄, 光畑太, 平田輝満, 白濱好文:交通に起因した大気環境のミクロ評価システム;土木学会論文集, No.709/IV-56, pp.81-94, 2002.
 屋井鉄雄,清水哲夫:プロビットモデルを用いた鉄道経路選択の予測;多変量解析実例ハンドブック(部分執筆), 第9章,pp.95-106 ,朝倉書店,2002.
 屋井鉄雄:社会資本整備の合意形成に向けて,土木学会誌,6月号,pp.46-48, 2002.
 屋井鉄雄:長期計画は本当に必要か;高速道路と自動車, 第45巻,第5号,pp.14-17 ,2002.
 屋井鉄雄, 清水哲夫, 坂井康一, 小林亜紀子:非IIA型選択モデルの選択肢集合とパラメータ特性;土木学会論文集, No.702/IV-55, pp.3-14, 2002.


一番上に戻る


2001年


 石田東生,原田昇,屋井鉄雄,森川高行:交通調査技術検討小委員会報告,土木学会論文集,681/IV-52,pp.1-12,2001.

 屋井 鉄雄: 「今後の都市圏交通計画」におけるPI/PRの重要性とあり方,第38回土木計画学シンポジウム 都市交通調査を考える 〜新しい技術と展望〜,pp.4_65-4_71,2001.
 屋井鉄雄,高田和幸,原田誠:エアライン間提携の影響分析手法に関する研究;土木学会論文集, No.667/IV-50, pp.73-83, 2001.
 平田輝満,田中浩介, 屋井鉄雄, 岩倉成志:メトロマニラにおける住民の環境意識と沿道SPMに関する考察;第21回交通工学研究発表会論文報告集, pp.137-140, 2001.
 Edgar L. DONA and Tetsuo YAI:Towards a More Holistic Approach to Infrastructure Development;東京工業大学土木工学科研究報告, No.63, pp.137-152, 2001.
 屋井鉄雄,末田慎也,小松伸一(編著):アトランタ都市圏の交通計画と環境訴訟,東京工業大学創造プロジェクト研究都市基盤施設研究体SIG4, 2001.3.
 屋井鉄雄,岩倉成志,光畑太,白M好文:Paramicsを用いたメトロマニラにおける交通環境シミュレーション;土木学会第56回年次学術講演会講演概要集,[4] ,2001.
 屋井鉄雄,清水哲夫,飯島雄一:走行支援情報が高速道路合流部の運転挙動に与える影響の実験;土木学会第56回年次学術講演会講演概要集,[4] ,2001.
 屋井鉄雄,吉野 広郷,針谷 雅幸:道路を対象としたアンケート自由記述の比較分析;土木学会第56回年次学術講演会講演概要集,[4] ,2001.
 Shin-ichi INOUE, Yuichi MOHRI, Hironori KATO and Tetsuo YAI: A Long-term Passenger Travel Demand Model of Japan; Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM, 2001.
 Tetsuo SHIMIZU, Tetsuo YAI and Fumio KUBO: A study on driver’s en-route route choice behavior and its effect on traffic flow of Tokyo Metropolitan Expressway under the implementation of various toll schemes; Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM, 2001.
 Karl VERGEL, Tetsuo YAI and Seiji IWAKURA: Micro-Scale Analysis of the Transportation Environment in Metro Manila; Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM, 2001.
 Kazuyuki TAKADA, Tetsuo YAI and Kenji DOI: Study on the effect of new entrants considering airline competition and airport competition: A case of Japanese domestic aviation market; Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM, 2001.
 Irwan PRASETYO, Shingo TAMURA and Tetsuo YAI: Travel Time Saving Benefit in Based on Commuter’s Perception (Jakarta, Indonesia, Case Study); Proceedings of the 9th World Conference on Transport Research, CD-ROM, 2001.
 Tetsuo YAI, Naota IKEDA, Yuzo SUZUKI, Hitoshi HONDA, Azuma FURUSE and Primitivo C. CAL: A Case Study on Post-Evaluation Analysis of the International Official Development Assistance in the Field of Transportation - Post-Evaluation Analysis of Mactan (Cebu) International Airport Development Project in the Philippines ?; Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, 2001.
 Irwan PRASETYO, Shingo TAMURA, Tetsuo YAI and Tetsuo SHIMIZU: Analysis on User's Perception of Travel Time Saving Benefit Using Activity Based Approach, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, No.3, pp.99-114 2001.
 Tetsuo SHIMIZU, Tetsuo YAI and Yuichi IIJIMA: An Analysis of the Effect on Driver’s Behavior of Information System at Merging Section of Expressway; Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, Vol.4, 2001.


2000年


 屋井鉄雄,清水哲夫,高田和幸(編著):東京工業大学創造プロジェクト研究「都市基盤施設研究体」SIG4:新しい時代の交通計画技術活動成果報告書,東京工業大学創造プロジェクト研究都市基盤施設研究体SIG4, 1-258, (2000)
 屋井鉄雄(編著):グレンウッドキャニオン-自然環境に配慮した道路づくりの歴史-,東京工業大学創造プロジェクト研究都市基盤施設研究体SIG4, 1-75, (2000)
 屋井鉄雄,寺部慎太郎(監修): 米国の都市交通計画史,東京工業大学創造プロジェクト研究都市基盤施設研究体SIG4, 1-133, (2000)
 屋井鉄雄:私権の大きさについて考えること,建設マネジメント技術, 2月, 1, (2000)
 屋井鉄雄:サイレントマジョリティーをどう取り込むか,事業の成否にかかる「信頼できるシステム」の構築,日経コンストラクション, 3月10日, 44-47, (2000)
 平田輝満,臼木智教,屋井鉄雄,岩倉成志: メトロマニラにおける沿道大気環境の分析,第55回土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), (2000)
 Irwan Prasetyo, Shingo Tamura and Tetsuo Yai:Travel Time Saving Benefit Based on Commuter's Perception (Jakarta, Indonesia Case Study), Proceedings of the 3rd Regional Symposium on Infrastructure Development in Civil Engineering, 429-438, (2000)
 屋井鉄雄,岩倉成志,光畑太,高橋千加,: メトロマニラにおける交通環境影響のネットワークシミュレーション,東京工業大学土木工学科研究報告, 62, 63-73, (2000)
 屋井鉄雄,井上紳一,毛利雄一,加藤浩徳,大釜達夫:幹線旅客を対象とした全国交通需要予測モデル,土木計画学研究・講演集, 23(2), 703-706, (2000)
 清水哲夫,小林亜紀子,屋井鉄雄,: 目的地の空間的類似性を考慮した観光目的地選択モデル,土木計画学研究・講演集, 23(2), 687-690, (2000)
 平田輝満,屋井鉄雄,岩倉成志: メトロマニラにおける沿道大気環境の分析,土木計画学研究・講演集, 23(2), 183-186, (2000)
 屋井鉄雄,高田伸二 : アンケート自由記述による道路ニーズ・不満の把握手法の研究,都市計画論文集, 35, 571-576, (2000)
 屋井鉄雄,大橋正樹,内田智也: 高速道路走行における心理的負担の計測と安全性評価に関する研究,都市計画論文集, 35, 541-546, (2000)
 屋井鉄雄,寺部慎太郎,関健太郎: 広域交通計画におけるパブリック・インボルブメントの方法に関する研究,土木学会論文集, 653, 105-115, (2000)
 大釜達夫,加藤浩徳,毛利雄一,井上紳一,屋井鉄雄:幹線旅客を対象とした全国交通需要予測モデル;土木計画学研究・講演集,23,[2] 703〜706 (2000)

一番上に戻る


1999年

 
屋井 鉄雄:新しい試みに参加して, 1999年7月17日朝日新聞(1999)

 屋井 鉄雄: 21世紀の社会資本整備とパブリック・インボルブメント, SOCIAL MARKETING Newsletter, 1, 9-11(1999)
 屋井 鉄雄:大アライアンス時代のアジアの空港と日本,航空と文化, 66, 2-6(1999)
 屋井鉄雄,清水哲夫:首都高速道路の料金体系に関する調査研究,財団法人首都高速道路協会(1999)
 屋井鉄雄,高田和幸:東アジア圏の航空ネットワーク競争に関する研究,日交研シリーズ, A-251(1999)
 森地茂,屋井 鉄雄: 社会資本の未来(共編著),日本経済新聞社(1999)
 屋井鉄雄,高田和幸,原田誠:エアライン提携を考慮した国際航空市場分析,東京工業大学土木工学科研究報告, 59, 171-182(1999)
 屋井鉄雄, Karl VERGEL,清水哲夫,出原克也:メトロマニラにおける交通流特性が大気汚染に及ぼす影響に関する研究,東京工業大学土木工学科研究報告, 59, 161-169(1999)
 屋井鉄雄,高田和幸,原田誠:旅客とエアラインの地域特性を考慮した国際航空市場分析,土木計画学研究・講演集, 22, 207-210(1999)
 Yai, T. and Takada, K.:Evaluation of Airline Alliance in International Aviation Market using Equilibrium Analysis ; 3rd Air Transport Research Group, Hong Kong(1999)
 Yai, T., Takada, K. and Harada, M.: A Study on the Aviation Market Considering Alliance Effects, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 2, 19-33(1999)
 清水哲夫,屋井鉄雄: 自動料金収受システムの普及予測に関する基礎的研究,第19回交通工学研究発表会論文報告集, 157-160(1999)
 Tetsuo SHIMIZU and Tetsuo YAI:An Analysis of the Effect on Peak Period Toll in Tokyo Metropolitan Expressway, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 3, 5, 305-318(1999)
 清水哲夫,屋井鉄雄: Mixed Logit Modelとプロビットモデルの推定特性に関する比較分析,土木計画学研究・論文集, 16, 587-590(1999)
 Vergel Karl, Tetsuo Yai, Tetsuo Shimizu, Katsuya Idehara:Analysis of the Relationship of Major Air Pollutant Emission Levels and Road Traffic Flow in Metro Manila, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 3, 6, 89-100(1999)
 Shintaro TERABE and Tetsuo YAI: Attitudes on Public Involvement in Transportation Planning Process: Comparison between Citizens of the United States and Japan, Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 3, 4, 1-6(1999)
 屋井鉄雄,大橋正樹,清水哲夫,坂巻直紀:高速道路運転時における心理的負担と損失費用の計量化に関する基礎的検討,第19回交通工学研究発表会論文報告集, 233-236(1999)
 寺部慎太郎,屋井鉄雄,関健太郎:長期交通計画策定に対する市民参加意識の分析,土木計画学研究・論文集, No.16, 161-166(1999)


1998年


 Tetsuo YAI and Tetsuo SHIMIZU : Multinomial Probit with Structured Covariance for Several Choice Situations with Similar Alternatives ; Transportation Research Record (1998)
 屋井鉄雄,中川隆広,石塚順一:シミュレーション法による構造化プロビットモデルの推定特性;土木学会論文集,[604] 11〜21 (1998)
 屋井鉄雄,高田和幸,岡本直久:東アジア圏域の国際航空ネットワークの進展とその効果に関する研究;土木学会論文集,[597] 71〜85 (1998)
 最首 恵,寺部慎太郎,屋井鉄雄:米国の交通計画における意識調査と住民投票;土木計画学研究・論文集,15,127〜132 (1998)
 屋井鉄雄,寺部慎太郎,最首 恵:都市市民の意識分析によるパブリック・インボルブメントの考察 -米国の2都市を例に-;都市計画論文集,33,583〜588 (1998)
 清水哲夫,ダルウィン,屋井鉄雄,坂巻直紀:首都高速道路の走行環境に対する若年層の意識について;第18回交通工学研究発表会論文報告集,65〜67 (1998)
 清水哲夫,出原克也,伊原 崇:短い加速車線長を持つランプにおける合流挙動分析;第25回土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集,664〜665 (1998)
 屋井鉄雄:我が国の交通計画におけるパブリックインボルブメントのあり方;第25回土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集,738〜739 (1998)
 寺部慎太郎,屋井鉄雄:交通計画プロセスに対する市民参加意識の日米比較,日本行動計量学会第26回大会発表論文抄録集,33〜36 (1998)
 屋井鉄雄:イスタンブールとアテネの都市鉄道システムとその計画;東京工業大学土木工学科研究報告,57,53〜67 (1998)
 高田伸二,屋井鉄雄,寺部慎太郎:交通計画に対する市民意識の構造分析;土木学会第53回年次学術講演会講演概要集,[4] 212〜213 (1998)
 一ノ瀬広樹,高田和幸,屋井鉄雄:エアラインの戦略的提携に関するゲーム論的考察;土木学会第53回年次学術講演会講演概要集,[4] 290〜291 (1998)
 清水哲夫,屋井鉄雄,坂井康一:鉄道経路選択モデルにおける選択肢間の類似性の表現方法;土木計画学研究・講演集,21,[1] 459〜460 (1998)
 寺部慎太郎,屋井鉄雄,関健太郎:長期交通計画策定に対する市民参加意識の分析;土木計画学研究・講演集,21,[2] 365〜366 (1998)
 屋井鉄雄,高田和幸,一ノ瀬広樹:エアライン間の競争を考慮した国際航空政策の評価に関する研究;土木計画学研究・講演集,21,[2] 729〜732 (1998)
 清水哲夫,屋井鉄雄:所要時間分布の収束を考慮した時間帯別交通量配分;土木計画学研究・講演集,21,[2] 769〜770 (1998)
 屋井鉄雄:共分散構造分析[事例編]−構造方程式モデリング−(分担);北大路書房 (1998)
 屋井鉄雄:首都高速道路の料金のあり方に関する調査研究(その2)(分担);財団法人首都高速道路協会 (1998)
 屋井鉄雄:米国の都市圏交通計画の仕組みと実際;交通工学,33,[3] 13〜21 (1998)



1997年

 Tetsuo YAI, Seiji IWAKURA and Shigeru MORICHI : Multinomial Probit with Structured Covariance for Route Choice Behavior ; Transportation Research B, 31, [3] 195〜207 (1997)
 Tetsuo YAI, Kazuyuki TAKADA and Naohisa OKAMOTO : Analysis of International Air Passenger Characteristics in the Asian Region ; Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 2, [1] 141〜150 (1997)
 Young-in KOWN, Shigeru MORICHI and Tetsuo YAI : Analysis of Behavior and Interactions of Pedestrians, Bicycles and Cars in Narrow Urban Streets ; Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 2, [3] 853〜862 (1997)
 Tetsuo YAI and Seiji IWAKURA : An Application of Multinomial Probit Model with Structured Covariance ; Journal of the Eastern Asia Society for Transportation Studies, 2, [4] 1163〜1176 (1997)
 寺部慎太郎,屋井鉄雄:プロビットモデルによるコンジョイント分析に関する考察;土木計画学研究・論文集,14,67〜70 (1997)
 屋井鉄雄,寺部慎太郎:米国の都市圏交通計画におけるパブリック・インボルブメントの多様性;都市計画論文集,32,565〜570 (1997)
 寺部慎太郎,屋井鉄雄:デルファイ法を応用した意識調査・分析プロセスの試案;都市計画論文集,32,595〜600 (1997)
 坂井康一,屋井鉄雄:構造化プロビットモデルのパラメータ推定に関する考察;土木計画学研究・講演集,20,[2] 197〜198 (1997)
 最首 恵,寺部慎太郎,屋井鉄雄:米国の交通計画における意識調査と住民投票;土木計画学研究・講演集,20,[2] 319〜320 (1997)
 DARWIN, Hidekatsu HAMAOKA and Tetsuo YAI : Comparison Study of Road Traffic Accidents between Yokohama and Bandung Cities;土木計画学研究・講演集,20,[2] 887〜890 (1997)
 屋井鉄雄:諸外国の合意形成への取り組みと運用事例(分担);都市計画,46,[5] 39〜54 (1997)
 屋井鉄雄:広域の交通計画における観光交通の考え方 -米国を対象に-;東京工業大学土木工学科研究報告,55,23〜32 (1997)
 屋井鉄雄,高田和幸,高橋淳一:アジア訪問旅客の旅行特性に関する分析;土木学会第52回年次学術講演会,4,408〜409 (1997)
 屋井鉄雄,石塚順一,坂井康一:シミュレーション法による構造化プロビットモデルの推定;土木学会第52回年次学術講演会,4,632〜633 (1997)
 坂井康一,屋井鉄雄,石塚順一,仙崎達治:構造化プロビットモデルの誤差構造に関する一考察;土木学会第52回年次学術講演会,4,634〜635 (1997)
 屋井鉄雄:欧州における公共交通の最新状況調査報告書;(株)日本計画研究所,1〜59 (1997)
 屋井鉄雄:21世紀東京づくりの提言(分担);建設省関東地方建設局道路部,146〜148 (1997)
 屋井鉄雄:広域行政による交通計画実現への転機;地域政策,26,26〜29 (1997)
 屋井鉄雄:米国における道路整備の合意形成手法;道路づくりお知恵拝借術,建設省東北地方建設局道路部,21〜60 (1997)
 屋井鉄雄:空港が変える都市発展の新しいプラン -欧米を中心に-;ていくおふ,[77] 18〜25 (1997)
 屋井鉄雄:新しい関空コンセプトの創造への期待;経済人,[599] 9〜10 (1997)
 清水哲夫,屋井鉄雄:構造化プロビットモデルを用いた出発時刻選択モデルの定式化について;土木計画学研究・講演集,20,[1] 427〜428 (1997)
 出原克也,清水哲夫,屋井鉄雄:短い加速車線長を持つランプにおける合流挙動モデルに関する研究;土木学会第52回年次学術講演会,4,222〜223 (1997)


1996年


 屋井鉄雄:交通計画におけるパブリックインボルブメント;東京工業大学土木工学科研究報告,53,35〜52 (1996)
 屋井鉄雄:米国における最近の都市鉄道の整備について;東京工業大学土木工学科研究報告,53,25〜34 (1996)
 屋井鉄雄:マルチモーダルシステムの新しい潮流;道路交通経済,76,11〜20 (1996)
 屋井鉄雄,中川隆広:構造化プロビットモデルの発展性;土木計画学研究・論文集,13,563〜570 (1996)
 屋井鉄雄,高田和幸:国際航空ネットワークの評価に関する基礎的研究;土木計画学研究・論文集,13,761〜768 (1996)
 屋井鉄雄,寺部慎太郎:米国における交通計画へのパブリックインボルブメント;都市計画論文集,31,403〜408 (1996)
 屋井鉄雄:これからのパブリックインボルブメントに求められる方向;道路,670,19〜24 (1996)
 屋井鉄雄,中川隆広,石塚順一:シミュレーション法によるプロビットモデルの推定可能性;土木計画学研究・講演集,19,[2] 783〜786 (1996)
 Young-in KWON,Shigeru MORICHI and Tetsuo YAI:Pedestrian Behavior and LOS Standards in Traffic Condition;土木計画学研究・講演集,19,[2] 481〜484 (1996)
 寺部慎太郎,屋井鉄雄:プロビットモデルによるコンジョイント分析に関する考察;土木計画学研究・講演集,19,[1] 225〜226 (1996)
 Young-in KWON,Shigeru MORICHI and Tetsuo YAI:Pedestrians and Vehicles Traffic Flow in Mixed Traffic Conditions of Narrow Street;Proceedings of the 4th Annual Conference of Transportation Science Society of the Philippines,(1996)
 中川隆広,屋井鉄雄,石塚順一:鉄道サービスの改善効果の計測法;鉄道連合シンポジウム(J-Rail96)講演論文集,143〜146 (1996)
 寺部慎太郎,屋井鉄雄:共分散構造モデルを用いた内生的なセグメンテーションの方法;日本行動計量学会第24回大会発表論文抄録集,102〜103 (1996)
 坂井康一,屋井鉄雄:商業地区における自動車と歩行者の交通シミュレーションに関する研究;土木学会第51回年次学術講演会講演概要集,4,184〜185 (1996)
 伊原 崇,屋井鉄雄,清水哲夫:ランプ合流部における交通流のミクロ分析;土木学会第51回年次学術講演会講演概要集,4,474〜475 (1996)
 森 秀雄,屋井鉄雄,寺部慎太郎:都市・交通施設建設に対する知覚マップの作成と解釈に関する研究;土木学会第51回年次学術講演会講演概要集,4,840〜841 (1996)
 屋井鉄雄:東京湾岸,京浜臨海部の将来像とその交通を考える(分担);京浜臨海部再編整備連絡会,74〜90 (1996)

 屋井鉄雄:米国の交通計画における観光交通の考え方;土木学会土木計画学研究委員会ワンデーセミナーシリーズ第8回,20〜29 (1996)
 屋井鉄雄:交通研究の課題(有識者調査)交通研究の課題(第4回);運輸と経済,56,[12] 19〜20 (1996)
 高田和幸,屋井鉄雄:国際航空における交通整備効果の分析;土木計画学研究・講演集,19,[2] 677〜678 (1996)
 森地 茂,清水哲夫:都市高速道路における新たなリアルタイム流入制御手法に関する研究;土木計画学研究・論文集,13,915〜922 (1996)
 清水哲夫,屋井鉄雄:需要管理施策の効果分析のための出発時刻選択モデル;土木計画学研究・講演集,19,[2] 823〜824 (1996)


屋井研究室

〒226-8502
神奈川県横浜市緑区長津田町4259-J3-26
(J3棟19階1908室)

TEL 045-924-5615(屋井先生)
TEL 045-924-5675(学生)
FAX 045-924-5675
FAX 045-924-5574:送信枚数が多い場合