佐藤研究室

 本研究室では、豊かで、安心・安全な生活空間の実現を目指すべく、私たちの主要な生活基盤である道路網や歩行空間などのネットワーク空間を対象とした空間解析、可視化技術、景観解析に関する研究を行います。

<主な研究テーマ>
・空間解析に関する研究
空間解析に関しては、道路網上で生起する事象の性状把握に有効なネットワーク空間解析手法およびそのツールの開発を行います。例えば、交通事故や路上犯罪などのほとんどは道路上で発生しますが、どのような場所で、どのような分布パターンで発生しているのかといったことを、道路網の特性を考慮しながら把握する手法を開発しております。また、実際の交通事故位置情報などを対象に、開発した手法を用いて解析を行い、その対策などを提言していくことも行います。
・可視化技術に関する研究
道路網や歩行空間と関係の深い、GPSやMMS(Mobile Mapping System)などで得られる大容量の時系列測位データをわかりやすく表現することによって、その性状把握を行いやすくする技術に関する研究を行います。例えば、歩行者GPSを用いて、いつどの場所に人が多くいるのかとか、いつどのような人たちがグループを形成するのかといったことを、3Dやアニメーションなどのグラフィカル技術を用いて、直観的に把握可能な表現方法を開発したりします。
・景観解析に関する研究
豊かな生活空間デザインの実現を目標として、人間の主要な活動空間のひとつである道路網や歩行空間における景観を対象に、MMSにより得られる3Dカラーレーザ点群データや全方位カメラ画像を用いた広範囲で効率的な景観評価手法の確立を目指します。なお、本講座では、MMSのデータに基づく景観評価に関する基礎的研究(評価のための画像解析やレーザ点群からのデータ抽出技術などを含む)から行っていきたいと思います。

<教員の所属する研究所のホームページ> 
株式会社 パスコ

 佐藤 俊明 連携准教授

- SATOH, Toshiaki -

<略歴>
1992.3 東北大学工学部建築学科 卒業
1994.3 東京工業大学大学院理工学研究科社会開発工学専攻修士課程 修了
1994.4〜1998.10 安藤建設株式会社
1998.11〜 株式会社パスコ
2004.4-2007.8 東京大学空間情報科学研究センター協力研究員
2007.9〜 東京大学空間情報科学研究センター客員研究員
2008.4〜2013.3 日本大学文理学部地球システム科学科 非常勤講師
2011.10〜 株式会社パスコ研究開発センター研究開発グループ空間技術研究課長


<専門分野>
 地理情報システム・空間情報解析・空間情報工学

<所属学会> 日本建築学会/情報処理学会/地理情報システム学会/日本測量協会

教員/スタッフの頁へ戻る