清水 研究室

 オフィス、アトリウム、などの公共空間や音楽の演奏・鑑賞を目的とした音環境の最適化を目的として、音と音空間の評価・制御・設計手法に関する研究を行っていきます。 特に、オフィスの音環境については、近年注目されている会話の秘話性・プライバシー・コミュニケーションに与える音の影響を評価し、電気音響的な手段による制御方法も検討していきたいと思います。

 研究の実施に当たっては研究成果を実際の設計やシステムに生かせるように、実験室的な研究だけでなく、実務的な設計への積極的な参画や多くの学際的な研究者、実務者との連携を通して研究が進められるような環境を作りたいと考えています。

 <主な研究テーマ>
  • オフィスにおける会話のプライバシーの主観評価と音環境性能に関する研究
    -実際のオフィスにおけるプライバシー感の調査と主観評価
    -マスキング音を使用した状態におけるプライバシー感がタスクに与える影響

  • 会話の秘話性(セキュリティー)の主観評価と音環境性能に関する研究
    -会話の秘話性が必要とされる施設の実態調査
    -マスキング音を使用した状態における異なる建築の遮音性能が会話の秘話性に与える影響

  • 図書館の使用者タスクに与えるプライバシー感の影響
    -図書館におけるプライバシー感の調査
    -プライバシー感を重視した図書館の平面計画の検討

  • コンサートホールの音響設計に関する研究
    -コンサートホールの音響における演奏者・聴衆の満足度と音響設計指標の関連

 <関連HP> http://www.yamaha.co.jp/acoust/index.html

 清水 寧 連携教授

- SHIMIZU, Yasushi-

<略歴>
1975.3  東京工業大学工学部建築学科卒業
1977.3 東京工業大学大学院総合理工学研究科社会開発工学専攻修了
1977.4 ヤマハ株式会社 音響研究所(〜2000. 5)
2000.6 レンセラー工科大学 (Troy, NY, USA),
  School of Architecture, Architectural Acoustics Program,
Research Associate Professor(〜2003. 5)
2003.7〜 ヤマハ株式会社 サウンドテクノロジー開発センター
2008.11〜 東京工業大学大学院総合理工学研究科連携教授


<専門分野>
 建築環境工学、音環境計画

<所属学会> アメリカ音響学会/日本音響学会/
       Audio Engineering Society

教員/スタッフの頁へ戻る