トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

研究論文リスト

研究論文リスト

 2017年

仲鉢貴臣,古谷 寛,自己伸展円筒CFRP ブームの収納・展開トルク特性,第59回構造強度に関する講演会,福井,pp-1-3, Aug. 3-5, 2017.

Shou Tamura, Hiroshi Furuya, Wrinkle Patterns in Storing State of Wrap-folded Deployable Space Membrane with Experimental Models (巻きつけ収納状態の宇宙用展開膜モデルに生じるしわパターン),第27回アストロダイナミクスシンポジウム, July 24-25, 相模原.

Hiroshi Furuya , Hiraku Sakamoto , Akihito Watanabe, Deployment Properties of Boom-Membrane Integrated Space Structures, 31st ISTS, 2017-c-46, Ehime, June, 2017.

Hiraku Sakamoto , Hiroki Nakanishi , Hiroshi Furuya , Masahiko Yamazaki , Yasuyuki Miyazaki , Akihito Watanabe , Kazuki, Watanabe , Ayako Torisaka-Kayaba, Development of CubeSat OrigamiSat-1 for Space Demonstration of Deployable Membrane Structure Technologiess, 31st ISTS, 2017-f-023, Ehime, June, 2017.

Hiroshi Furuya, Hiraku Sakamoto, Yasutaka Satou, Takashi Yokomatsu, Kyohei Yashima, Takaomi Chubachi and Akihito Watanabe, Boom/Membrane Integrated Deployable Space Structures for Small Satellites, 4th International Symposium on Solar Sailing, Kyoto, Japan, pp.1-4, Jan.17-20, 2017.

Hiroki Nakanishi,Hiraku Sakamoto, Hiroshi Furuya, Masahiko Yamazaki, Yasuyuki Miyazaki, Akihito Watanabe, Kazuki Watanabe, Ayako Torisaka-Kayaba, and Mitsushige Oda, Development of Nano-Satellite OrigamiSat-1with Highly Functional Deployable Membrane, 4th International Symposium on Solar Sailing, Kyoto, Japan, pp.1-4, Jan.17-20, 2017.

Takaomi Chubachi, Hiroshi Furuya and Akihito Watanabe, Hybrid Self-deployable Tubular CFRP Booms for Deployable Membrane, 4th International Symposium on Solar Sailing, Kyoto, Japan, pp.1-7, Jan.17-20, 2017.

Kazuya Saito, Nobukatsu Okuizumi, Hiraku Sakamoto, Junji Kikuchi, Jun Matsumoto, Hiroshi Furuya, Osamu Mori, Experimental Research on Roll-up Storage Method for a Large Solar Sail, 4th International Symposium on Solar Sailing, Kyoto, Japan, pp.1-5, Jan.17-20, 2017.

Nobukatsu Okuizumi, Yasutaka Satou, Osamu Mori, Hiraku Sakamoto and Hiroshi Furuya, Investigation of the Deformation and Stiffness of Spinning Solar Sail Membrane of IKAROS, AIAA-2017-1113, AIAA SciTech2017, Grapevine, TX, pp.1-6, Jan.9-14, 2017.

Hiroshi Furuya, Kyohei Yashima, Takashi Yokomatsu, Hiraku Sakamoto and Akihito Watanabe, Micro-gravity Testing of Boom-Membrane Integrated Deployable Structures for Micro-satellites, AIAA-2017-0618, AIAA SciTech2017, Grapevine, TX, pp.1-5, Jan.9-14, 2017.

田中宏明(防衛大),樋口健,勝又暢久(室蘭工大),石村康生,土居明広,河野太郎,馬場満久,松本康司,坪井昌人,村田泰宏,松永三郎(JAXA/ISAS),荻芳郎(Oxford Space Systems),川口健一,岡部洋二,横関智弘,斉藤一哉(東大),池田忠繁(名大),仙場淳彦(名城大),坂本 啓,古谷 寛(東工大),岩佐貴史(鳥取大),小木曽 望,南部陽介,木村公洋(大阪府大),岩田稔(九工大),岸本直子(摂南大),波多英寛(熊本大),秋田剛(千葉工大),鳥阪綾子(首都大),泉田啓(京大),篠原主勲(大同大),小柳潤(東京理科大),河野裕介,小山友明(NAOJ),大型高精度光学架台に関する研究:スマート構造システムの実現に向けたアクチュエータ開発と関連技術,第17回宇宙科学シンポジウム,相模原,Jan.5-6 2017.

 2016年

仲鉢 貴臣,古谷 寛,渡邊 秋人,ハイブリッド自己伸展CFRP円筒ブームの大変形曲げにおける静力学特性の評価実験,第32回宇宙構造・材料シンポジウム,宇宙科学研究所,Dec. 9, 2016.

八島京平,古谷 寛,微小重力環境試験におけるブーム・膜複合展開構造の展開力特性,第32回宇宙構造・材料シンポジウム,宇宙科学研究所,Dec. 9, 2016.

天本十和,坂本 啓,古谷 寛,奥泉信克,渡邊秋人,川端信義,複合材円筒ブーム構造のの航空機実験における展開挙動の数値解析,第32回宇宙構造・材料シンポジウム,宇宙科学研究所,Dec. 9, 2016.

古谷 寛,坂本 啓,第1回 伸展ブーム・膜からなる宇宙展開構造,日本航空宇宙学会誌 特集記事, Vol.64, No.11, pp.322-326, Nov. 2016.

古谷 寛,日本航空宇宙学会誌 特集記事:超軽量宇宙展開構造物 まえがき, Vol.64, No.11, pp.321, Nov. 2016.

Hiroshi Furuya, "Folding of Deployable Membrane Space Structures", Origami-Based Modeling and Analysis ICMMA 2016 (International Conference on Mathematical Modeling and Applications 2016), pp.205-214, Nov. 9-12, 2016.

古谷 寛,折り紙工学の宇宙構造物への応用,特集:折り紙の数理的・バイオミメテックス的展開と産業への応用,日本機械学会誌,Vol.119, No.1175, pp.570-571, Oct. 2016

古谷 寛,横松 卓,八島京平,ブーム・膜展開宇宙構造物の地上試験のための重力補償装置の検討,日本機械学会2016年度年次大会,福岡,Sept. 11-14, 2016.

古谷 寛,八島京平,横松 卓,坂本 啓,ブーム・膜複合構造の微小重力環境下における展開挙動,日本航空宇宙学会,第60回宇宙科学技術連合講演会,函館,Sept. 6-9, 2016.

横松 卓,古谷 寛,三軸織円筒CFRPブームの展開特性に重力補償装置が及ばす影響,2B06, 日本航空宇宙学会第58回構造強度に関する講演会,札幌,pp.1-3, Aug. 3-5, 2016.

八島京平,古谷 寛,重力補償装置を用いた超小型衛星用ブーム・膜複合展開構造の地上展開特性,2B07, 日本航空宇宙学会第58回構造強度に関する講演会,札幌,pp.1-3, Aug. 3-5, 2016.

Hiroshi Furuya, "Applications of Optimization Techniques for Designing Space Structures in Japan", Asian Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (ACSMO) 2016, May 22-26, 2016, Nagasaki, Japan.


田中宏明(防衛大),樋口健,勝又暢久(室蘭工大),石村康生,土居明広,河野太郎,馬場満久,松本康司,坪井昌人,村田泰宏,松永三郎(JAXA/ISAS),荻芳郎(Oxford Space Systems),川口健一,岡部洋二,横関智弘,斉藤一哉(東大),池田忠繁(名大),仙場淳彦(名城大),坂本啓,古谷寛(東工大),岩佐貴史(鳥取大),小木曽望,南部陽介,木村公洋(大阪府大),岩田稔(九工大),岸本直子(摂南大),波多英寛(熊本大),秋田剛(千葉工大),鳥阪綾子(首都大),泉田啓(京大),篠原主勲(大同大),小柳潤(東京理科大),河野裕介,小山友明(NAOJ),大型高精度光学架台に関する研究:スマートリフレクタの開発,第16回宇宙科学シンポジウム,相模原,Jan.7-8, 2016.

Hiroshi Furuya, Takashi Yokomatsu, Hiraku Sakamoto and Yasutaka Satou, Deployment Properties with Gravity Compensation Devices for Boom-Membrane Integrated Wrapped Structures, AIAA, SciTech2016, AIAA-2016-2167, pp.1-8, San Diego, California Jan.4-8, 2016.

 2015年

鈴木聡太,松永三郎,古谷 寛,宮崎康行,渡邊秋人,レールファスナを用いて結合されたバイコンベックスブームの伸展挙動評価,日本機械学会スペースエンジニアリングカンファレンス,pp.1-4, 琴平,Dec.21-22, 2015.

横松 卓,古谷 寛,三軸織CFRP展開ブームを巻きつけるハブの慣性モーメントが展開特性に及ぼす影響,第31回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,Dec. 8, 2015.

八島京平,古谷 寛,超小型衛星用ブーム・膜複合構造の地上展開実験特性,第31回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,Dec. 8, 2015.

古谷 寛, 横松卓,ホバークラフト式重力補償装置によるブーム展開地上実験,第59回宇宙科学技術連合講演会,1F02, pp.1-3, 鹿児島,Oct.7-9, 2015.

古谷 寛,佐藤泰貴,高井 元,坂本 啓,奥泉信克,小型衛星デオービット用展開膜構造の開発について,日本機械学会2015年度年次大会,S1910202, pp.1-4, 札幌,Sept. 13-16, 2015.

奥泉信克,佐藤泰貴,森 治,古谷 寛,坂本 啓,白澤洋次,ソーラー電力セイル膜面の展開形状解析,第57回構造強度に関する講演会,3A09, pp.190-192, 岡山,Aug. 5-7, 2015.

横松 卓,古谷 寛,三軸織円筒CFRPブームの巻きつけ展開実験における巻きつけハブの回転拘束と重力補償装置が展開に及ぼす影響,第57回構造強度に関する講演会,3A07, pp.184-186,岡山,Aug. 5-7, 2015.

古谷 寛,佐藤泰貴,坂本 啓,名取通弘,奥泉信克,高井 元,ブーム・膜複合展開構造の巻きつけ展開挙動の実験研究,第57回構造強度に関する講演会,3A06, pp.180-182,岡山,Aug. 5-7, 2015.

松永三郎,宮崎康行,古谷 寛超小型衛星を用いた宇宙伸展構造物の早期軌道上実証計画 − 超小型衛星研究会の活動紹介,第57回構造強度に関する講演会,2A02, pp.99-101,岡山,Aug. 5-7, 2015.

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya, Guided-Pin Mechanisms for Wrapping Folds of Large Space Membrane, Aerospace Technology Japan,TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN Vol. 12(2014) No. APISAT-2013, TJSAS-D-14-00009, p.a1-a7, July, 2015.

Hiraku Sakamoto, Hiroki Nakanishi, Masahiko Yamazaki, Yasuyuki Miyazaki, Hiroshi Furuya, Akihito Watanabe, Kazuki Watanabe, Mitsushige Oda, CubeSat Design for Space Demonstration of Deployable Membrane Structure Technologies, 30th ISTS, Paper Number : 2015-f-74, pp.1-6, July 8-10 , 2015.

Ken Higuchi, Hiroshi Furuya, Yasuyuki Miyazaki, Takahira Aoki, Choji Yoshida, Akihito Watanabe, Kazuki Watanabe, SIMPLE Project Team, Achievement of Long-Term On-Orbit Operation of SIMPLE Inflatable Extension Mast, 30th ISTS, Paper Number : 2015-c-47, pp.1-6, July 8-10 , 2015.

Takashi Yokomatsu and Hiroshi Furuya, Deployment Experiments on Stiffened Tri-axial Tubular CFRP Boom for Boom-Membrane Integrated Space Structures, 30th ISTS, Paper Number : 2015-c-46, pp.1-4, July 8-10 , 2015.

Hiroshi Furuya, Yasutaka Satou, Hiraku Sakamoto, Moto Takai, Nobukatsu Okuizumi, MC Natori, Ayako Torisaka, Takashi Yokomatsu, Hiroyasu Kurashige and Akihito Watanabe, Deployment Experiments of Wrapping Fold Boom-Membrane Integrated Space Structures for De-orbiting Satellites, 30th ISTS, Paper Number: 2015-c-45, pp.1-4, July 8-10 , 2015.


Hiroshi Furuya, Boom-Membrane Integrated Deployable Structures for De-orbitingSatellites and Future Applications, International Symposium on Sustainable Space Development and Space Situational Awareness(持続的宇宙開発と宇宙状況認識推進のための国際シンポジウム), Shinagawa, The Grand Hall, Titech-Japan Space Forum, Feb. 26-27, 2015.

Yasutaka Satou; Osamu Mori; Nobukatsu Okuizumi; Yoji Shirasawa; Hiroshi Furuya; Hiraku Sakamoto, Deformation Properties of Solar Sail IKAROS Membrane with Nonlinear Finite Element Analyses, AIAA SciTech2015, Kissimmee, Florida, Jan. 5-9, 2015.

Hiraku Sakamoto; Hiroshi Furuya; Yasutaka Satou; Nobukatsu Okuizumi; Moto Takai; M. C. Natori, Wrapping Fold and Deployment Characteristics of Boom-Membrane Integrated Space Structures, AIAA SciTech2015, Kissimmee, Florida, Jan. 5-9, 2015.

奥泉信克,白澤洋次,森治,佐藤泰貴,松永三郎,名取通弘(JAXA),古谷寛,坂本啓,山浦弘(東工大),宮崎康行(日大),井上遼太(NEC),菊池隼仁(東大),水森主(東海大),北尾啓(青学大),佐藤剛志,西澤匡士,横松卓,倉重宏康(東工大), 木星トロヤ群探査に向けた大型ソーラー電力セイル膜面展開構造・機構に関する検討, P-260, 宇宙科学シンポジウム,Jan. 6-7, 2015.

田中宏明,坂本啓,稲垣章弥,古谷寛,石村康生,土居明広,佐藤泰貴,河野太郎,後藤健,坪井昌人,村田泰宏,松永三郎,松本康司, 樋口健,勝又暢久,荻芳郎,川口健一,岡部洋二,横関智弘,斉藤一哉,池田忠繁,仙場淳彦,岩佐貴史,小木曽望,南部陽介,木村公洋,岩田稔,岸本直子,波多英寛,秋田剛,鳥阪綾子,泉田啓,宮崎康行,篠原主勲,小柳潤,河野裕介,小山友明, 大型高精度光学架台に関する研究: スマート構造システム, 宇宙科学シンポジウム,Jan. 6-7, 2015.

田中宏明,坂本啓,稲垣章弥,古谷寛,石村康生,土居明広,佐藤泰貴,河野太郎,後藤健,坪井昌人,村田泰宏,松永三郎,松本康司, 樋口健,勝又暢久,荻芳郎,川口健一,岡部洋二,横関智弘,斉藤一哉,池田忠繁,仙場淳彦,岩佐貴史,小木曽望,南部陽介,木村公洋,岩田稔,岸本直子,波多英寛,秋田剛,鳥阪綾子,泉田啓,宮崎康行,篠原主勲,小柳潤,河野裕介,小山友明,大型高精度光学架台に関する研究:固定式および伸展式光学架台,宇宙科学シンポジウム,Jan. 6-7, 2015.

 2014年

横松 卓,古谷 寛,佐藤泰貴,坂本 啓,ブーム・膜巻きつけ折り畳み宇宙構造物のための強化型三軸織円筒CFRPブームの展開実験,日本機械学会第23回スペース・エンジニアリング・コンファレンス(SEC'14), A05, pp.1-5, Dec. 19-20, 2014.

高井 元,古谷 寛,坂本 啓,奥泉信克,宮崎英治,井上浩一,デオービット用膜面展開機構の開発,第6回スペースデブリワークショップ,JAX, 調布, pp.1-16, Dec.17-19, 2014

横松 卓,古谷 寛,坂本 啓,佐藤泰貴,奥泉信克,三軸織円筒CFRPブームの巻きつけ状態が展開特性に及ぼす影響の実験検討,宇宙構造・材料シンポジウム,pp.1-6, Dec.1, 2014.

古谷 寛,佐藤泰貴,坂本 啓,名取通弘,奥泉信克,高井 元,鳥阪綾子,横松 卓,倉重宏康,渡邊秋人, ブーム・膜複合構造によるデオービット膜展開実験の試み,宇宙科学技術連合講演会,2K02, pp.1-4, 長崎, Nov. 12-14, 2014.

樋口 健, 古谷 寛, 宮崎康行,青木隆平, 吉田長治, 渡邊秋人, 渡辺和樹, 蒔田愛道,SIMPLE インフレータブル伸展マストの軌道上長期運用実験経過,宇宙科学技術連合講演会,1G04, pp.1-4, 長崎, Nov. 12-14, 2014.

Hiroshi Furuya, Yasutaka Satou, Hiraku Sakamoto, Michihiro Natori, Deployment Dynamics of Membrane-Boom Wrapped Structures, 65th Int. Astronautical Congress, Toronto, IAC-14-C2.3.10, pp.1-6, Sept. 29-Oct. 4, 2014.

古谷 寛,佐藤泰貴,坂本 啓,名取通弘,奥泉信克,渡邊秋人,ブーム・膜巻き付け折り畳み宇宙構造物の展開特性,日本機械学会2014年度年次大会,2014年9月7〜10日,東京,pp.1-3.

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya, Hiraku Sakamoto, Yoji Shirasawa, Osamu Mori,Nobukatsu Okuizumi, M. C. Natori, Wrapping Experiments of Piecewise Straight Fold Membranefor Large Solar Sail, 29th ISTS, Paper Number : 2013-c-54, pp.1-6, June 6, 2013, Special Issue of Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 12, ists29,pp. Pc_49-Pc_54, 2014.

古谷 寛,松尾雄太郎,山崎 歩,佐藤泰貴, 展開宇宙膜の初期変形計測と等価剛性, 日本航空宇宙学会,第56回構造強度に関する講演会, 2A,07 pp.1-3, 2014年8月6-8日, 浜松, pp.1-3.

古谷 寛,佐藤泰貴,坂本 啓,名取通弘,ブーム・膜巻き付け折り畳み構造の地上展開実験, 日本航空宇宙学会,第56回構造強度に関する講演会, 2A,08 pp.1-3, 2014年8月6-8日, 浜松, pp.1-3.

Hiroshi Furuya, Yasutaka Satou, Hiraku Sakamoto, M.C. Natori, Nobukatsu Okuizumi, and Moto Takai, Deployment Experiments of Boom-Membrane Integrated Wrapped Structures, 24th Workshop on JAXA Astrodynamics and Flight Mechanics, Sagamihara, July 28, 2014.

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya, .and Nozomu Kogiso, Improvement of Surface Accuracy for High-Precision Space Antenna by Design Optimization of Adaptive Structure System, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 12, No. ists29, pp. Pc_15-Pc_20, 2014.

Ken Higuchi, Yasuyuki Miyazaki, Kosei Ishimura, Hiroshi Furuya, Hiroaki Tsunoda, Kei Senda, Akihito Watanabe, Nobuyoshi Kawabata, Takeshi Kuratomi, SIMPLE Project Team, Initial Operation and Deployment Experiment of Inflatable Extension Mast in SIMPLE on JEM Exposure Platform in ISS, Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Aerospace Technology Japan, Vol. 12(2014) No. ists29. p.Pc_1-Pc_7.https://www.jstage.jst.go.jp/browse/tastj/12/ists29/_contents

Y. Satou and Hiroshi Furuya, and N. Kogiso, Demonstration of Optimized Plate Antenna Model with Shape Control Actuator, No.0161, 8th China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM8), Gyeongju, Korea, pp.1-5, May 25-29, 2014.

Hiroshi Furuya and H. Komamura, Structural Optimization of Bi-Convex Deployable Boom for Space Structures, No.0177, 8th China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM8), Gyeongju, Korea, pp.1-2, May 25-29, 2014.


Yasutaka Satou; Hiroshi Furuya; Nozomu Kogiso, Simultaneous Optimum Design of Structure and Actuator Locations for Plate Model of High Precision Space Antenna, AIAA SciTech2014, 2014, , National Harbor, MarylandJan. 13-17, pp.1-10, 2014.

Hiroshi Furuya, Yutaro Matsuo, Ayumu Yamasaki, Initial Deformation Properties of Solar Sail Membrane for Equivalent Stiffness, AIAA SciTech2014, 2014, , National Harbor, MarylandJan. 13-17, pp.1-8, 2014.

Yasutaka Satou; Nobukatsu Okuizumi; Go Ono; Hiroshi Furuya; Hiraku Sakamoto; Yoji Shirasawa; Osamu Mori, Nonflatness of Solar Sail Membrane Predicted by Nonlinear Finite Element Analyses, AIAA SciTech2014, 2014, , National Harbor, MarylandJan. 13-17, pp.1-, 2014.

H. Sakamoto, M. C. Natori, S. Kadonishi, Y. Satou, Y. Shirasawa, N. Okuizumi, O. Mori, H. Furuya, M. Okuma, "Folding Patterns of Planar Gossamer Space Structures Consisting of Membranes and Booms", Acta Astronautica, Vol. 94, Issue 1, Jan.-Feb. 2014, Pages 34-41.

Yasutaka Satou and Hiroshi Furuya, "Local Buckling in Crease Induced by Wrapping Fold of Space Membrane," Journal of Spacecraft and Rockets, Vol. 51, No. 2 (2014), pp. 595-603. doi: 10.2514/1.A32416

古谷 寛,坂本 啓,名取 通弘,佐藤泰貴,森 治,白澤洋次,奥泉信克,高井 元,船瀬 龍,勝又暢久,鳥阪綾子,ブーム・膜複合宇宙展開構造の研究開発,第14回宇宙科学シンポジウム,相模原,2014年1月9日(木)〜10日(金)

田中宏明(防衛大),石村康生、後藤健,朝木義晴,土居明広(JAXA/ISAS),神谷友裕(JAXA/ARD),古谷 寛,坂本啓,佐藤泰貴,稲垣章弥(東工大),池田忠繁,仙場淳彦(名大),小木曽望,南部陽介(大阪府大),荻芳郎,川口健一,岡部洋二,斉藤一哉(東大),秋田剛(千葉工大),岩佐貴史(鳥取大),宮崎康行(日大),槙原幹十朗(東北大),鳥阪綾子(青学大),勝又暢久(室蘭工大) , 河野裕介,小山友明(国立天文台),高精度大型宇宙構造システムの開発研究〜形状可変スマート構造システムの設計・開発,第14回宇宙科学シンポジウム,相模原,2014年1月9日(木)〜10日(金)

岩佐貴史,牧恒男,原田卓(鳥取大),岸本直子,亀井宏貴(摂南大),樋口健,相原弘匡(室蘭工大)藤垣元治,吉川隆章(和歌山大),小木曽望(阪府大),田中宏明(防衛大),石村康生,河野太郎,神谷友裕(JAXA)古谷 寛,坂本啓,佐藤泰貴(東工大),中篠恭一(東海大),荻芳郎(東大),泉田啓(京都大),仙場敦彦(名大),高精度大型宇宙構造システムの開発研究〜高精度形状計測技術の開発研究,第14回宇宙科学シンポジウム,相模原,2014年1月9日(木)〜10日(金)

 2013年

佐藤泰貴(東工大),古谷 寛,坂本 啓,名取通弘(早大),渡邊秋人(サカセ・アドテック),有限要素解析による膜面展開用シリンドリカルブームの復元力の検討,C04, 第22回スペース・エンジニアリング・コンファレンス[SEC'13], 御茶ノ水,Dec.20-21, pp.1-6, 2013.

坂本 啓(東工大),古谷 寛,佐藤泰貴,名取通弘(早大),ブーム・膜一体巻きつけ型の展開膜宇宙構造物の開発, P08, 第22回スペース・エンジニアリング・コンファレンス[SEC'13], 御茶ノ水,Dec.20-21, pp.1-6, 2013.

佐藤泰貴(東工大),古谷 寛(東工大),小木曽 望(阪府大),高精度平面アンテナの構造制御同時最適設計と実証実験,第29回宇宙構造・材料シンポジウム,A14, 相模原,2013年12月3日.

田中 宏明(防衛大),坂本 啓(東工大),石村 康生(JAXA),稲垣 章弥(東工大),小木曽 望(阪府大),池田 忠繁(名古屋大),古谷 寛(東工大),渡辺 和樹(ウェルリサーチ),及川 祐(ウェルリサーチ),倉冨 剛(ウェルリサーチ),高精度スマート形状可変鏡試作モデルの開発,第29回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,2013年12月3日.

古谷 寛(東工大),佐藤 泰貴(東工大) ,坂本 啓(東工大),名取 通弘(早稲田大),円筒CFRPブームを用いた巻き付け型展開膜構造の検討,第29回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,2013年12月3日.

山崎 歩(東工大・院),古谷 寛(東工大),宇宙用展開膜の初期変形が等価曲げ剛性に及ぼす影響,第29回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,2013年12月3日.

西澤 匡士(東工大・院),坂本 啓(東工大),大熊 政明(東工大),奥泉 信克(JAXA),白澤 洋次(JAXA), 森 治(JAXA),古谷 寛(東工大), 佐藤 泰貴(東工大),ソーラーセイル膜における面外変形の剛性への影響評価,第29回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,2013年12月3日.

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya, Guided Pin Mechanisms for Wrapping Fold of Large Space Membrane, Asia-Pacific International Symposium on Aerospace Technology, Takamatsu, November 20-22, pp. 1-6, 2013.

佐藤泰貴,古谷 寛(東工大),小木曽望(大阪府大),宇宙用大型アンテナ高精度化のための構造制御同時最適設計の試み, 第57回宇宙科学技術連合講演会,1K11(JSASS-2013-4188),米子, pp.1-, Oct. 9-11, 2013

田中宏明(防衛大),坂本 啓(東工大),石村康生(JAXA),小木曽望(大阪府大),池田忠繁(名大),古谷 寛(東工大),渡辺和樹,及川 祐,倉冨 剛(ウェルリサーチ), 高精度形状可変鏡の初期実験モデルの開発, 第57回宇宙科学技術連合講演会, 1K07(JSASS-2013-4184),米子, pp.1-, Oct. 9-11, 2013

Hiraku Sakamoto, Hiroshi Furuya and Yasutaka Satou, M.C. Natori, Akihito Watanabe, Nobuyoshi Kawabata, and Ryoji Sakai, Nobukatsu Okuizumi, Osamu Mori, Yoji Shirasawa, and Moto Takai, Nobuhisa Katsumata, Ayako Torisaska, Ryu Funase, ``Origami-Based Membrane Storage and Deployment Technology for De-Orbiting Satellites," 64th Int. Astronautical Congress, Beijing, IAC-13-B4.6A.4,. pp.1-10, Sept. 23-27, 2013.

Ayumu Yamasaki., Hiroshi Furuya, ``Equivalent Stiffness of Large Deployable Membrane With Random Initial Deformation," 64th Int. Astronautical Congress, Beijing, IAC-13-C2.2.10, pp.1-7, Sept. 23-27, 2013.

Hiroshi Furuya, Yutaro Matsuo, ``Shape Measurement of Creased Large Space Membrane by Photometric Stereo Technique," 64th Int. Astronautical Congress, Beijing, IAC-13-C2.2.9, pp.1-4, Sept. 23-27, 2013.

上土井大助,古谷 寛,電磁石を用いた大型宇宙構造物自動組立用結合機構の検討,J192014,日本機械学会2013年度年次大会,Sept. 9-11, 2013, 岡山.

駒村 浩,古谷 寛,デオービット展開膜用Bi-Convex伸展マストの構造最適化の検討,J191011,日本機械学会2013年度年次大会,Sept. 9-11, 2013, 岡山.

山崎 歩,古谷 寛,膜の初期変形が等価剛性に及ぼす影響の検討,J191013,日本機械学会2013年度年次大会,Sept. 9-11, 2013, 岡山.

佐藤泰貴,古谷 寛,小木曽 望,構造制御同時最適化に基づくリブ-シェルアンテナの設計と形状制御実験,J191015,日本機械学会2013年度年次大会,Sept. 9-11, 2013, 岡山.

Hirotaka Sawada, Yoji Shirasawa, Osamu MOri, Nobukatsu Okuizumi, Yasutaka Miyazaki, Saburo Matunaga, Hiroshi Furuya, Hiraku Sakamoto, Michihiro Natori, Yuichi Tsuda, On-orbit Result and Analysis of Sail Deployment of World's First Solar Power Sail IKAROS, The Journal of Space Technology and Science, Japan Rocket Society, Vol.27, No.1, pp.54-68, 2013, Spring.

佐藤泰貴, 古谷 寛,小木曽望, 構造と制御アクチュエータ配置の同時最適設計による宇宙用アンテナの高精度化, 日本航空宇宙学会,第55回構造強度に関する講演会, 2B04, pp.1-3, 2013年8月7-9日, 室蘭.

松尾雄太郎, 古谷 寛, 照度差ステレオ法による形状計測の高精度化, 日本航空宇宙学会,第55回構造強度に関する講演会, 2A08, pp.1-3, 2013年8月7-9日, 室蘭.

山崎 歩, 古谷 寛, 初期変形を有する薄膜の数値解析による剛性評価, 日本航空宇宙学会,第55回構造強度に関する講演会, 3A01, pp.1-3, 2013年8月7-9日, 室蘭.

奥泉信克, 佐藤泰貴, 大野 剛, 古谷 寛, 坂本 啓, 森 治, IKAROSソーラー電力セイル膜面の展開形状に関する検討,日本航空宇宙学会,第55回構造強度に関する講演会, 3A06, pp.1-3, 2013年8月7-9日, 室蘭.

駒村 浩, 古谷 寛, デオービット展開膜用Bi-Convex伸展マストの構造特性と構造設計の検討, 日本航空宇宙学会,第55回構造強度に関する講演会, 3A09, pp.1-3, 2013年8月7-9日, 室蘭.

近江信耶, 蒔田愛道, 樋口 健, 宮崎康行, 古谷 寛, 青木隆平, 川端信義, 渡邊秋人, 宇宙インフレータブル伸展マストの軌道上初期運用, 日本航空宇宙学会,第55回構造強度に関する講演会, 3A10, pp.1-3, 2013年8月7-9日, 室蘭.

佐藤泰貴,奥泉信克,大野 剛,古谷 寛,坂本 啓,白澤 洋次,森 治,ソーラーセイルIKAROS展開形状の非線形有限要素解析,アストロダイナミクスシンポジウム,July 29-30, 2013, 相模原.

Atsuhiko Senba, Kosuke Oka, Morio Takahama, and HIroshi Furuya: Vibration Reduction by Natural Frequency Optimization for Manimulation of a Variable Geometry Truss, Journal of Structural and Multidisciplinary Optimization, Vol. 48, Issue 5, (2013), pp. 939-954.

佐藤泰貴,古谷 寛, 大型膜巻きつけ折り畳み過程で形成される折り目線の形状特性,日本航空宇宙学会論文集,Vol.61, No.4, pp.95-102, 2013.

M.C. Natori, Nobuhisa Katsumata, Hiroshi Yamakawa, Akihito Watanabe, Nobuyoshi Kawabata, Nobukatsu Okuizumi, Osamu Mori, Yoji Shirasawa, Horaku Sakamoto, Hiroshi Furuya, Model Study of Membrane Space Structures Based on a Stepwise Deployment Concept, 29th ISTS, Paper Number : 2013-c-55, pp.1-6, June 6, 2013.

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya, Hiraku Sakamoto, Yoji Shirasawa, Osamu Mori,Nobukatsu Okuizumi, M. C. Natori, Wrapping Experiments of Piecewise Straight Fold Membranefor Large Solar Sail, 29th ISTS, Paper Number : 2013-c-54, pp.1-6, June 6, 2013.

Hiraku Sakamoto, Shogo Kadonishi, Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya, Yoji Shirasawa, Nobukatsu Okuizumi, Osamu Mori, Hirotaka Sawada, Jun Matsumoto, Yasuyuki Miyazaki, Masaaki Okuma, Development of Repeatable Storage Method for a Large Solar Sail, 29th ISTS, 2013-c-53, pp.1-6 June 6, 2013.

Tadashi Nishizawa, Hiraku Sakamoto, Masaaki Okuma, Hiroshi Furuya, Yasutaka Satou, Nobukatsu Okuizumi, Yoji Shirasawa, and Osamu Mori, Evaluation of Crease Effects on Out-of-plane Stiffness of Solar Sails, 29th ISTS, 2013-c-52, pp.1-6, June 6, 2013.

Ayumu Yamasaki and Hiroshi Furuya, Effects of Random Initial Deformation of Large DeployableMembrane on Vibration Properties, 29th ISTS, Paper Number : 2013-c-51, pp.1-5, June 6, 2013.

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya, Nozomu Kogiso, Improvement of Surface Accuracy for High-Precision SpaceAntenna by Design Optimization of Adaptive Structure System, 29th ISTS, Paper Number : 2013-c-33, pp.1-6, June 5, 2013.

Ken Higuchi, Yasuyuki Miyazaki, Kosei Ishimura, Hiroshi Furuya, Hiroaki Tsunoda, Kei Senda, Akihito Watanabe, Nobuyoshi Kawabata, Takeshi Kuratomi, Initial Operation and Deployment Experiment of Inflatable Extension Mast in SIMPLE on JEM Exposure Platform in ISS, 29th ISTS, Paper Number : 2013-c-09, pp.1-7, June 4, 2013.

Hiroshi Furuya, Kosei Ishimura, Takafumi Kajikawa, Choji Yoshida, SIMPLE Project Team4, Data Processing of Space Inflatable Membranes PioneeringLong-term Experiments (SIMPLE), 29th ISTS, Paper Number : 2013-c-08, pp.1-4, June 4, 2013.

Hiraku Sakamoto; Shogo Kadonishi; Yasutaka Satou; Hiroshi Furuya; Yoji Shirasawa; Nobukatsu Okuizumi; Osamu Mori; Hirotaka Sawada; Jun Matsumoto; Michihiro Natori; Yasuyuki Miyazaki; Masaaki Okuma, Repeatablility of Stored Configuration of a Large Solar Sail with Non-negligible Thickness, Session: GSF-06, Solar Sails and Drag De-Orbiters, April 10, 2013 from 2:30 PM to 6:00 PM, (date and time subject to change), 54th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics, and Materials Conference and Co-located Events, scheduled 8-11 April 2013.

Hiroshi Furuya; Jin Yokoyama, Bending Properties of Bellows-Type Inflatable Tube Elements, Session: GSF-08, Inflatable Structures, April 11, 2013 from 9:30 AM to 12:00 PM, (date and time subject to change), 54th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics, and Materials Conference and Co-located Events, scheduled 8-11 April 2013.

Yasutaka Satou; Hiroshi Furuya, Fold Line Based on Mechanical Properties of Crease in Wrapping Fold Membrane, Session: GSF-03, Membrane Packaging and Applications, April 9, 2013 from 9:30 AM to 12:00 PM, (date and time subject to change), 54th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics, and Materials Conference and Co-located Events, scheduled 8-11 April 2013.


佐藤泰貴,古谷 寛,小木曽 望,高精度宇宙アンテナのための構造制御同時最適化に関する検討,日本機械学会第21回スペースエンジニアリングコンファレンス(SEC'12),Jan.25-26, 2013.

松尾雄太郎,古谷 寛,長距離計測における照度差ステレオ法を用いた形状計測の実験検討,日本機械学会第21回スペースエンジニアリングコンファレンス(SEC'12),Jan.25-26, 2013.

山崎 歩,古谷 寛,ランダムに初期変形の存在する薄膜の振動特性,日本機械学会第21回スペースエンジニアリングコンファレンス(SEC'12),Jan.25-26, 2013.

白澤洋次,宮崎康行,奥泉信克,坂本 啓,森 治,澤田弘崇,古谷 寛,松永三郎,名取通弘,津田雄一,川口淳一郎,IKAROSのセイル展開解析,日本航空宇宙学会誌,特集「小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」」第5回,Vol.61, No.1, pp.14-21, 2013.

白澤洋次,森 治,奥泉信克,澤田弘崇,横田力男,田中孝治,豊田裕之(JAXA),船瀬龍(東大),松本純,大野剛,大谷翔,中条俊大,濱崎 拓,林直宏(東大・院),Marco Giancotti(サピエンツァ・ローマ大),古谷 寛,坂本 啓(東工大),佐藤泰貴,門西省吾(東工大・院),ソーラー電力セイルの大型セイル膜面開発およびその収納・展開方法の検討,P2- 128,宇宙科学シンポジウム,Jan. 8-9, 相模原,2013.

奥泉信克,森 治(JAXA),古谷 寛,坂本啓(東工大),白澤洋次(JAXA),大野剛(東大),西澤匡士,山崎 歩,佐藤泰貴(東工大),小型ソーラー電力セイル実証機IKAROSのセイル膜面の軌道上構造特性の検討,P4- 056,宇宙科学シンポジウム,Jan. 8-9, 相模原,2013.

石村康生(ISAS/JAXA),後藤健(ISAS/JAXA),田中宏明(防衛大学校),小木曽望(大阪府立大学),池田忠繁(名古屋大学),岩佐貴史(鳥取大学),高精度大型宇宙構造システム研究開発チーム,高精度大型宇宙構造システムの開発研究 〜2012年度の成果報告まとめ〜,P5- 038, 宇宙科学シンポジウム,Jan. 8-9, 相模原,2013.

田中宏明(防衛大)石村康生、後藤健,朝木義晴,佐々木要(JAXA/ISAS),神谷友裕(JAXA/ARD),古谷 寛,坂本 啓,佐藤泰貴(東工大),池田忠繁,仙場淳彦(名大),小木曽望,南部陽介(大阪府大),荻芳郎,川口健一,岡部洋二,斉藤一哉(東大),秋田剛(千葉工大),岩佐貴史(鳥取大),宮崎康行(日大), 槙原幹十朗(東北大),鳥阪綾子(青学大),勝又暢久(早大),高精度大型宇宙構造システムの開発研究 〜スマート構造システムの開発〜,宇宙科学シンポジウム,Jan. 8-9, 相模原,2013.

小木曽 望, 南部 陽介(阪府大), 秋田 剛(千葉工大), 宮崎 康行(日大), 池田 忠繁, 仙場 淳彦(名大), 岩佐 貴史(鳥取大), 荻 芳郎(東大), 坂本 啓, 古谷 寛,佐藤 泰貴(東工大), 田中 宏明(防衛大), 鳥阪 綾子(青学大), 石村 康生(JAXA),高精度大型宇宙構造システムの開発研究〜設計・解析技術の確立にむけて〜,宇宙科学シンポジウム,Jan. 8-9, 相模原,2013.

岩佐貴史(鳥取大),樋口健(室蘭工大),岸本直子(摂南大),田中宏明(防衛大),石村康生,神谷友裕(JAXA),古谷 寛,坂本啓,佐藤泰貴,松尾雄太郎(東工大),小木曽望(阪府大),目黒 在(東京都市大),荻芳郎(東京大), 泉田啓(京都大),仙場敦彦(名大),中篠恭一(東海大),高精度大型宇宙構造システムの開発研究〜高精度形状計測技術の開発〜,宇宙科学シンポジウム,Jan. 8-9, 相模原,2013.

 2012年

O. Mori, Y. Shirasawa, Y. Miyazaki, H. Sakamoto, M. Hasome, N. Okuizumi, H. Sawada, H. Furuya, S. Matunaga, M. Natori, Y. Tsuda, T. Saiki, R. Funase, Y. Mimasu and J. Kawaguchi, “Deployment and Steering Dynamics of Spinning Solar Sail “IKAROS,”” Journal of Aerospace Engineering, Sciences and Applications, Oct-Dec 2012, Vol. IV, No.4, pp.79-96 (DOI: 10.7446/jaesa.0404.07).

佐藤泰貴, 古谷 寛,坂本 啓,白澤洋次,森 治,奥泉信克,名取通弘,区分直線折りによるソーラーセイル大型膜の巻きつけ折り畳み実験,第28回宇宙構造・材料シンポジウム,JAXA/宇宙科学研究所,Dec. 4, 2012.

門西省吾,坂本 啓,佐藤泰貴,古谷 寛,白澤洋次,奥泉信克,森 治,澤田弘崇,松本順,名取通弘,宮崎康行,大熊政明,厚さを考慮したセイル膜の収納再現性について,第28回宇宙構造・材料シンポジウム,JAXA/宇宙科学研究所,Dec. 4, 2012.

山崎 歩,古谷 寛,ランダムに初期変形の存在する薄膜の振動特性,第28回宇宙構造・材料シンポジウム,JAXA/宇宙科学研究所,Dec. 4, 2012.

岩佐貴史,石村康生,田中宏明,樋口健,岸本直子,古谷 寛,神谷友裕,小木曽望,目黒 在,泉田啓,荻 芳郎,中篠恭一,坂本 啓,仙場淳彦,佐藤泰貴,松尾雄太郎,点計測と面計測を統合した大型宇宙構造システムの前肢や形状計測法の提案,第28回宇宙構造・材料シンポジウム,JAXA/宇宙科学研究所,Dec. 4, 2012.

松尾雄太郎, 古谷 寛,照度差ステレオ法による形状計測における基準平面を用いた誤差低減法,第28回宇宙構造・材料シンポジウム,JAXA/宇宙科学研究所,Dec. 4, 2012.

駒村 浩,古谷 寛,小型衛星向けデオービット展開膜用伸展マストの構造最適化の検討,第28回宇宙構造・材料シンポジウム,JAXA/宇宙科学研究所,Dec. 4, 2012.

澤田弘崇,森 治,奥泉信克,白澤洋次,宮崎康行,名取通弘,坂本 啓,古谷 寛,松永三郎,稲川慎一,木村真一,津田雄一,IKAROSのセイル展開ミッション,日本航空宇宙学会誌,特集「小型ソーラー電力セイル実証機「IKAROS(イカロス)」」第4回,Vol.60, No.12, pp.429-437, 2012.

佐藤泰貴, 古谷 寛,宇宙用展開膜の折り畳みにおける弾塑性変形特性, 2O03, 第56回宇宙科学技術連合講演会,Dec.20-22, 別府,2012.

松尾雄太郎, 古谷 寛,照度差ステレオ法による高精度形状計測に関する実験検討, 1O11,第56回宇宙科学技術連合講演会,Dec.20-22, 別府,2012.

かたち創造の百科事典,丸善出版 ( http://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/katachisouzounohyakkajiten/index.html )

Jin Yokoyama and Hiroshi Furuya, "Concept and Mechanical Properties of Bellows-Type Inflatable-Tubes,'' 63rd International Astronautical Congress, Naple, IAC-12,C2,4,22.p1,x13885, pp.1-3, Oct.1-5, 2012.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya, Recursive Self-Identification and Its Transient Response Analysis with Extended Kalman Filter, JOURNAL OF AEROSPACE COMPUTING, INFORMATION, AND COMMUNICATIONVol. 9, No. 2, pp.45-57, September 2012.

佐藤 泰貴, 古谷 寛, 膜面展開時における折り癖の一次元力学モデル, J191024,日本機械学会2012年度年次大会,金沢,pp.1-5, Sept. 9-12, 2012

松尾雄太郎,古谷 寛,計測条件が照度差ステレオ法による形状計測精度に及ぼす影響, J191033,日本機械学会2012年度年次大会,金沢,pp.1-5, Sept. 9-12, 2012

佐藤泰貴, 古谷 寛, 大型膜巻きつけ折り畳み過程で形成される折り目線の形状特性, 日本航空宇宙学会 第54回構造強度に関する講演会、熊本、1A03 (JSASS-2012-3005), pp.7-9, Aug. 1-3, 2012.

松尾雄太郎,古谷 寛,照度差ステレオ法を用いた形状計測における鏡面反射成分除去法の検討,日本航空宇宙学会 第54回構造強度に関する講演会、熊本、3A02(JSASS-2012-3066), pp.188-190, Aug. 1-3, 2012.

横山 仁,古谷 寛,柔軟性向上を考慮した蛇腹型インフレータブル・チューブの力学特性,日本航空宇宙学会 第54回構造強度に関する講演会、熊本、3A18(JSASS-2012-3082), pp.236-238, Aug. 1-3, 2012.

Yasutaka Satou and Hiroshi Furuya, "Properties of Fold Line Induced by Wrapping Fold of Solar Sail Membrane," アストロダイナミクスシンポジウム, JAXA/ISAS, July 30-31, 2012.

Yasutaka Satou and Hiroshi Furuya, "Local Buckling in Crease Inducedby Wrapping Fold of Space Membrane," 53rd AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASCStructures, Structural Dynamics and Materials Conference,AIAA-2012-1918, pp.1-15, April 23-26, 2012.

Hiroshi Furuya and Jin Yokoyama, "Wrinkle and Collapsing Process ofInflatable Tubes Under Bending Loads by Finite Element Analyses," 53rdAIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and MaterialsConference, AIAA-2012-1917, pp.1-7, April 23-26, 2012.


小木曽望,南部陽介,池田忠繁,仙場淳彦,岩佐貴史,岡部洋二,荻芳郎, 坂本啓,古谷寛,田中宏明,鳥阪綾子,名取通弘,槙原幹十朗,宮崎康行,秋田剛,石村康生,奥泉信克,松永三郎, 高精度大型宇宙構造システムの開発研究〜設計および解析技術の確立にむけて〜, 第12 回宇宙科学シンポジウム, 相模原, P5-044, 2012 年1 月

横山 仁,古谷 寛,有限要素解析による曲げ荷重を受けるインフレータブルチューブの形状変形特性,社団法人日本膜構造教会,膜構造研究論文集2011, No.25, pp.25-32, Dec. 2011.

古谷 寛,横山 仁, 蛇腹構造をなす柔軟インフレータブルの力学特性, C03,日本機械学会第20回スペース・エンジニアリング・コンファレンス, pp.1-4, Jan. 25-27, 仙台,2012

松尾雄太郎,古谷 寛,鏡面反射成分を考慮した膜の形状計測, C5,日本機械学会第20回スペース・エンジニアリング・コンファレンス, pp.1-4, Jan. 25-27, 仙台,2012

 2011年

松尾雄太郎,古谷 寛,照度差ステレオ法を用いた形状計測の高精度化,B3,第27回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,pp.1-6, Dec. 4, 2011.

横山 仁,古谷 寛,蛇腹構造をなす柔軟インフレータブルの有限要素解析,B8,第27回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,pp.1-6, Dec. 4, 2011.

佐藤泰貴,古谷 寛,Z 折り形成を目標とした膜の巻きつけ折り畳み実験,B11, 第27回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,pp.1-6, Dec. 4, 2011.

古谷 寛, 松尾雄太郎, 臼木 優,照度差ステレオ法による画像情報へのウェーブレット変換を適用した膜面損傷同定実験,3A03,第55回宇宙科学技術連合講演会、pp.1-4,Nov.30-Dec. 2, 2011.

Yasutaka Satou and Hiroshi Furuya, "Mechanics of Local Buckling inWrapping Fold Membrane," Int. Conf. on Textile Composites andInflatable Structures, Structural Membranes 2011, E.Onate, B. Kroplinand K.-U. Bletzinger (Eds), Barcelona, pp.1-9, Oct. 5-7, 2011.

Yasutaka Sato and Hiroshi Furuya, 28th International Symposium onSpace Technology and Science, Okinawa, 2011-c-32, pp.1-6, June 5-12,2011.

Hirokata Sawada, Osamu Mori, Nobukatsu Okuizumi, Yoji Shirasawa,Yasuyuki Miyazaki, Michihiro Natori, Saburo Matunaga, Hiroshi Furuya,Hiraku Sakamoto, "Evaluation of Solar Power Sail Deployment Mechanismof IKAROS," 28th International Symposium on Space Technology andScience, Okinawa, 2011-o-4-04v, pp.1-6, June 5-12, 2011.

Yoji SHIRASAWA, Osamu MORI, Yasuyuki MIYAZAKI, Hiraku SAKAMOTO, MitsueHASOME, Nobukatsu OKUIZUMI, Hirotaka SAWADA, Saburo MATUNAGA, HiroshiFURUYA and Jun'ichiro KAWAGUCHI, "Evaluation of Membrane Dynamics ofIKAROS based on Flight Result and Simulation using Multi-ParticleModel," 28th International Symposium on Space Technology and Science,Okinawa, 2011-o-4-05v, pp.1-6, June 5-12, 2011.

Yasutaka Satou and Hiroshi Furuya, "Optimum Design of Guided-pin FoldApparatus for Large Space Membrane," 9th World Congress on Structuraland Multidisciplinary Optimization, Shizuoka, pp.1-6, June 13-17,2011.

Sawada, Hirotaka; Mori, Osamu; Okuizumi, Nobukatsu; Shirasawa, Yoji;Miyazaki, Yasuyuki; Natori, Michihiro; Matunaga, Saburo; Furuya,Hiroshi; Sakamoto, Hiraku, "Mission Report on The Solar Power SailDeployment Demonstration of IKAROS," 12th AIAA Gossamer Systems Forum,Denver, AIAA-2011-1887, pp.1-11, 4 - 7 Apr 2011.

Furuya, Hiroshi; Mori, Osamu; Sawada, Hirotaka; Okuizum, Nobukatsu;Shirasawa, Yoji; Natori, Michihiro; Miyazaki, Yasuyuki; Matunaga,Saburo, "Manufacturing and Folding of Solar Sail "IKAROS"," 12th AIAAGossamer Systems Forum, Denver, AIAA-2011-1967, pp.1-4, 4 - 7 Apr2011.

Miyazaki, Yasuyuki; Shirasawa, Yoji; Mori, Osamu; Sawada, Hirotaka;Okuizumi, Nobukatsu; Sakamoto, Hiraku; Matunaga, Saburo; Furuya,Hiroshi; Natori, Michihiro, "Conserving Finite Element Dynamics ofGossamer Structure and Its Application to Spinning Solar Sail“IKAROS”," 52nd AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamicsand Materials Conference, Denver, AIAA-2011-2181, pp.1-17, 4 - 7 Apr2011.

Hiroshi Furuya, Yu Usuki, Yutaro Matsuo, "Wavelet Technique for DamageDetection of Space Membrane Structures," 52nd AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASCStructures, Structural Dynamics and Materials Conference, Denver,AIAA-2011-1955, pp.1-6, 4 - 7 Apr 2011.


佐藤泰貴、古谷 寛:宇宙用展開膜面のための収納方法の検討、日本機械学会オンラインジャーナル、日本機械学会論文集(C 編),77 巻 774号, pp.370-380, Feb., 2011.

Yasutaka Satou and Hiroshi Furuya, "Mechanical Properties of Z-FoldMembrane under Elasto-Plastic Deformation," Journal of SpaceEngineering, Japan Society of Mechanical Engineers, Vol.4. No.1,pp.14-26, 2011.

 2010年

澤田弘崇、森 治、奥泉信克、白澤洋次、宮崎康行、名取通弘、松永三郎、古谷 寛、坂本 啓:IKAROSセイル展開ミッションの軌道上結果について、2S06(JSASS-2010-4196),第54回宇宙科学技術連合講演会、pp.1-6, Nov.17-19, 2010.

古谷 寛、森 治、澤田弘崇、奥泉信克、ソーラーセイル展開膜の折りたたみ・収納方法、2S12(JSASS-2010-4202),第54回宇宙科学技術連合講演会、pp.1-4, Nov.17-19, 2010.

古谷 寛、臼木 優、松尾雄太郎、ウェーブレット変換を用いた宇宙用膜構造の損傷同定、2K17(JSASS-2010-4390),第54回宇宙科学技術連合講演会、pp.1-6, Nov.17-19, 2010.

上土井大助、古谷 寛、モジュール型インフレータブル大型宇宙構造物の構築方法、3B07(JSASS-2010-4422),第54回宇宙科学技術連合講演会、pp.1-5, Nov.17-19, 2010.

Hiroshi Furuya, Yu Usuki, and Yuta Matsuo, "Image Processing Techniquefor Damage Detection of Space Membrane Structures,'' 61stInternational Astronautical Congress, Pague, IAC-10.C2.5.10, pp.1-3,Sept.27-Oct.1, 2010.

Kosei Ishimura, Takeshi Akita, Hiroshi Furuya, Takashi Iwasa, KenjiMinesugi, Yoshiro Ogi, Atsuhiko Senba, "Prediction, Measurement andStabilization of Structural Deformation on Orbit,'' 61st InternationalAstronautical Congress, Prague, IAC-10.C2.5.12, pp.1-3, Sept.27-Oct.1,2010.

澤田弘崇、IKAROSデモンストレーションチーム,IKAROS構造専門部会:小型ソーラーセイル実証機(IKAROS)のセイル展開ミッション、日本機械学会、2010年度年次大会講演論文集 Vol5, S1901-1-3, 名古屋、pp. 363-364, Sept. 5-8, 2010.

佐藤泰貴, 古谷 寛:二次元展開膜巻きつけ折り畳みのための実験検討、日本機械学会、2010年度年次大会講演論文集 Vol5, S1903-1-5, 名古屋、pp. 391-392, Sept. 5-8, 2010.

青木隆平, 宮崎康行, 古谷 寛, 泉田 啓,岸本直子, 田博明, 樋口 健、 石村康生, 石澤淳一郎,酒井良次,渡邊秋人,川端信義,堀 利行,伊藤裕明,渡辺和樹,及川 祐,倉冨 剛:宇宙インフレータブル構造の宇宙実証-SIMPLE-,日本機械学会、2010年度年次大会講演論文集 Vol5, S1903-1-6, 名古屋、pp. 393-394, Sept. 5-8, 2010.

上土井大助、古谷 寛:100m級モジュール型宇宙構造物の構築方法の検討,日本機械学会、2010年度年次大会講演論文集 Vol5, S1903-2-3, 名古屋、pp. 399-400, Sept. 5-8, 2010.

Yasutaka SATOU and Hiroshi FURUYA, Folding Properties of Two-Dimensional Deployable Membrane Using FEM Analyses, TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN, Vol. 8 (2010) No. ists27 pp.Pc_23-Pc_28. (presented at the 27th ISTS, ISTS 2009-c-30, 2009)

Hirotaka SAWADA, Osamu MORI, Nobukatsu OKUIZUMI, Yoji SHIRASAWA, Hiraku SAKAMOTO, Hiroshi FURUYA, Saburo MATUNAGA, YasuyukiMIYAZAKI. Report on Deployment Solar Power Sail Mission of IKAROS, The Second International Symposium on Solar Sailing (ISSS 2010), New York, July 20-22, 2010.

Osamu Mori, Yuichi Tsuda, Hirotaka Sawada, Ryu Funase, Takayuki Yamamoto, Takanao Saiki, Katsuhide Yonekura, Hirokazu Hoshino, Hiroyuki Minamino, Tatsuya Endo, Junichiro Kawaguchi and IKAROS Demonstration Team, World’s First Demonstration of Solar Power Sailing by IKAROS, The Second International Symposium on Solar Sailing (ISSS 2010), New York, July 20-22, 2010.

Yoji Shirasawa, Osamu Mori, Nobukatsu Okuizumi, Hirotaka Sawada, Yasuyuki Miyazaki, Hiraku Sakamoto, Hiroshi Furuya, and Saburo Matsunaga, Analysis on Membrane Deployment Dynamics of solar power sail "IKAROS", The Second International Symposium on Solar Sailing (ISSS 2010), New York, July 20-22, 2010.

田中 宏明 (防衛大学校), スマート構造による超高精度システムの検証試験装置開発チーム, スマート構造の高精度宇宙構造への適用, 理論応用力学講演会, 2010.

佐藤 泰貴, 古谷 寛, 二次元展開膜の巻きつけ折り畳み過程における有限要素解析, 日本航空宇宙学会 第52回構造強度に関する講演会、鳥取、1A11 (JSASS-2010-3014), pp.31-33, July 21-23, 2010.

臼木 優, 古谷 寛, 松尾 雄太郎, 損傷を受けた大型膜面の時系列画像に対するウェーブレット変換, 日本航空宇宙学会 第52回構造強度に関する講演会、鳥取、1B08 (JSASS-2010-3026), pp.67-69, July 21-23, 2010.

横山 仁, 古谷 寛, 翼モデルにおけるフラッタ限界動圧近傍の理論解析による構造最適化の検討, 日本航空宇宙学会 第52回構造強度に関する講演会、鳥取、3B09 (JSASS-2010-3086), pp.248-250, July 21-23, 2010.

樋口 健,青木隆平,宮崎康行,荒木友太,古谷 寛,泉田 啓,岸本直子,角田博明,石村康生,石澤淳一郎, 酒井良次,渡邊秋人,川端信義,堀 利行,伊藤裕明,渡辺和樹,及川 祐,倉冨 剛, インフレータブル方式伸展マスト宇宙実証のための「きぼう」曝露部搭載実験装置の開発, 日本航空宇宙学会 第52回構造強度に関する講演会、鳥取、1A18 (JSASS-2010-3021), pp.52-54, July 21-23, 2010.

佐藤 泰貴, 古谷 寛, ガイドピンを用いた宇宙用大型膜収納機構におけるガイドピン最適配置の検討、第20回アストロダイナミクスシンポジウム、相模原、July 26-27, 2010. 白澤洋次、森 治、奥泉信克、澤田弘崇、宮崎康行、坂本 啓、古谷 寛、松永三郎、多粒子モデルによるソーラーセイル膜面挙動の解析、第20回アストロダイナミクスシンポジウム、相模原、July 26-27, 2010.

Y. Satou and H. Furuya, Design of Wrapping Fold Apparatus for Solar Sail Membrane, J-83, CD-Proc. of 6th China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM6), Kyoto, pp.1-2, June 16-19, 2010.

H. Furuya and Y. Yasuike, Effects of Cross-Sectional Deformation on Mechanical Properties of Inflatable Tubes, AIAA-2010-2752, DVD-Proc, 51st AIAA\-/ASME\-/ASCE\-/AHS\-/ASC Structures, Structural Dynamics, and Materials Conference, Orlando, pp.1-10, April 2010.

Y. Satou and H. Furuya, FEM Analyses for Wrapping Fold Model of Membrane Retracted by Guided-Pin Mechanisms, AIAA Paper 2010-2579, DVD-Proc, 11th AIAA Gossamer Spacecraft Forum, Orlando, pp.1-13, April 2010


佐藤泰貴、古谷 寛:二次元展開膜収納機構のための折り畳み解析、日本機械学会、第18回スペース・エンジニアリング・コンファレンス「SEC'09」、大岡山、pp.127-132, Jan. 29, 2010.

田中 宏明,秋田 剛,池田 忠繁,石田 良平,石村 康生,岩佐 貴史,岩田 稔,大久保博志,岡部 洋二,荻 芳郎,小木曽 望,坂本 啓,仙場 淳彦,花原 和之,樋口健,古谷 寛,高精度スマート構造チーム、次世代科学衛星のための高精度スマート構造システム、第10回宇宙科学シンポジウム、相模原、pp.1-, Jan. 7, 2010.

宮崎康行,青木隆平,岸本直子,古谷寛,池田忠繁,横関智弘,岡部洋二,石田良平,仙場淳彦,石村康生,樋口健,「先進軽量構造システム」研究チーム、生命維持空間の実現を目指した高圧インフレータブル構造 ―膜の強度を考慮した構造設計法―、第10回宇宙科学シンポジウム、相模原、pp.1-, Jan. 7, 2010.

宮崎康行,岸本直子,名取通弘,坂本啓,古谷寛,小木曽望,秋田剛,仙場淳彦,山川宏,目黒在,石村康生,樋口健,「先進軽量構造システム」研究チーム、超大型膜面構造物とそのアプリケーション、第10回宇宙科学シンポジウム、相模原、pp.1-, Jan. 7, 2010.

 2009年

佐藤泰貴,古谷 寛,ガイドピン機構を用いた二次元展開膜収納における巻きつけ折り畳み解析モデル,第25回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,pp.84-87, Dec. 4, 2009.

石村康生, 仙場淳彦, 岩佐貴史, 荻 芳郎, 秋田 剛, 古谷 寛, 峯杉賢治, トラス状支持構造の軌道上におけるポインティング機能の維持,第25回宇宙構造・材料シンポジウム,相模原,pp.136-139, Dec. 4, 2009.

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya: Retractability of Two-dimensional Deployable Membrane for Spinning Solar Sail, ISTS 2006-c-11, CD-Proc. of The 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu, pp.1-6, Jun. 2-6, 2008.

Atsuhiko Senba, Hiroshi Furuya: Optimal COnfiguratiojn for the self-identification of a two-dimensional variable geometry truss, , DOI 10.1007/s00158-009-0393-1, Springer, pp.1-13, Published online: 19 May 2009, Published printed: No.30, pp. Structural Multidisciplinary Optimization, 2009.

Atsuhiko Senba, Kosuke Oka, Morio Takahama, and HIroshi Furuya: Vibration Reduction by Natural Frequency Optimization for Manimulation of a Variable Geometry Truss, 8th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimization, June 1-5, 2009, Lisbon, Portugal, pp.1-8, 2009.

Atsuhiko Senba, Hiroshi Furuya, Morio Takahama: Optimal Self-identification of Adaptive Structures with Variable Geometric Parameters Using Particle Swarm Optimization Method, ISTS Special Issue: Selected papers from the 26th International Symposium on Space Technology and Science, Transactions of Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Space Technology Japan, pp.1-6, Vol. 7 (2009).

Takahira AOKI, Hiroshi FURUYA, Kosei ISHIMURA, Yasuyuki MIYAZAKI, Kei SENDA, Hiroaki TSUNODA, Ken HIGUCHI, Junichiro ISHIZAWA, Naoko KISHIMOTO, Ryoji SAKAI, Akihito WATANABE and Kazuki WATANABE, On-Orbit Verification of Space Inflatable Structures, TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, SPACE TECHNOLOGY JAPAN, Vol. 7 (2009) No. ists26 pp.Tc_1-Tc_5

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya: Folding Properties of Two-dimensional Deployable Membrane Using FEM Analyses, ISTS 2006-c-30, CD-Proc. of The 27th International Symposium on Space Technology and Science, Tsukuba, pp.1-4, July. 5-10, 2009.

稲村勇太、古谷 寛 ``対角方向の張力負荷により生じたしわを有する正方形膜の振動・減衰特性'', 日本航空宇宙学会 第51回構造強度に関する講演会、2A08, pp.130-132, 和歌山県立情報交流センター、July 22 - 24, 2009.

臼木 優、古谷 寛 ``張力が作用する宇宙用大型膜構造の亀裂が固有振動数・固有振動モードへ及ぼす影響'', 日本航空宇宙学会 第51回構造強度に関する講演会、2A09, pp.133-135, 和歌山県立情報交流センター、July 22 - 24, 2009.

佐藤泰貴、古谷 寛 ``有限要素法を用いた膜の折り畳み解析の検討'', 日本航空宇宙学会 第51回構造強度に関する講演会、3A02, pp.190-192, 和歌山県立情報交流センター、July 22 - 24, 2009.

安池優樹、古谷 寛 ``断面形状変形と圧縮応力を考慮したインフレータブルチューブの力学特性'', 日本航空宇宙学会 第51回構造強度に関する講演会、3A06, pp.202-204, 和歌山県立情報交流センター、July 22 - 24, 2009.

古谷 寛、安池優樹:曲げモーメントを受けるインフレータブルチューブの断面形状変化、第53回宇宙科学技術連合講演会、京都、pp.1513-1516, Sept.9-11, 2009.

佐藤泰貴、古谷 寛 ``ガイドピンを用いた大型膜折り畳みにおける滑りの定量的評価''、日本機械学会、2009年度年次大会講演論文集 Vol5, 盛岡、pp. 281-282, Sept. 13-16, 2009.

佐藤泰貴、古谷 寛 ``ガイドピン機構を用いた二次元展開膜収納における巻きつけ折り畳み解析モデル''、第25回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp. , Dec.5, 2009.

石村康生、仙場淳彦、岩佐貴史、荻 芳郎、秋田 剛、古谷 寛、峯杉賢治:トラス状支持構造の軌道上におけるポインティング機能の維持、第25回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp. , Dec.5, 2009.

田中 宏明,秋田 剛,池田 忠繁,石田 良平,石村 康生,岩佐 貴史,岩田 稔,大久保 博志,岡部 洋二,荻 芳郎,小木曽 望,坂本 啓,仙場 淳彦,花原 和之,樋口 健,古谷 寛,高精度スマート構造チーム、次世代科学衛星のための高精度スマート構造システム、第10回宇宙科学シンポジウム、相模原、pp.1-, Jan. 7, 2010.

宮崎康行,青木隆平,岸本直子,古谷寛,池田忠繁,横関智弘,岡部洋二,石田良平,仙場淳彦,石村康生,樋口健,「先進軽量構造システム」研究チーム、生命維持空間の実現を目指した高圧インフレータブル構造 ―膜の強度を考慮した構造設計法―、第10回宇宙科学シンポジウム、相模原、pp.1-, Jan. 7, 2010.

宮崎康行,岸本直子,名取通弘,坂本啓,古谷寛,小木曽望,秋田剛,仙場淳彦,山川宏,目黒在,石村康生,樋口健,「先進軽量構造システム」 研究チーム、超大型膜面構造物とそのアプリケーション、第10回宇宙科学シンポジウム、相模原、pp.1-, Jan. 7, 2010.

佐藤泰貴、古谷 寛:二次元展開膜収納機構のための折り畳み解析、日本機械学会、第18回スペース・エンジニアリング・コンファレンス「SEC'09」、大岡山、pp.127-132, Jan. 29, 2010.

佐藤泰貴,古谷寛:ガイドピンを用いた折り目形成における滑りの検討、第24回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.109-112, Dec.12, 2008.

安池優樹,古谷寛:曲げ荷重による断面形状変形を考慮したインフレータブルチューブの力学特性、第24回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.113-116, Dec.12, 2008.

臼木 優、古谷寛:張力が作用する宇宙用大型膜構造の固有振動数を用いた損傷同定、第24回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.129-132, Dec.12, 2008.

稲村勇太、古谷寛:しわを有する正方形膜の固有振動数推定とモード減衰特性、第24回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.133-136, Dec.12, 2008.

 2008年

吉田康敏、古谷 寛:簡易構成インフレータブルパネル構造の展開過程における形状特性の検討、第23回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.81-84, Nov.11, 2007.

佐藤泰貴,古谷寛:二次元展開ソーラーセイル膜面の自動折畳み機構における収納特性、第23回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.99-102, Nov.11, 2007.

青木隆平、石村康生、泉田 啓、角田博明、古谷 寛、宮崎康行、石澤淳一朗、岸本直子、樋口 健、酒井良次、渡邊秋人、渡辺和樹:宇宙インフレータブル構造の宇宙実証、日本学術会議・JAXA/ISAS 第24回宇宙利用シンポジウム、pp.98-99, 日本科学未来館、Jan. 17-18, 2008.

Atsuhiko Senba, Hiroshi Furuya, and M. Takahama: Adaptive Parameters Changing for Self-Identification of a Two- Dimensional Variable Geometry Truss, AIAA-2008-1800, CD-ROM Proc. 49th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Schaumburg, pp.1-13, April 7-10, 2008.

H. Furuya, Y. Yoshida, A. Senba, and I. Katagiri: Properties of Plainly Composed Inflatable Panels, AIAA-2008-2050, CD-ROM Proc. 49th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Schaumburg, pp.1-10, April 7-10, 2008.

H. Furuya and Y. Satou: Deployment and Retraction Mechanisms for Spinning Solar Sail Membrane, AIAA-2008-2051, CD-ROM Proc. 49th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Schaumburg, pp.1-10, April 7-10, 2008.

H. Furuya, Y. Satou, Y. Inoue, and T. Masuoka: Microstructure of Foldable Membrane fo Gossamer Spacecraft, CD-Proc. of Symposium on Deployable Structures and Biological Morphology (organized by H. Furuya and H. Kobayashi) of IASS-IACM2008, 6th Int. Conf. on Computation of Shell & Spatial Structures (ICCSSS), pp.14-17, May 28-31, Ithaca, 2008.

Atsuhiko Senba, Hiroshi Furuya, Morio Takahama: Optimal Self-identification of Adaptive Structures with Variable Geometric Parameters Using Particle Swarm Optimization Method, ISTS 2006-c-04, CD-Proc. of The 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu, pp.1-7, Jun. 2-6, 2008.

Takahira Aoki, Hiroshi Furuya, Kosei Ishimura, Yasuyuki Miyazaki, Kei Senda, Hiroaki Tsunoda, Ken Higuchi, Junichiro Ishizawa, Naoko Kishimoto, Ryoji Sakai, Kazuki Watanabe: On-Orbit Verification of Space Inflatable Structures, ISTS 2006-c-07, CD-Proc. of The 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu, pp.1-6, Jun. 2-6, 2008.

Yasutaka Satou, Hiroshi Furuya: Retractability of Two-dimensional Deployable Membrane for Spinning Solar Sail, ISTS 2006-c-11, CD-Proc. of The 26th International Symposium on Space Technology and Science, Hamamatsu, pp.1-6, Jun. 2-6, 2008.

Hiroshi Furuya and Jean Rodolphe Roche: Generalized Bifurcation Optimization Problemes for Dynamical SYstems, DR-J035, CD-Proc. of 5th China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM5), Jeju Island, pp.1-2, June 16-19, 2008.

A. Senba, K. Ohashi, and H. Furuya: Modal Identification of Truss Structures by Changing Stiffness Using Piezoelectric Actuator, AIAA Journal, Vol.46, No.7, pp. 1791-1802, July 2008.

古谷 寛、佐藤泰貴 ``超大型展開膜面の巻き込み収納に関する実験研究'', 第18回アストロダイナミクスシンポジウム、宇宙航空研究開発機構/宇宙科学研究本部、July 28 - 29, 2008.

安池優樹、古谷 寛 ``曲げ荷重を受けるインフレータブルチューブの断面形状変化に関する実験研究'', 日本航空宇宙学会 第50回構造強度に関する講演会、3A10, pp.199-201, 小倉、July 30 - Aug.1, 2008.

佐藤泰貴、古谷 寛 ``大型膜面折り畳みのためのガイドピンを用いた折り目形成'', 日本航空宇宙学会 第50回構造強度に関する講演会、3A17, pp.220-222, 小倉、July 30 - Aug.1, 2008.

稲村勇太、古谷 寛 ``対角方向の張力負荷により生じたしわを有する正方形膜の減衰特性'', 日本航空宇宙学会 第50回構造強度に関する講演会、3A19, pp.226-228, 小倉、July 30 - Aug.1, 2008.

佐藤泰貴、古谷 寛 ``ガイドピンを用いた収納機構による大型二次元展開膜面の折り畳み'', 日本機械学会2008年度年次大会講演論文集、横浜国立大学、Vol.5, pp. 329-330, Aug. 3-7, 2008.

仙場淳彦、古谷 寛 ``複数の可変構造パラメータを用いた柔軟片持ち梁の自己同定'', CD-ROM 日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2008、慶應義塾大学, pp. 1-6, Sept. 2-5, 2008.

古谷 寛、安池優樹:曲げモーメントを受けるインフレータブルチューブの断面形状変化、第52回宇宙科学技術連合講演会、淡路,pp.1-4, Nov.5-7, 2008.

 2007年

中原麻希子、古谷 寛:可収縮型インフレータブルチューブの力学特性による展開・収縮挙動の考察、第22回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.43-46, Dec.1, 2006.

吉田康敏、仙場淳彦、古谷 寛:単純貼り合わせ多角形インフレータブル構造の製造と収納・展開特性、第22回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.47-50, Dec.1, 2006.

川崎哲也、古谷 寛:リンクル解析のための異方性平板モデルで近似した折り目モデルの検討、第22回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.67-70, Dec.1, 2006.

仙場淳彦、大橋 郁、古谷 寛:可変剛性圧電デバイスを有する3次元適応トラス構造物の自己同定に基づくモデル修正法、第22回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.117-120, Dec.1, 2006.

Atsuhiko SENBA and Hiroshi FURUYA: Adaptive Noise Filtering with Variable Structural Parameters for Flexible Structures, Proc. of The 25th International Symposium on Space Technology and Science (Selected Papers), Japan Society for Aeronautical and Space Sciences and Organizing Committee of the 25th ISTS, ISTS 2006-c-09, Kanazawa, Jun. 4-11, pp.341-346, 2006.

岩佐貴史、名取通弘、樋口 健、古谷 寛:張力場要素で決まる膜面形状について、日本膜構造協会膜構造研究論文集2006, Vol.20, pp.43-49, 2006.

仙場淳彦、古谷 寛:可変構造パラメータを有する適応構造システムにおける可自己同定条件, 日本機械学会論文集 073巻728号C編, pp.1102-1109, April 2007.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: Transient Response Analysis with Extended Kalman Filter for Recursive Self-identification Using Semi-active Devices, AIAA-2007-2398, CD-ROM Proc. 48th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Waikiki, pp.1-8, April 23-26, 2007.

Hiroshi Furuya and Yuji Odaka, ``Robust Design Optimization of Plate Wing on Critical Dynamic Pressure in Higher Mode Flutter'', 7th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO), Seoul, oo.1-8, May 21-25, 2007.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya, ``Approximation Algorithms for Optimzal Geometry Changing in Self-identification of Two-dimensional Variable Geometry Truss'', 7th World Congress on Structural and Multidisciplinary Optimization WCSMO, Seoul, pp.1-7, May 21-25, 2007.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya, ``Implementation Algorithms for Self-identification of Adaptive Structures with Variable Geometric Properties,'' Journal title: Mechanical Systems and Signal Processing, Elsevier, on-line: http://dx.doi.org/10.1016/j.ymssp.2007.05.002, pp.1-14, Oct. 2007. published at Vol.22, pp.1-14, 2008.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya, ``Self-identification Experiments Using Variable Inertia Systems for Flexible Beam Structures,'' ASME Journal of Vibration and Acoustics, 2007. (to be published)

仙場淳彦、古谷 寛 ``可変構造パラメータを有する適応構造システムにおける可自己同定条件'', 機械学会論文集C編、Vol.73, No.728, pp.1102-1109, 2007.

古谷 寛、佐藤泰貴:ソーラーセイル展開膜面の折り畳み収納機構、アストロダイナミクスシンポジウム、July 22-23, 2007.

仙場淳彦、大橋 郁、古谷 寛 ``可変剛性特性による周波数応答振幅変化率に基づく適応トラス構造物のモデル更新'', 日本航空宇宙学会構造強度に関する講演会、3A05, pp.172-174, 福島、July 25-27, 2007.

中原麻希子、古谷 寛:可収縮型インフレータブルチューブの構造概念と展開特性、日本航空宇宙学会 構造強度に関する講演会、3A09, pp.184-186, 福島、July 25-27, 2007.

吉田康敏、古谷 寛、片桐 功:簡易構成インフレータブルパネルの展開挙動特性の検討、日本航空宇宙学会構造強度に関する講演会、3A12, pp.193-195, 福島、July 25-27, 2007.

仙場淳彦、大橋 郁、古谷 寛 ``3次元可変形状トラスの連続体モデルに基づく可変幾何特性を用いた自己同定'', 日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会講演論文集 Vol. 6、関西大学、J01-1204, pp.143-144, Sept. 9-12, 2007.

古谷 寛、佐藤泰貴 ``宇宙用展開膜面のための収納機構の検討'', 日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会講演論文集 Vol. 5、S74-4118, pp.381-382, 関西大学、Sept. 9-12, 2007.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya, Approximation Algorithms for Optimzal Geometry Changing in Self-identification of Two-dimensional Variable Geometry Truss'', Structural and Multidisciplinary Optimization, (under review)

Yasutaka Satou and Hiroshi Furuya, ``Folding Mechanisms Of Two-dimensional Deployable Membrane For Spinning Solar Sail'', 48th IAC, IAC-07-C2.2.06, pp.1-6, Hyderabad, Sept.24-28, 2007.

Hiroshi Furuya, Yasutoshi Yoshida and Isao Katagiri, ``A Concept of Plainly Composed Inflatable Panel Elements'', 48th IAC, IAC-07-C2.2.07, pp.1-5, Hyderabad, Sept.24-28, 2007.

Atsuhiko Senba, Kaoru Ohashi and Hiroshi Furuya, ``Modal Parameters Identification of Variable-Stiffness Adaptive Structures GBased on Rate of Change in Frequency Response Amplitude'', 48th IAC, IAC-07-C2.5.03, pp.1-8, Hyderabad, Sept.24-28, 2007.

佐藤泰貴,古谷寛:ソーラーセイル展開膜面のための収納機構の試作、第51回宇宙科学技術連合講演会、2K07, CD-ROM, pp.1-4, Oct.29-31, 2007.

古谷寛,吉田康敏,仙場淳彦,片桐功:簡易構成インフレータブルパネル構造要素の力学特性、第51回宇宙科学技術連合講演会, CD-ROM, 2K11, pp.1-5, Oct.29-31, 2007.

仙場淳彦,古谷寛、可変形状トラスの自己同定における構造パラメータ最適化第、51回宇宙科学技術連合講演会, CD-ROM, 3K08, pp.1-6, Oct.29-31, 2007.

仙場淳彦、古谷 寛:可変構造パラメータを有する適応構造システムにおける自己同定可能性指標, 機械学会論文集C編、2007/11月号, 73巻, 735号, pp.2940-2947.

Takadama, K., Hattori, K. Murata, S, and Furuya, H., ``Towards Fault Tolerant of Space Solar Power Satellite: Challenge Issues and Applicability of Distributed Fault Diagnosis,'' The First International Conference on Robot and Artificial Intelligence, pp. 22-31, 2007.

 2006年

石川博規、目黒 在、古谷 寛:結合誤差がモジュール構造の展開特性に与える影響、日本航空宇宙学会論文集、Vol.53, No.622, pp.498-502, 2005.

仙場淳彦、古谷 寛:柔軟梁におけるモード特性同定のための可変剛性を用いたノイズ分離、第21回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.32-35, Dec. 5, 2005.

中原麻希子、古谷 寛,村田 智,高玉圭樹:インフレータブル・テンセグリティ構造モデルの展開特性、第21回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.48-51, Dec. 5, 2005.

片桐 功、古谷 寛:二次元展開膜面のためのインフレータブル要素の構成、第21回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.64-67, Dec. 5, 2005.

井上陽介、古谷 寛:二次元膜面のスピン展開動特性の評価、第21回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.72-75, Dec. 5, 2005.

仙場淳彦、古谷 寛:二次元適応構造物における可変幾何パラメータを用いた自己システム同定,日本航空宇宙学会宇宙技術,Vol.5, pp.1-7, Jan., 2006.

岩佐貴史、名取通弘、樋口 健、古谷 寛:矩形膜のリンクリング現象に関する実験とその数値解析、日本膜構造協会膜構造研究論文集, pp.1-7, 2005.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: Noise Separation Experiment for Flexible Structures Using Variable Mass, AIAA-2006-1659, CD-ROM Proc. 47th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Newport, pp.1-7, May 1-4, 2006.

Hiroshi Furuya, Yosuke Inoue: Dynamic Properties of Rotationally Skew Fold membrane for Spinning Solar Sail, AIAA-2006-1980, CD-ROM Proc. 47th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Newport, pp.1-11, May 1-4, 2006.

Hiroshi Furuya, Makiko Nakahara, Satoshi Murata, Daisuke Jodoi, Yuzuru Terada, and Keiki Takadama: Concept of Inflatable Tensegrity for Large Space Structures, AIAA-2006-1700, CD-ROM Proc. 47th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Newport, pp.1-9, May 1-4, 2006.

Atsuhiko SENBA and Hiroshi FURUYA: Adaptive Noise Filtering with Variable Structural Parameters for Flexible Structures, 25th International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), ISTS 2006-c-09, Kanazawa, pp.1-6, Jun. 4-11, 2006.

Hiroshi Furuya and Makiko Nakahara: A Concept of Retractable Inflatable Tubes, 25th International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), ISTS 2006-c-15, Kanazawa, pp.1-3, Jun. 4-11, 2006.

片桐 功、古谷 寛:変形を考慮した単純貼り合わせ多角形インフレータブル構造、日本航空宇宙学会 第48回構造強度に関する講演会、2A03, pp.102-104, 神戸、July 26-28, 2006.

中原麻希子、古谷 寛:伸展・収縮可能なインフレータブルチューブの構造概念、日本航空宇宙学会 第48回構造強度に関する講演会、2A06, pp.111-113, 神戸、July 26-28, 2006.

井上陽介、古谷 寛:スピン展開実験による二次元ソーラーセイル膜面の展開動特性の検討、日本航空宇宙学会 第48回構造強度に関する講演会、2A07, pp.114-116、神戸、July 26-28, 2006.

仙場淳彦、古谷 寛:適応構造システムにおけるモード拡張法を用いた自己同定のためのセンサ配置、日本航空宇宙学会 第48回構造強度に関する講演会、3A15, pp.279-281、神戸、July 26-28, 2006.

Hiroshi Furuya and Yosuke Inoue, Dynamic Properties of Two-dimensional Deployable Membrane with Rotationally Skew Fold for Spinning Solar Sail, JAXA/ISAS 16th Workshop on Astrodynamics and Flight Mechanics, C-16, Aug. 1-2, Sagamihara, pp.1-, 2006.(古谷寛、井上陽介:ソーラーセイル膜面の二次元スピン展開実験による展開動特性の推定、第16回アストロダイナミクスシンポジウム、宇宙科学研究本部、相模原)

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya, Parameter Identification in Multibody Structures With Adaptive Subsystems, A00648, CD-ROM Proc. of The 3rd Asian Conference on Multibody Dynamics 2006, Komaba, August 1-4, pp.1-6, 2006.

仙場淳彦、古谷 寛:可変構造パラメータを有する適応構造システムにおける可自己同定条件、日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2006(D\&D2006) CD-ROM, 248, 名古屋、pp.1-6, Aug.6-9, 2006.

仙場淳彦、古谷 寛:可変構造パラメータを有する適応構造システムにおける自己同定可能性指標、日本機械学会 2006年度年次大会講演論文集, 2109, Vol.6、熊本、pp.91-92, Sept.17-19, 2006.

Hiroshi Furuya, Makiko Nakahara, Satoshi Murata, and Keiki Takadama, Deployment Characteristics of Multi-Cellular Inflatable Tubes, CD-ROM Proc. 57th International Astronautical Congress(IAC), IAC-06-C2.2.10, Valencia, pp.1-5, Oct.2-7, 2006.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya, Controllability and Observability of Modal Characteristics for Self-Identification of Adaptive Structures, CD-ROM Proc. 57th International Astronautical Congress(IAC), IAC-06-C2.5.10, Valencia, pp.1-10, Oct.2-7, 2006.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya, Self-Identification Experiments Using Variable Inertia Systems For Flexible Beam Structures, CD-ROM Proceedings of IMECE2006, 2006 ASME International Mechanical Engineering Congress and Exposition, IMECE2006-14286, ASME Adaptive Materials and System Symposium, Chicago, Illinois, USA, pp.1-9, Nov.5-10, 2006.

Hiroshi Furuya and Yuji Odaka: Robust Design of Plate Wing to Minimize Total Mass Under Constraints of Critical Dynamic Pressure Considering Bifurcation in Higher Mode Flutter, CJK-OSM4, Kunming, Nov.5-9, pp.321-326, 2006.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: Optimal Control of Variable Systems for Self-identification by Observation of Modal Sensitivities, CJK-OSM4, Kunming, Nov.5-9, pp.587-592, 2006.

片桐 功、古谷 寛、中原麻希子:単純貼り合わせインフレータブルインフレータブル展開膜面の展開実験、日本航空宇宙学会 第50回宇宙科学技術連合講演会、3E08, pp.1709-1713, 北九州、Nov.8-10, 2006.

中原麻希子、古谷 寛:可収縮型なインフレータブルチューブの構造特性が展開・収縮に及ぼす影響、日本航空宇宙学会 第50回宇宙科学技術連合講演会、3E10, pp.1720-1725, 北九州、Nov.8-10, 2006.

中原麻希子、古谷 寛、村田智、高玉圭樹:マルチセルインフレータブルチューブを用いたテンセグリティ構造モデルの試作、日本航空宇宙学会 第50回宇宙科学技術連合講演会、3E12, pp.1732-1735, 北九州、Nov.8-10, 2006.

石川博規、古谷 寛:地上試験評価を考慮した展開宇宙構造物の構造設計に関する研究、日本航空宇宙学会論文集、Vol.54, No.633, pp.448-454, 2006.

 2005年

宮崎陽子、古谷 寛:任意形状を有する一次元展開膜面構造物の展開解析、第20回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.70-73, Oct.15, 2004.

井上陽介、古谷 寛:二次元膜面のスピン展開実験による展開相似パラメータの検討、第20回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.74-77, Oct.15, 2004.

仙場淳彦、古谷 寛:ノイズを含むデータを用いた周波数領域における自己システム同定、第20回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.85-88, Oct.15, 2004.

上土井大助,寺田 弦、村田 智,古谷寛,高玉圭樹:膜面・トラス展開モジュールの自動組み立てによる大規模宇宙構造物の構築、第20回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙航空研究開発機構、相模原、pp.54-57, Oct.15, 2004.

井上陽介、古谷 寛:二次元膜面のスピン展開相似パラメータの検討、日本機械学会、第13回スペース・エンジニアリング・コンファレンス「SEC'04」、pp.69-74, Jan. 21, 2005.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: Frequency Domain Self-Identification with Variable Structural Parameters Using Impulse Response, AIAA-2005-1840, CD-ROM Proc. 46th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Austin, pp.1-12, April 17-21, 2005.

Hiroshi Furuya, Yosuke Inoue, and Tadashi Masuoka: Deployment Characteristics of Rotationally Skew Fold Membrane for Spinning Solar Sail, AIAA-2005-2045, CD-ROM Proc. 46th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Austin, pp.1-10, April 17-21, 2005.

Y. Miyazaki, H. Furuya, S. Murata and K. Takadama: Effects of Initial Configuration on Large Deformation Analysis for One-Dimensional Deployable Membrane, AIAA-2005-2046, CD-ROM Proc. 46th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Austin, pp.1-11, April 17-21, 2005.

宮崎陽子、古谷 寛:初期形状を考慮した梁の二次元大変形解析、日本航空宇宙学会論文集、Vol.53, No.618, pp.308-315, July, 2005.

Yuji Odaka and Hiroshi Furuya: Robust Structural Optimization of Plate Wing Corresponding to Bifurcation in Higher Mode Flutter, Structural and Multidisciplinary Optimization, DOI 10.1007/s00158-005-0538-9, Springer, pp.1-10, Published online: 23 Aug. 2005, Published printed: No.30, pp.437-446, 2005.

小高雄二、古谷 寛:フラッタモードの飛び移りを考慮した平板翼のロバスト最適化、日本航空宇宙学会 第47回構造強度に関する講演会、1A3, pp.6-8, 金沢、July 20-22, 2005.

仙場淳彦、古谷 寛:可変幾何パラメータを用いた2次元適応構造物における自己システム同定、日本航空宇宙学会 第47回構造強度に関する講演会、3A1, pp.204-206, 金沢、July 20-22, 2005.

岩佐貴史、名取通弘、樋口 健、古谷 寛:リンクルに関する実験とその数値解析、日本航空宇宙学会 第47回構造強度に関する講演会、3A9, pp.228-230, 金沢、July 20-22, 2005.

古谷 寛、村田 智、上土井大助、寺田 弦、高玉 圭樹:インフレータブル・テンセグリティの構造特性、日本航空宇宙学会 第47回構造強度に関する講演会、3A13, pp.240-242, 金沢、July 20-22, 2005.

井上陽介、古谷 寛:二次元展開膜面における展開相似パラメータの実験的考察、日本航空宇宙学会 第47回構造強度に関する講演会、3A19, pp.257-259, 金沢、July 20-22, 2005.

井上陽介、古谷 寛:スピン展開ソーラーセイル膜面の展開動特性の実験的考察、アストロダイナミクスシンポジウム、July 25-26, 2005.

古谷 寛、小高雄二:最適化過程における高次フラッタモード分岐を考慮した平板翼のロバスト最適化、日本機械学会、第15回設計工学・システム部門講演会、1106, pp.43-44, 札幌、Aug. 3-5, 2005.

小高雄二、古谷 寛:高次フラッタモードの分岐を考慮した平板翼のロバスト最適設計、日本機械学会 2005年度年次大会講演論文集, Vol.6、612, 調布、pp.49-50, Sept.19-22, 2005.

仙場淳彦、古谷 寛:可変幾何パラメータを用いる自己システム同定の概念に基づく構造行列同定、日本機械学会 2005年度年次大会講演論文集, Vol.6、1717, 調布、pp.179-180, Sept.19-22, 2005.

Yosuke Inoue and Hiroshi Furuya: Preliminary Experiments on Dynamic Properties of Deployable Spinning Membrane, CD-ROM Proc. 56th International Astronautical Congress(IAC), IAC-05-C2.P.19, Fukuoka, pp.1-7, Oct.17-21, 2005.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: A Concept of Self-Identification of Adaptive Structures with Variable Geometric Properties, CD-ROM Proc. 56th International Astronautical Congress(IAC), IAC-05-C2.4.05, Fukuoka, pp.1-7, Oct.17-21, 2005.

Satoshi Murata, Hiroshi Furuya, Daisuke Jodoi, Keiki Takadama, and Yuzuru Terada: Conceptual Study on Inflatable Tensegrity Module for Large Scale Space Structures and its Robotic Assembly, CD-ROM Proc. 56th International Astronautical Congress(IAC), IAC-05-D1.1.01, Fukuoka, pp.1-8, Oct.17-21, 2005.

井上陽介、古谷 寛:スピン展開型ソーラーセイルのためのテザーによる二次元膜面展開機構、日本航空宇宙学会 第49回宇宙科学技術連合講演会、2C04, 広島、Nov. 9-11, pp.599-604, 2005.

古谷 寛、中原麻希子、村田 智,上土井大助,寺田 弦、高玉圭樹:インフレータブル・テンセグリティ構造モジュールによる展開構造物の試作, 日本航空宇宙学会 第49回宇宙科学技術連合講演会、2C16, 広島、Nov.9-11, pp.660-664, 2005.

仙場淳彦、古谷 寛:可変構造パラメータを用いた周波数領域ノイズ分離、日本航空宇宙学会 第49回宇宙科学技術連合講演会、1E10, 広島、Nov. 9-11, pp.301-306, 2005.

服部聖彦,高玉圭樹,村田 智,古谷 寛,上野浩史,稲葉典康,小田光茂:宇宙太陽発電衛星における自律分散型故障診断システム、日本航空宇宙学会 第49回宇宙科学技術連合講演会、2E14, 広島、Nov. 9-11, pp.820-825, 2005.

石川博規、古谷 寛:地上試験評価を考慮した大型展開構造物の構造設計、日本機械学会、第14回スペース・エンジニアリング・コンファレンス「SEC'05」、C2、pp.7-11, Dec. 16, 2005.

井上陽介、古谷 寛:回転二重波折りをなす二次元ソーラーセイル膜面のスピン展開動特性、日本機械学会、第14回スペース・エンジニアリング・コンファレンス「SEC'05」、C4、pp.63-67, Dec. 16, 2005.

 2004年

升岡 正、古谷 寛:ソーラーセイル膜面の折りたたみパターンと展開特性の実験的考察、宇宙構造材料シンポジウム、宇宙科学研究所、相模原、pp.71-74, Nov.7, 2003.

仙場淳彦、古谷 寛:可変パラメータの効果を考慮した可変行列同定法による自己システム同定、宇宙構造材料シンポジウム、宇宙科学研究所、相模原、pp.32-35, Nov.7, 2003.

小高雄二、古谷 寛:超音速フラッタ限界動圧向上のための平板翼の最適化におけるフラッタモードの跳び移り現象、第53回理論応用力学講演会、2F10, pp.353-354, 東京、Jan. 27-29, 2004.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: System Identification of Adaptive Gyroscopic Damper System Using Sensitivity Analysis, Transactions of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol.47, No.155, pp.30-37, May, 2004.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: Variable Matrices Method for Self-identification of Adaptive Gyroscopic Structure Systems, AIAA-2004-1980, CD-ROM Proc. 45th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Palm Springs, pp.1-16, April 18-22, 2004.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: Limitation of Identifiability on Variable Matrices Method for Self-identification, International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), ISTS 2004-c-06, Miyazaki, pp.1-6, May 31-Jun.4, 2004.

古谷 寛、升岡 正、井上陽介:スピン展開ソーラーセイル膜面のための回転二重波折りパターンと基本展開特性、第14回アストロダイナミクスシンポジウム講演集、pp.13-18, July 26-27, 2004.

小高雄二、古谷 寛:平板翼の構造最適化における高次フラッターモードの影響、日本航空宇宙学会 第46回構造強度に関する講演会、1A6, pp.16-18, 八戸、Aug. 4-6, 2004.

升岡 正、古谷 寛:スピン展開ソーラーセイル膜面のための回転二重波折りパターンの提案とその展開実験、日本航空宇宙学会 第46回構造強度に関する講演会、3A2, pp.164-166, 八戸、Aug. 4-6, 2004.

宮崎陽子、古谷 寛:初期曲率を有する一次元展開膜面の大変形解析、日本航空宇宙学会 第46回構造強度に関する講演会、八戸、3A10, pp.188-190, Aug. 4-6, 2004.

阿久津義尚、古谷 寛:交差する折り目を有する膜面の力学特性、日本航空宇宙学会 第46回構造強度に関する講演会、3A11, pp.191-193, 八戸、Aug. 4-6, 2004.

仙場淳彦、古谷 寛:インパルス応答時刻歴を用いた可変行列同定法による適応構造の自己システム同定、日本航空宇宙学会 第46回構造強度に関する講演会、3A15, pp.203-205, 八戸、Aug. 4-6, 2004.

Hiroshi Furuya, Hiromichi Ohira, and Nozomu Kogiso: Shape Optimization of Piezo-ceramics Actuator on Displacement Magnification Mechanism, AIAA-2004-4340, Albany, CD-ROM Proc. 10th AIAA/ISSMO Multidisciplinary Analysis and Optimization Conference, New York, pp. 1-7, Aug. 30-Sept. 1, 2004.

古谷 寛、升岡 正:回転二重波折りソーラーセイル膜面のスピン展開特性、日本機械学会 2004年度年次大会講演論文集Vol.5、札幌、pp.441-442, Sept.6-9, 2004.

仙場淳彦、古谷 寛:可変慣性モーメントを用いた適応型ジャイロシステムにおける自己システム同定、日本機械学会 2004年度年次大会講演論文集Vol.6、札幌、pp.269-270, Sept.6-9, 2004.

仙場淳彦、古谷 寛: モード空間における角運動量変化を用いた自己システム同定、CD-ROM 日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2004(D&D2004), 東京、pp.1-6, Sept.27-30, 2004.

Hiroshi Furuya and Tadashi Masuoka: Concept of Rotationally Skew Fold Membrane For Spinning Solar Sail, CD-ROM Proc. 55th International Astronautical Congress (IAC), IAC-04-I.1.05 , Vancouver, pp.1-5, Oct.4-8, 2004.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: Identification Technique Using Variable Structural Parameters, 55th International Astronautical Congress (IAC), IAC-04-I.4.09, Vancouver, pp.1-8, Oct.4-8, 2004.

仙場淳彦、古谷 寛:可変行列同定法による適応構造物における自己システム同定の同定可能性と同定限界、日本航空宇宙学会論文集、Vol.52, No.609, pp.479-486, 2004.

Yuji Odaka and Hiroshi Furuya: Structural Optimization of Plate Wing Corresponding to Bifurcation in Higher Mode Flutter, The 3rd China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM3), Kanazawa, pp.191-196, Oct.29-Nov.3, 2004.

Atsuhiko Senba and Hiroshi Furuya: Optimum Strategies for Self-identification with Adaptove Structure Systems, The 3rd China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM3), Kanazawa, pp.365-370, Oct.29-Nov.3, 2004.

Hiroshi Furuya and Hiromichi Ohira: Shape Optimization on Displacement Magnification Mechanisms of PZT Actuators, The 3rd China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM3), Kanazawa, pp.409-414, Oct.29-Nov.3, 2004.

古谷 寛、井上陽介、升岡 正:スピン展開型ソーラーセイル膜面の折り畳みと展開特性、日本航空宇宙学会 第48回宇宙科学技術連合講演会、福井、pp.784-787, Nov. 4-6, 2004.

上土井大助,村田 智,古谷寛,高玉圭樹:インフレータブルモジュールを用いた宇宙構造物:宇宙太陽発電衛星の自動組み立て・保守システムに向けて, 日本航空宇宙学会 第48回宇宙科学技術連合講演会、福井、pp.754-756, Nov. 4-6, 2004.

仙場淳彦、古谷 寛:ノイズを含むインパルス応答データを用いた可変構造パラメータによる自己システム同定、日本機械学会、第17回計算力学講演会, 仙台、pp.749-750, Nov.18-20, 2004.

小澤 悟,古谷 寛:スマート構造システムのフィードバック線形化を用いた最適化法,第47回自動制御連合講演会,pp.1-4, 千葉,Nov. 26-27, 2004.

K. Hattori, K. Takadama, S. Murata, H. Furuya, H. Ueno, and M. Oda, ``Theoretical Analysis of Distributed Fault Diagnosis in a Space Solar Power Satellite,'' Human and Artificial Intelligence Systems, International Series of Natural and Artificial Intelligence, pp.347-353, 2004.

 2003年

最適設計ハンドブック - 基礎・戦略・応用 -、 (執筆分担)、朝倉書店、2003.

かたちの事典、(執筆分担)、丸善、2003.

Hiroshi FURUYA, Saburo Matunaga, and Nozomu Kogiso: Requirements and Feasibility of Magnesium Alloys for Aerospace Applications, 2nd International Conference on ”Platform Science and Technology for Advanced Magnesium Alloys," PSTAM2003, pp.261-263, Jan. 26-30, Osaka, 2003.

Hiroshi FURUYA, Isao FUKUCHI, Nozomu KOGISO, and Saburo MATUNAGA: Optimum Design of Plate Wing With Magnesium Alloys on Supersonic Flutter Characteristics and Structural Mass, 2nd International Conference on ``Platform Science and Technology for Advanced Magnesium Alloys,'' PSTAM2003, pp.207-212, Jan. 26-30, Osaka, 2003.

Saburo Matunaga, Hirotaka Sawada, Hiroshi Furuya, and Nozomu Kogiso: Lessons Learned From Small Space Systems Development Using Magnesium Alloys, 2nd International Conference on ``Platform Science and Technology for Advanced Magnesium Alloys,'' PSTAM2003, pp.213-218, Jan. 26-30, Osaka, 2003.

Nozomu Kogiso, Saburo Matunaga, and Hiroshi Furuya: Reliability and Optimum Design of Structures with Magnesium Alloys, 2nd International Conference on ``Platform Science and Technology for Advanced Magnesium Alloys,'' PSTAM2003, pp.219-224, Jan. 26-30, Osaka, 2003.

Hiroshi FURUYA and Atsuhiko SENBA: Self-identification With Adaptive Gyroscopic Damper System Using Sensitivity Analyses, AIAA 2003-1723, CD-ROM Proc. 44th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Norfolk, pp.1-9, April 7-10, 2003.

Hiroshi FURUYA, Yoko MIYAZAKI, and Hiroyasu Takeuchi: Deployment Characteristics of Creased Membrane for Solar Sail on Geometrical Configuration and Fold Pattern, AIAA 2003-1908, CD-ROM Proc. 44th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Gossamer Spacecraft Forum, Norfolk, pp.1-7, April 7-10, 2003.

Hiroshi FURUYA and Yuji ODAKA: Optimization Algorithms Based on Sensitivity Analysis for Designing Plate Wing on Supersonic Flutter, Short Papers of the 5th World Congress of Structural Multidiscipinary Optimization (WCSMO-5), Lido di Jesolo, Italy, pp.71-72, May 19-23, 2003.

古谷 寛、宮崎陽子、竹内啓泰:ソーラーセイル展開膜構造の展開特性と推進効率、アストロダイナミクスシンポジウム、宇宙科学研究所、B-6, pp.1-6, July 28-29, 2002.

古谷 寛、宮崎陽子:ソーラーセール展開膜構造の遠心力展開地上実験について、第1回ソーラーセール小研究会、宇宙科学研究所、pp.1-6, Nov. 7, 2002.

宮崎陽子、古谷 寛:折り目領域に貼り付けた圧電フィルムによる膜面形状制御特性、第18回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙科学研究所、pp.81-84, Nov. 8, 2002.

家中芳浩、古谷 寛:一次元展開膜面の振動に及ぼす折り目の影響、第18回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙科学研究所、pp.85-88, Nov. 8, 2002.

飯島健太、古谷 寛:一体成形型インフレータブル構造物の展開実験、第18回宇宙構造・材料シンポジウム、宇宙科学研究所、pp.97-100, Nov. 8, 2002.

仙場淳彦、古谷 寛:可変構造パラメータを用いた適応構造物における自己システム同定、日本航空宇宙学会 第45回構造強度に関する講演会、豊橋、1A13, pp.36-38, July 30 - Aug. 1, 2003.

飯島健太、古谷 寛:膜面・インフレータブルチューブ一体成形構造物の提案と展開過程における内圧と展開形状の関係、日本航空宇宙学会 第45回構造強度に関する講演会、豊橋、2A1, pp.78-80, July 30 - Aug. 1, 2003.

宮崎陽子、古谷 寛:有限長折り目モデルを用いた圧電フィルムによる膜面の形状制御特性、日本航空宇宙学会 第45回構造強度に関する講演会、豊橋、2A5, pp.90-92, July 30 - Aug. 1, 2003.

仙場淳彦、古谷 寛:適応構造物における自己システム同定の概念に基づく構造マトリク同定, 日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(I)、徳島、S02-328, pp.89-90, Aug. 5-8, 2003.

古谷 寛、大平博道:ピエゾアクチュエータ変位拡大機構への形状最適化の適用, 日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(VI)、徳島、J01-110, pp.19-20, Aug. 5-8, 2003.

小高雄二、古谷 寛:理論感度解析を用いた超音速フラッタ限界動圧向上のための平板翼の構造最適化, 日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(VI)、徳島、J01-117、pp.33-34, Aug. 5-8, 2003.

古谷 寛、升岡 正:ソーラーセイiル展開膜面の折り畳みパターンと展開特性、宇宙科学技術連合講演会, 新潟、CD-ROM, 3F4, pp.1-4, Nov.17-19, 2003.

阿久津義尚、古谷 寛:膜面制御用圧電フィルムの基本特性に関する実験、宇宙科学技術連合講演会, 新潟、CD-ROM, 1G7, pp.1-4, Nov.17-19, 2003.

古谷 寛、飯島健太:膜面・インフレータブルチューブ一体成形構造物の展開特性、宇宙科学技術連合講演会, 新潟、CD-ROM, 2G10, pp.1-4, Nov.17-19, 2003.

仙場淳彦、古谷 寛:可変行列同定法による同定精度に対する可変パラメータの効果、日本機械学会、計算力学力学講演会、神戸、723、pp.637-638, Nov.22-24, 2003.

 2002年

Hiroshi FURUYA and Isao FUKUCHI: Structural Optimization of Plate Wing With Magnesium Alloys For Supersonic Flutter, 4th Pacific Rim International Conference on Advanced Materials and Processing (PRICM4), Honolulu, pp.1303-1306, Dec. 11-15, 2001.

Satoru OZAWA and Hiroshi FURUYA: Feedback Linearization Technique in Variable Inertia Systems, Transactions of The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences, Vol.45, No.147, pp.1-9, May, 2002.

Hiroshi FURUYA and Isao FUKUCHI: Simultaneous Optimization of Plate Wing on Supersonic Flutter Characteristics and Structural Mass, AIAA 2002-1482, CD-ROM Proc. 43rd AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Denver, pp.1-6, April 22-25, 2002.

Hiroshi FURUYA, Yoko MIYAZAKI, and Yoshihisa AKUTSU: Experiments on Static Shape Control of One-dimensional Creased Membrane by Piezoelectric Films, AIAA 2002-1377, CD-ROM Proc. 43rd AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Gossamer Spacecraft Forum, Denver, pp.1-6, April 22-25, 2002.

Hiroshi FURUYA, and Atsuo KOBORI: Experiments on Vibration Suppression of Flexible Beams with Adaptive Gyroscopic System, International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), ISTS 2002-c-37, Matsue, pp.1-4, May 26-Jun. 2, 2002.

Atsuhiko SENBA: System Identification of Adaptive Gyroscopic Damper System Using Sensitivity Analysis, 23rd International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), ISTS 2002-s-10, Matsue, pp.1-7, May 26-Jun. 2, 2002.

Hiroshi FURUYA, Isao FUKUCHI, and Nozomu KOGISO: Evolutionary Optimization for Simultaneous Design on Supersonic Flutter and Structural Mass, AIAA 2002-5659, CD-ROM Proc. 9th AIAA/NASA/USAF/ISSMO Symposium on Multidisciplinary Analysis and Optimization, Atlanta, pp.1-6, Sept. 4-6, 2002.

Hiroshi FURUYA and Atsuhiko SENBA: Conceptual Study on Gyroscopic Damper System for Structural Identification, IAC-02-I.4.06, 53rd International Astronautical Federation(IAF), Houston, pp.1-7, Oct.10-19, 2002.

Hiroshi FURUYA and Isao FUKUCHI, Multi-objective Optimization of Aeroelastic Plate Wing by Evolutionary Optimization Algorithms, The Second China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM 2), TS 22-2, Busan, pp.657-662, , Nov.4-9, 2002.

Hiroshi FURUYA, Hiromichi OHIRA and Koichi TOMURO, Structural Analysis of Piezo-Ceramics Actuator on Displacement Magnification Mechanisms for Applying Optimization Techniques, The Second China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM 2), TS 26-2, Busan, pp.755-760, Nov.4-9, 2002.

小澤 悟、古谷 寛:ファジィによる不確定システムのモデル化とその信頼性を考慮した制御、日本機械学会論文集 67巻664号C編, pp.3863-3868, Sept. 2001.

福地勲男、古谷 寛:フラッタ特性向上のための構造最適化における目的関数と制約条件の検討, 日本機械学会、第14回計算力学講演会, 札幌, pp.503-504, Nov. 28-30, 2001.

片岡淳一、古谷 寛:折り目を含む展開膜面の動的挙動解析、第17回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.21-24, Oct. 26, 2001.

宮崎陽子、古谷 寛、阿久津義尚:折り目近傍に配置した圧電フィルムによる一次元展開膜面の形状制御実験、第17回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.25-28, Oct. 26, 2001.

竹内啓泰、古谷 寛:膜面の折りたたみパターンと展開形状に関する実験、第17回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.29-32, Oct. 26, 2001.

松永三郎, 古谷 寛, 小木曽 望:マグネシウムの超小型衛星への応用実例と課題, 日本金属学会講演概要(2002年春季大会)、S2-23, pp.77-77, March 28-30, 2002.

小木曽 望, 古谷 寛, 松永三郎:マグネシウムによる構造物の信頼性と最適設計, 日本金属学会講演概要(2002年春季大会)、S2-24,pp.77-77, March 28-30, 2002.

仙場淳彦、古谷 寛:適応型ジャイロシステムを応用した感度解析に基づく構造同定、日本航空宇宙学会 第44回構造強度に関する講演会、松山、1A13, pp.36-38, July 24-26, 2002.

阿久津義尚、古谷 寛:折り目のある一次元膜面の圧電フィルムによる形状制御の基礎実験、日本航空宇宙学会 第44回構造強度に関する講演会、松山、1A16, pp.45-47, July 24-26, 2002.

古谷 寛、宮崎陽子、竹内啓泰:ソーラーセイル展開膜面の折り目パターンと基本展開特性、日本航空宇宙学会 第44回構造強度に関する講演会、松山、2A2, pp.119-121, July 24-26, 2002.

片岡淳一、古谷 寛:折り目を有する展開膜面の応力解析に基づくしわの研究、日本航空宇宙学会 第44回構造強度に関する講演会、松山、2A3, pp.122-124, July 24-26, 2002.

福地勲男、古谷 寛:平板翼の超音速フラッタ特性を考慮した構造最適解の力学特性、日本航空宇宙学会 第44回構造強度に関する講演会、松山、3A6, pp.226-228, July 24-26, 2002.

松永三郎、古谷 寛:小型宇宙システムへのマグネシウム合金の適用効果、日本航空宇宙学会 第44回構造強度に関する講演会、松山、3A8, pp.232-234, July 24-26, 2002.

古谷 寛、宮崎陽子、竹内啓泰:ソーラーセイル展開膜構造の展開特性と推進効率、アストロダイナミクスシンポジウム、宇宙科学研究所、相模原、B-6, pp. 1-6, July 29-30, 2002.

大平博道、古谷 寛:ピエゾアクチュエータ変位拡大機構の構造解析, 日本機械学会2002年度年次大会講演論文集(VII), pp.195-196, 2554, 東京、Sept. 24-28, 2002.

古谷寛、福地勲男:超音速フラッタ特性と構造質量を同時に考慮した平板翼の多目的複合領域構造最適化、日本機械学会最適化シンポジウム、京都、225, pp.333-338, Oct.12-13, 2002.

古谷寛、福地勲男:超音速フラッタ特性と構造質量を考慮した平板翼構造の同時最適化のための最適化アルゴリズム、日本機械学会 第15回計算力学講演会、鹿児島、49-50, Nov. 2-4, 2002.

 2001年

Hiroshi FURUYA and Isao FUKUCHI: Characteristics of Supersonic Flutter for Plate Wing with Magnesium Alloys, CD-ROM J. Materials Processing Technology, Special Issue THERMEC'2000 (Processing & Manufacturing of Advanced Materials), pp.1-6, 2001.

Atsuo KOBORI, Satoru OZAWA, and Hiroshi FURUYA: Structural Vibration Suppression in Linear Feedback Control with Adaptive Gyroscopic Damper System, 11 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Nagoya, pp.1-8, Oct.23-26, 2000, Technomic Publishing, pp.150-157, 2000.

Hiroshi FURUYA and Isao FUKUCHI: Evolutionary Structural Optimization of Plate Wing for Supersonic Flutter, AIAA 2001-1631, CD-ROM Proc. 42nd AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Seattle, pp.1-6, April 16-19, 2001.

Yoko MIYAZAKI-KAWASAKI and Hiroshi FURUYA: Static Shape Control of Membrane Structures By Piezoelectric Films Bonded Around Creases, AIAA 2001-1619, CD-ROM Proc. 42nd AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Gossamer Spacecraft Forum, Seattle, pp.1-6, April 16-19, 2000.

Hiroshi FURUYA and Jun LIANG: Structural Optimization of Trusses for Damage, Extended Abstracts of the 4th World Congress of Structural Multidiscipinary Optimization (WCSMO-4), Dalian, pp.83-84, June 4-8, 2001.

Jingui LU, Hiroshi FURUYA and Quanbin HU: Effects of Neural Network Procedures for Improving Genetic Algorithms, Extended Abstracts of the 4th World Congress of Structural Multidiscipinary Optimization (WCSMO-4), Dalian, pp.250-251, June 4-8, 2001.

小澤 悟,古谷 寛:可変慣性モーメントによる外乱無干渉化制御,「情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用」, Vol.42, No.SIG 5 (TOM 4), pp.53-63, May, 2001.

宮崎陽子、古谷 寛:無次元化折り目パラメータを用いた一次元展開膜面構造物の変形特性、第16回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.214-217, Dec.5, 2000.

十亀 昭人、斎藤 潤、古谷 寛:3次元筒状展開構造物の試作と展開実験、日本航空宇宙学会、第17回宇宙ステーション講演会、2A10, pp.47-47、つくば、April 19-20, 2001.

宮崎陽子、古谷 寛:折り目のついた一次元展開膜面の圧電フィルムによる形状制御、日本機械学会第7回「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集、千里、pp.277-278, April 25-27, 2001.

小澤 悟、古谷 寛:線形化法による構造・制御同時設計、日本機械学会第7回「運動と振動の制御」シンポジウム講演論文集、千里、pp.279-282, April 25-27, 2001.

宮崎陽子、古谷 寛:折り目のついた一次元展開膜面の圧電フィルムによる形状制御、2A14, 日本航空宇宙学会 第43回構造強度に関する講演会、名古屋、pp.129-132, Aug.1-3, 2001.

小堀敦夫、古谷 寛:適応型ジャイロシステムによる柔軟梁の振動制御実験、2B12, 日本航空宇宙学会 第43回構造強度に関する講演会、名古屋、pp.185-188, Aug.1-3, 2001.

福地勲男、古谷 寛:平板翼の超音速フラッタ特性と構造質量を同時に考慮した剛性分布最適化、3A8, 日本航空宇宙学会 第43回構造強度に関する講演会、名古屋、pp.233-236, Aug.1-3, 2001.

古谷 寛、仙場淳彦:適応型ジャイロシステムの構造パラメータ同定、日本機械学会 Dynamics and Design Conference 2001、東京、112, abstract集、pp.12-12, CD-ROM Proc. pp.1-6, Aug.6-9, 2001.

Nozomu KOGISO, Saburo MATUNAGA, and Hiroshi FURUYA, Reliability Design of Structures with Magnesium Alloys, 先端マグネシウム合金およびその応用に関する台湾〜日本ワークショップ概要集、大阪、pp.101-104, Sept. 2-4, 2001.

松永三郎, 小木曽 望, 古谷 寛, マグネシウム合金の超小型宇宙システムへの応用 (Application of Magnesium Alloys to Small Space Systems), 先端マグネシウム合金およびその応用に関する台湾〜日本ワークショップ概要集、大阪、pp.105-108, Sept. 2-4, 2001.

Hiroshi FURUYA, Nozomu KOGISO, and Saburo MATUNAGA, Flutter Characteristics of Supersonic Wing with Magnesium Alloys, 先端マグネシウム合金およびその応用に関する台湾〜日本ワークショップ概要集、大阪、pp.109-113, Sept. 2-4, 2001.

 2000年

Akito SOGAME and Hiroshi FURUYA: Conceptual Study on Cylindrical Deployable Space Structures, IUTAM-IASS Symposium on Deployable Structures: Theory and Applications, S. Pellegrino and S.D. Guest (Eds.), Kluwer Academic Publishers, SMIA 80, pp.383-392, 2000.

Hiroshi FURUYA, Jingui LU, and Xuejun LIU: Accelerating Evolutionary Procedure of Genetic Algorithms with Holographic Neural Network for Structural Optimization, CD-ROM Proc. of ISSMO/UBCAS/UB/AIAA 3rd World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO-3), 13-GAM1-3, May 17-21, Buffalo, New York, pp.1-6, 1999, published in June 2000.

Jingui LU, Hiroshi FURUYA, and Zhixin XU: A Feasibility Study on Combining Neural Network and Gradient Methods Based Algorithms for Structural Optimization, CD-ROM Proc. of ISSMO/UBCAS/UB/AIAA 3rd World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO-3), 30-SMD-2, May 17-21, Buffalo, New York, pp.1-6, 1999, published in June 2000.

Hiroshi FURUYA and Atsuo KOBORI: Suppression of Multiple Modes Vibration of Flexible Structures with Adaptive Gyroscopic Damper System, 10 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Paris, Oct.11-13, 1999, Technomic Publishing, pp.127-134, 2000.

Satoru OZAWA and Hiroshi FURUYA: Design and Control for Noninteracting Smart Systems with Stability, 10 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Paris, Oct.11-13, 1999, Technomic Publishing, pp.331-338, 2000.

Hiroshi FURUYA and Yoko KAWASAKI: Effects of Folding Parameters on Surface Accuracy of Deployable Membrane Space Structures, CD-ROM Proc. 41st AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, Inflatable Structures Forum, AIAA-2000-1731, Atlanta, pp.1-7, April, 2000.

Hiroshi FURUYA and Masaya IGARASHI: Topology Optimization for Structures under Uncertain Loads, CD-ROM Proc. 41st AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, AIAA-2000-1787, Atlanta, pp.1-7, April, 2000.

Satoru OZAWA: Simultaneous Design for Variable Structural Systems, 22nd International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), 2000-s-17, Morioka, pp.1-7, May 28-Jun. 4, 2000.

Hiroshi FURUYA and Jun LIANG: Structural Design for Damage Detection, 22nd International Symposium on Space Technology and Science (ISTS), 2000-c-07, Morioka,Vol.1, pp.467-472, May 28-Jun. 4, 2000.

Hiroshi FURUYA, Nozomu KOGISO, Saburo MATUNAGA, and Kei SENDA: Applications of Magnesium Alloys for Aerospace Structure Systems, Magnesium Alloys 2000, Materials Science Forum Vols. 350 - 351 (2000), Proc. of the First Nagaoka International Workshop on Magnesium Platform Science and Engineering 2000, Nagaoka, July 28-29, 2000, Eds. Y. Kojima, T. Aizawa, and S. Kamado, Trans Tech Publications Ltd., pp.341-348, July, 2000.

Hiroshi FURUYA, Jingui Lu, and Pin HU: Empirical Study on Optimization Strategy Combining Neural Network and Gradient-Base Optimization Algorithms, AIAA 2000-4871, CD-ROM Proc. AIAA/NASA/USAF/ISSMO Symposium on Multidisciplinary Analysis and Optimization, Long Beach, CA, pp.1-5, Sept. 6-8, 2000.

Yoko MIYAZAKI(KAWASAKI) and Hiroshi FURUYA: Deploying Behavior with Folding Effects for Membrane Space Structures, 6th Asian Pacific Conference on Shell and Spatial Structures, APCS2000, Seoul, pp.653-660, Oct. 16-18, 2000.

Atsuo KOBORI, Satoru OZAWA, and Hiroshi FURUYA: Structural Vibration Suppression in Linear Feedback Control with Adaptive G yroscopic Damper System, 11 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Nagoya, pp.1-8, Oct.23-26, 2000.

Hiroshi FURUYA and Isao FUKUCHI: Characteristics of Supersonic Flutter for Plate Wing with Magnesium Alloys, Processing & Manufacturing of Advanced Materials; THERMEC2000 "Mg Alloys", Las Vegas, pp.90-90, Dec. 4-8, 2000.

十亀 昭人、古谷 寛:筒状宇宙展開構造物の概念と幾何学特性、日本建築学会計画系論文報告集. No.527, pp.149-154, Jan. 2000.

小堀 敦夫、古谷 寛:適応型ジャイロシステムによる柔軟構造物の振動制御、日本機械学会論文集 66巻649号C編, pp.2996-3001, Sept. 2000.

古谷 寛 :宇宙構造物へのMg合金/複合材料の応用について、第15回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.18-21, Oct. 5-6, 1999.

十亀 昭人、古谷 寛:面材による任意形状の展開構造について、 第15回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.30-33, Oct. 5-6, 1999.

小澤 悟、古谷 寛:双線形状態方程式に対する外乱無干渉化制御、第15回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.64-67, Oct. 5-6, 1999.

梁 軍、古谷 寛:損傷同定に基づく構造物の形態設計、第15回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.68-71, Oct. 5-6, 1999.

古谷 寛、福地勲男:マグネシウム合金を用いた平板翼の超音速フラッタ特性、日本金属学会 2000年春季大会、横浜、S6.2、pp87-87、Mar. 29-31, 2000.

福地勲男,古谷 寛:平板翼における超音速フラッタ特性向上のための構造最適化,日本航空宇宙学会,第42回構造強度に関する講演会,1A3, pp.9-12, July 12-14, 大分,2000.

小堀 敦夫、小澤 悟,古谷 寛:仮想線形入力を用いた適応型ジャイロシステムによる柔軟宇宙構造物の振動制御,日本航空宇宙学会,第42回構造強度に関する講演会,2B6, pp.177-180, July 12-14, 大分,2000.

川崎 陽子、古谷 寛:一次元展開膜面構造物の折り目を考慮した展開形状特性,日本航空宇宙学会,第42回構造強度に関する講演会,2B10, pp.193-196, July 12-14, 大分,2000.

古谷 寛、梁 軍、川崎 陽子:損傷同定を考慮したトラス構造物の構造最適化、日本機械学会、Dynamics and Desgin Conference 2000、東京、Sept. 5-8, 2000.

十亀 昭人、古谷 寛:3次元筒状展開形態(鏡映対称型)の形成条件に関する考察、2000年度大会、日本建築学会大会学術講演梗概集、pp.951-952, 郡山、Sept. 8-10, 2000.

小澤 悟,古谷 寛:可変慣性システムの外乱無干渉化制御,情報処理学会「数理モデル化と問題解決研究会」第31回講演会、情報処理学会研究報告 Vol2000, No.85, 2000-MPS-31-14, pp.53-56, 仙台、Sept. 21-22, 2000.

十亀 昭人、古谷 寛:3次元展開構造物の収納平面形状操作と形態形成に関する研究、日本応用数理学会平成12年度年会 講演予稿集、pp.82-83, 、Oct. 6-8, 2000.

小澤 悟,古谷 寛:可変慣性項を持つシステムの制御と構造の同時設計,日本機械学会、最適化シンポジウム 2000 (OPTIS 2000)講演論文集、pp.7-12, 東京、Oct.6-7, 2000.

福地勲男,古谷 寛:平板翼における超音速フラッタ特性/構造の創発的最適化,日本機械学会、最適化シンポジウム 2000 (OPTIS 2000)講演論文集、pp.145-150, 東京、Oct.6-7, 2000.

十亀 昭人、古谷 寛、斎藤 潤:フィルム材を用いた3次元筒状展開構造物の展開実験、日本航空宇宙学会、第44回宇宙科学技術連合講演会、1E3, pp.58-58、福岡、Oct.15-17, 2000.

古谷 寛、陸 金桂:勾配法とニューラルネットワークのハイブリッド最適化アルゴリズム、日本機械学会、第13回計算力学講演会、pp.295-296, 豊橋, Nov. 28-30, 2000.

 1999年

Shinobu OHTANI and Hiroshi FURUYA: Designing Production Rules for Geometrical Configurations using Genetic Operations, Inverse Problems in Engineering Mechanics, (International Symposium on Inverse Problems in Engineering Mechanics (ISIP98), Nagano, March 24-27, 1998), Eds. M. Tanaka and G.S. Dulikravich, Elsevier Science, pp. 561-569, 1998.

Satoru OZAWA and Hiroshi FURUYA: Modeling of Fuzzy State Space Equations for Controlling Active Structures, 9 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Cambridge, Massachusetts, Oct. 14-16, 1998, Eds. N.W. Hagood IV and M.J. Atalla, Technomic Publishing, pp.326-336, 1999.

Akito SOGAME and Hiroshi FURUYA: Conceptual Study on Cylindrical Deployable Space Structures, IUTAM-IASS: Abstracts of Symposium on Deployable Structures, Cambridge, UK, September 6-9, pp.1-2, 1998.

Hiroshi FURUYA and Jingui LU: Combining Multilayer Neural Network and Genetic Algorithms for Structural Optimization, 40 th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, AIAA-99-1426, St. Louis, April 12-15, pp.1891-1899, 1999.

Hiroshi FURUYA, Jingui LU, and Xuejun LIU: Accelerating Evolutionary Procedure of Genetic Algorithms with Holographic Neural Network for Structural Optimization, 3rd World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO-3), 13-GAM1-3, May 17-21, Amherst, New York, Short Paper Procs., Vol. 1, pp.180-182, 1999.

Jingui LU, Hiroshi FURUYA, and Zhixin XU: A Feasibility Study on Combining Neural Network and Gradient Methods Based Algorithms for Structural Optimization, 3rd World Congress of Structural and Multidisciplinary Optimization (WCSMO-3), 30-SMD-2, May 17-21, Amherst, New York, Short Paper Procs., Vol.2, pp.446-448, 1999.

Hiroshi FURUYA and Jingui LU: Multilayer Neural Network Based Operator for Genetic Algorithms, 14th World Congress of International Federation of Automatic Control, IFAC'99, K-3e-04-5, July 5-9, Beijing, China, pp.27-32, 1999.

Satoru OZAWA and Hiroshi FURUYA: Design and Control for Noninteracting Smart Systems with Stability, 10 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Paris, Oct.11-13, pp.1-9, 1999.

Hiroshi FURUYA and Atsuo KOBORI:Suppression of Multiple Modes Vibration of Flexible Structures with Adaptive Gyroscopic Damper System, 10 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Paris, Oct.11-13, pp.1-9, 1999.

Jingui LU, Hiroshi FURUYA, and Feng SHI: Holographic Neural Network Based Approximation Strategy for Structural Optimization, The First China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM 1), Xi'an, Oct.31 - Nov.4, Xidian University Press, Eds. Y.X. Gu, B.Y. Duan, H. Azegami, and B.M. Kwak, pp.209-216, 1999.

Hiroshi FURUYA and Masaya IGARASHI: Reliability Based Structural Optimization for Uncertain Loads, The First China-Japan-Korea Joint Symposium on Optimization of Structural and Mechanical Systems (CJK-OSM 1) , Xi'an, Oct.31 - Nov.4, Xidian University Press, Eds. Y.X. Gu, B.Y. Duan, H. Azegami, and B.M. Kwak, pp.360-366, 1999.

十亀 昭人、古谷 寛:筒状宇宙展開構造物の展開実験、 第14 回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.225-230, Oct. 29-30, 1998.

小澤 悟、古谷 寛:構造・制御同時最適化のための適応システム設計、第14 回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.171-176, Oct. 29-30, 1998.

五十嵐雅哉、古谷 寛:不確定荷重を受ける構造物の最適形態、第48回理論応用力学講演会、東京、pp.151-152, Jan.25-27, 1999.

古谷 寛、陸 金桂:遺伝的作用素モデルを用いたニューラルネットワークと構造最適化、第48回理論応用力学講演会、東京、pp.115-116, Jan.25-27, 1999.

小澤 悟、古谷 寛:宇宙構造物における構造・制御同時最適化のための適応システム設計、第48回理論応用力学講演会、東京、pp.233-234, Jan.25-27, 1999.

小澤 悟、古谷 寛:外乱信号の同定による適応構造システムのアクティブ振動制御、日本機械学会、第6回「運動と振動制御」シンポジウム(Movic'99)、千葉、pp.175-180, March 16-19,1999.

五十嵐 雅哉、古谷 寛:不確定荷重の統計量を用いた構造物の最適形態、日本機械学会、D&D 10周年記念大会、Dynamics and Desgin Conference '99 [B]、千葉、pp.151-154, March 16-19,1999.

丸田 哲也、古谷 寛:構造形態の評価手法と形状生成に関する研究、日本機械学会、D&D 10周年記念大会、Dynamics and Desgin Conference '99 [B]、千葉、pp.621-624, March 16-19,1999.

小堀 敦夫、古谷 寛:適応型ジャイロシステムによる柔軟構造物の振動制御、日本機械学会、D&D 10周年記念大会、Dynamics and Desgin Conference '99 [B]、千葉、pp.85-88, March 16-19,1999.

古谷 寛、丸田 哲也:感性情報を考慮したGAによるトラス構造形態の生成、日本計算工学会第4回計算工学講演会、E-8-3, pp.465-466, May 26-28, 1999.

古谷 寛、五十嵐 雅哉:不確定荷重を受ける平面構造物の形態最適化、日本航空宇宙学会、構造強度に関する講演会、2A5, 仙台、pp.121-124, July 14-16,1999.

小澤 悟、古谷 寛:無干渉適応システムの構造・制御同時最適化、日本航空宇宙学会、構造強度に関する講演会、2A6, 仙台、pp.125-128, July 14-16,1999.

小堀 敦夫、古谷 寛:適応型ジャイロシステムの慣性項と粘性項を同時に考慮した柔軟宇宙構造物の振動制御、日本航空宇宙学会、構造強度に関する講演会、3A2, 仙台、pp.233-236, July 14-16,1999.

古谷 寛、川崎 陽子:膜面精度を考慮した折り畳みパターンの最適化、日本機械学会 1999年度年次大会 講演論文集(I)、東京、pp.585-586, July 27-29, 1999.

十亀 昭人、古谷 寛:面材による3次元展開形態の系統的分類と幾何特性、1999年度大会(中国)、日本建築学会大会学術講演梗概集、pp.879-880, Sept. 17-19, 1999.

古谷 寛:宇宙構造物へのMg合金材料応用展開の可能性、第43回日本学術会議材料研究連合講演会、京都、pp.127-128, Sept. 30 - Oct. 1, 1999.

古谷 寛、陸 金桂:勾配法モデルによるニューラルネットワークを用いた構造最適化、日本機械学会、第12回計算力学講演会、松山, pp.213-214, 1999年11月24日-26日。

梁 軍、古谷 寛:損傷同定を考慮した構造最適化の概念、日本機械学会、第9回設計工学・システム部門講演会、大阪、pp.477-480, 1999年11月29日-12月1日。

 1998年

Hiroshi FURUYA: Morphological Optimization and Static Shape Control of Space Truss Antennas, International Journal of Intelligent Mechanics: Design and Production, 3(1), pp.52-60, Jan. 1998.

Hiroshi FURUYA, Masanori TAKAHASHI, and Tatsuo OHMACHI: Concept of Adaptive Gyroscopic Damper and Vibration Suppression of Flexible Structures, 8 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Wakayama, Oct. 29-31, 1997, eds. Y. Murotsu, C.A. Rogers, P. Santini, and H. Okubo, Technomic Publishing, pp.247-254, 1998.

Shinobu OHTANI and Hiroshi FURUYA: Designing Production Rules for Geometrical Configurations using Genetic Operations, Abstracts of International Symposium on Inverse Problems in Engineering Mechanics, Nagano, March 24-27, pp.319-322, 1998.

Hiroshi FURUYA, Masanori TAKAHASHI, and Tatsuo OHMACHI: Pseudo Feedback Control of Adaptive Gyroscopic Damper for Vibration Suppression, 39 th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Material Conference, AIAA 98-1796, Long Beach, CA, April 20-23, pp. 830-834, 1998.

Akito SOGAME and Hiroshi FURUYA: Construction with Cylindrical Deployable Space Structures, 6 th ASCE International Conference and Exposition on Engineering Construction, and Operations in Space, SPACE'98, Albuquerque, New Mexico, April 26-30, pp.74-78, 1998.

Jingui LU and Hiroshi FURUYA: Improved Strategy for Structural Approximation Analysis by Multilayer Neural Network, 21st International Symposium on Space Technology and Science, ISTS'98 98-b-20, Omiya, pp.1-6, May 26-29, 1998.

Akito SOGAME, Hiroshi FURUYA, and Jun SAITO: Geometrical Properties of Cylindrical Deployable Space Structures, 21st International Symposium on Space Technology and Science, 98-b-38P, Omiya, pp.1-6, May 26-29, 1998.

Satoru OZAWA and Hiroshi FURUYA: Modeling of Fuzzy State Space Equations for Controlling Active Structures, 9 th International Conference on Adaptive Structures and Technologies, Cambridge, Massachusetts, pp.1-12, Oct. 14-16, 1998.

十亀 昭人、古谷 寛、斎藤 潤:筒状宇宙展開構造物の幾何学特性について、第13回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、pp.117-121, Nov.13-14, 1997.

古谷 寛、五十嵐 雅哉:確率過程を考慮した不確定要因を含む構造物の最適設計, 日本機械学会、第75期通常総会講演論文集[IV]、東京、pp.345-346, 1998年3月31日-4月3日。

陸 金桂、古谷 寛:Multilevel Optimization Strategy for Cantilever Structure of Space Motion Simulator, 日本機械学会、第75期通常総会講演論文集[IV]、東京、pp.353-354, 1998年3月31日-4月3日。

大谷 忍、古谷 寛:GPを用いた形態生成則の設計, 日本機械学会、第75期通常総会講演論文集[IV]、東京、pp.371-372, 1998年3月31日-4月3日。

五十嵐 雅哉、古谷 寛:不確定荷重を受けるトラス構造物の最適設計, 日本計算工学会講演会論文集、東京、pp.635-638, 1998年5月26日-28日。

大谷 忍、古谷 寛:計算論的形態形成と形態の複雑さ, 日本ファジィ学会、第14回ファジィシステムシンポジウム、岐阜、WE6-2、pp.283-286、1998年6月3日-5日。

古谷 寛、陸 金桂:ニューラルネットワークによる遺伝的アルゴリズムのハイブリッド化, 日本機械学会、機械力学・計測制御講演会(Dynamics and Design Conference 1998)論文集[Vol.B]、札幌、pp.497-500、1998年8月17日-20日。

陸 金桂、古谷 寛:Improving Genetic Algorithms with Multilayer Neural Network for Structural Optimization, 日本機械学会、最適化シンポジウム'98 (OPTIS'98)論文集、札幌、pp.123-128、1998年8月27日-28日。

丸田哲也、古谷 寛:視点からの距離を考慮に入れた感性計測(1/fノイズとフラクタル概念を用いた感性評価と形態生成), 日本機械学会、第76期全国大会論文集[4]、仙台、pp.49-50, 1998年10月1日-4日。

十亀 昭人、古谷 寛、斎藤 潤:筒状宇宙展開構造物の収納形態による系統的分類、日本航空宇宙学会、第42回宇宙科学技術連合講演会、東京、pp.44-44, 1998年10月28日-30日.

小澤 悟、古谷 寛:適応構造システムのファジィー状態方程式によるモデル化、日本航空宇宙学会、第42回宇宙科学技術連合講演会、東京、pp.154-154, 1998年10月28日-30日.

五十嵐 雅哉、古谷 寛:不確定荷重を受ける構造物の最適設計、日本機械学会、第8回設計工学・システム部門講演会、東京、pp.58-61, 1998年11月9日-11日。

五十嵐 雅哉、古谷 寛:スペクトル分解を用いた不確定荷重を受ける構造物の最適化, 日本機械学会、第11回計算力学講演会、大阪、pp.9-10, 1998年11月18日-20日。

大谷 忍、古谷 寛:環境を考慮した形態形成則の設計, 日本機械学会、第11回計算力学講演会、大阪、pp.41-42, 1998年11月18日-20日。

 1997年

Kenichi KAWAGUCHI, Yasuhiko HANGAI, Sergio PELLEGRINO, and Hiroshi FURUYA: Shape and Stress Control Analysis of Prestressed Truss Structures; J. of Reinforced Plastics and Composites, 15, [12], 1226-1236 (1996)

Hiroshi FURUYA: Simultaneous Optimization for Topology and Actuator Locations on Truss Structures; Computer Aided Optimum Design of Structures V, (Eds., S. Hernandez and C.A. Brebbia), Comp. Mechanics Pub., 437-446 (1997)

Hiroshi FURUYA, Masanori TAKAHASHI, Tatsuo OHMACHI: Concept of Adaptive Gyroscopic Damper and Vibration Suppression of Flexible Structures, 8th Int. Conf. on Adaptive Structures and Technologies, Wakayama, Oct. 29-31, 1-8 (1997)

高橋成典、古谷 寛:適応型ジャイロダンパーの制振特性、第12回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、宇宙科学研究所、53-56, (1996)

古谷 寛、Raphael T. HAFTKA:最適化手法を用いたトラス構造物のリアルタイム損傷同定、日本機会学会、第10回計算力学講演会、東京、503-504 (1997)

大谷 忍、古谷 寛:ルール表現を用いた形態生成法の提案、日本応用数理学会1997年度年会、名古屋、306-307 (1997)

十亀 昭人、古谷 寛、斎藤 潤:筒状宇宙展開構造物の概念、日本航空宇宙学会、第41回宇宙科学技術連合講演会、札幌、107-107 (1997)

大谷 忍、古谷 寛:ルールマトリックスを用いた形態生成法の提案、第40回自動制御連合講演会、金沢、431-432 (1997)

 1996年

Hiroshi FURUYA and Raphael T. HAFTKA: Combining Genetic and Deterministic Algorithms for Locating Actuators on Space Structures; Journal of Spacecraft and Rockets, AIAA-95-1400, May-June, 33, [3], 422-427 (1996)

Hiroshi FURUYA: Shape Control of Damaged Space Truss Structures using Genetic Algorithms; 37th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Materials Conf., AIAA/ASME Adaptive Structures Forum, Salt Lake City, UT, AIAA 96-1284, Apr. 15-19, 1-7 (1996)

Hiroshi FURUYA: Damage Detection and Static Shape Control of Adaptive Structures; 19th Int. Congress of Theoretical and Applied Mechanics, IUTAM, KS9-04, Kyoto, Aug. 25-31, 684-684 (1996)

古谷 寛:宇宙構造物の形態と制御アクチュエータ配置の同時最適化; 第11回宇宙構造・材料シンポジウム、相模原、30-33 (1995)

古谷 寛:適応構造物の形状制御と最適形態; 第45回応用力学連合講演会、東京、379-380 (1996)

古谷 寛:GAによる構造物の形状制御における損傷同定の影響評価; 日本機会学会、第9回計算力学講演会、福岡、9-10 (1996)

 1995年

Hiroshi FURUYA and Kenichi HIGASHIYAMA: Dynamics of Closed Linked Variable Geometry Truss Manipulators, Acta Astronautica, Pergamon, Elsevier Science. 36(5), 251-259 (1995)

Hiroshi FURUYA and Raphael T. HAFTKA: Placing Actuators on Space Structures by Genetic Algorithms and Effectiveness Indices, Structural Optimization, Springer-Verlag, (9), 69-75 (1995)

Hiroshi FURUYA and Raphael T. HAFTKA: Static Shape Control of Space Trusses with Partial Measurements, Journal of Spacecraft and Rockets, 32(5), 856-865 (1995)

Kenichi KAWAGUCHI, Sergio PELLEGRINO, Hiroshi FURUYA and Yasuhiko HANGAI: Shape and Stress Control Analysis of Prestressed Truss Structures, Proc. 5th Int. Conf. on Adaptive Structures, Dec. 5-7, 1994, (J. Tani, E.J. Breitbach, B.K. Wada, M. Uchiyama and S. Chonan, Eds.), Technomic Publishing, Lancaster, 184-193 (1995)

Hiroshi FURUYA: Simultaneous Design for Configurations and Actuator Locations on Space Truss Structures, Proc. 36th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Materials Conf., AIAA/ASME Adaptive Structures Forum, AIAA-95-1136, New Orleans, LA, April 10-13, 3500-3505 (1995)

Hiroshi FURUYA and Raphael T. HAFTKA: Combining Genetic and Deterministic Algorithms for Locating Actuators on Space Structures, Proc. 36th AIAA/ASME/ASCE/AHS/ASC Structures, Structural Dynamics and Materials Conf., AIAA/ASME Adaptive Structures Forum, AIAA-95-1400, New Orleans, LA, April 10-13, 2010-2017 (1995)

Hiroshi FURUYA: Morphological Optimization on Structural Accuracy of Space Antennas, Proc. the 2nd China-JAPAN Symp. on Optimization of Structural and Mechanical Systems, Dalian University of Technology Press, Beijing, Oct. 29-Nov.2, 61-66 (1995)

古谷 寛: SA法を用いたハイブリッドGAのアクチュエータ配置問題への適用、第44回応用力学連合講演会、東京、Jan.30-Feb.1, 241-242 (1995)

古谷 寛、Raphael T.HAFTKA: GAのハイブリッド化と計算効率、日本応用数理学会 平成7年度年会 論文集、岡山、Sept.19-21, 304-305 (1995)

古谷 寛: 適応構造トラスの制御系/形態の同時最適化の試み、日本機会学会 Dynamics and Design Conference 1995 論文集、八王子、 Aug.21-24, [A] 190-193 (1995)

古谷 寛、Raphael T.HAFTKA: 確定的探査法を用いたハイブリッドGAによる最適設計、日本機会学会 第8回計算力学講演会 論文集、長野、Nov.15-17, 183-184 (1995)

 1994年以前の論文につきましては本HPには掲載しておりませんので,別途検索願います.